ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」最新記事一覧

エムエスシーソフトウェア Adams:
骨折部の創外固定器の設計開発に機構解析ソフトウェアを採用
エムエスシーソフトウェアは、静岡理工科大学理工学部の手外科微小外科領域先端医工学講座で、機構解析ソフトウェア「Adams」が活用されていることを発表した。(2016/5/30)

造船重機5社、住重除き最終減益 売上高は4社最高更新
造船重機大手5社の2016年3月期連結決算が10日、出そろった。(2016/5/11)

特選ブックレットガイド:
風洞実験を有効活用するための基礎知識
東北大学 流体科学研究所(IFS)に、風洞の基本や利用時に見落としがちなことなどについてお話を伺いました。(2016/5/9)

特選ブックレットガイド:
金型を使った量産設計の基礎のキソ
金型設計屋2代目の筆者がじっくり丁寧に教えます。(2016/5/6)

ヴァイナス V-HPC Network:
FOCUSと外部データセンター間の専用回線/クラウドストレージを受注
ヴァイナスは、FOCUSと外部データセンターを結ぶための専用回線とクラウドストレージを提供。パブリッククラウドコンピュータの普及に伴う計算機需要の増加に対応するため計算能力の向上を図る。(2016/4/21)

特選ブックレットガイド:
日産「エクストレイル ハイブリッド」の開発で活用された成形シミュレーション
日産自動車は、フローフォーミングで成形されたハイブリッド車のローターシャフトに対し、成形シミュレーションを活用して開発の効率化を図った。(2016/4/6)

勝ち抜くための組織づくりと製品アーキテクチャ(14):
鳥取の事例にみる、地方製造業“再生”の可能性
本連載の最終回となる今回は、筆者が鳥取県で行ってきた、雇用創造プロジェクトの支援活動を通じて見えてきたことを紹介したい。素直に考えれば、雇用を創出するには、事業創出/事業拡大が必須になる。だが少ない人口、少ない資金に悩む地方圏の企業には、立ちはだかる壁が幾つもあるのだ。(2016/3/22)

Altair HyperWorks:
最適化や非線形ソルバーの各種機能を強化したCAEプラットフォーム
Altairは、CAEプラットフォームの新製品「HyperWorks 14.0」を発表。最適化や非線形ソルバーの各種機能の強化や新機能追加などを行った。(2016/3/17)

特選ブックレットガイド:
国産旅客機「MRJ」の実現を支える多目的設計探査とは?
最先端シミュレーション技術が活用される航空機設計。(2016/3/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
国産初ジェット「MRJ」を購入したのは、どんな人物なのか
国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」に、フォローの風が吹いている。米リース会社のエアロリースから最大20機の受注が決まったことで、関係者はほっとしたはず。ところで「エアロリース」社とは、一体どのような会社なのか。筆者の山田氏が調べてみると……。(2016/3/3)

R25スマホ情報局:
2015年“最も人気だった動画”5選
数々の動画がスマッシュヒットした2015年。YouTube、Vine、ニコニコ動画などの5つの動画サイトで2015年に最も人気のあった動画をそれぞれ紹介します。(2015/12/21)

FAメルマガ 編集後記:
6割を独占するインダストリー4.0
今年はすごかった!(2015/12/18)

半世紀ぶりの国産旅客機「MRJ」初飛行、YouTubeで動画公開 Ustライブ映像の録画配信も
国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の初飛行動画を、三菱航空機がYouTubeで公開した。離着陸の中継動画もUstreamで見られる。(2015/11/12)

電子ブックレット(メカ設計):
国産小型旅客機 MRJの先進的なCAE活用事例
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「MRJはいかにして設計されたのか」をお届けします。(2015/9/2)

製造マネジメントニュース:
MRJ初号機納入まで残り2年、正念場に向け開発体制を強化
三菱航空機は米国ワシントン州シアトルに「シアトル・エンジニアリング・センター(SEC)」を開設した。航空機産業が集積するシアトルに開発拠点を設けることで、国産旅客機「MRJ」の開発を加速させる。(2015/8/5)

再生請負人が見る製造業(8):
日本の製造業が共通して抱える課題と生きる道
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説してきた本連載も今回で最終回を迎える。そこで今回は、これまで紹介してきた各業界の課題を振り返るとともに、日系製造業はどのようにして生き残るべきかという指針について解説する。(2015/6/9)

国産ジェット「MRJ」、地上走行試験スタート
国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行を前に、地上で走行(タキシング)試験をスタートした。(2015/6/8)

「INTERMOLD 2015」特別セミナーリポート:
民間航空機産業へ参入するために考えるべきこと
INTERMOLD 2015で、川崎重工業 社友 榊氏が日本の民間航空機産業に関する市場分析や、参入するためのアドバイスについて語った。中小企業にとってはモジュールを納入できるような体制を作ること、川下企業にとっては組み立て自動化によるコストダウンなどがポイントになるという。(2015/5/20)

半世紀ぶりの国産旅客機の実現へ:
初飛行を延期するMRJ、生産体制は大丈夫か
三菱重工業とMRJの設計開発を担う三菱航空機は開発状況について説明を行い、初飛行を2015年9〜10月ごろに延期すると発表した。ただ、初号機の納入時期は変更せずに維持した。“納期維持”を実現する量産体制はどのように構築するのか。(2015/4/24)

製造マネジメントニュース:
三菱航空機の社長に三菱重工執行役員の森本氏が就任、若返り図る
三菱航空機は、2015年4月1日付の役員人事を発表。会長兼CEOの江川豪雄と社長兼COOの川井昭陽氏が退任し、新社長に三菱重工業の執行役員で交通・輸送ドメイン副ドメイン長の森本浩通氏が就任する。(2015/3/11)

再生請負人が見る製造業(6):
日系航空機メーカーは、主戦場のアジアで勝ち残れるか?
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説する本連載。今回はMRJをはじめとしたブームに沸く航空機業界について解説する。(2015/2/10)

製造マネジメントニュース:
JALがMRJ32機を正式契約――初号機は2021年引き渡し
日本航空(JAL)と三菱航空機は、三菱リージョナルジェット(MRJ)32機の購入について正式契約を締結した。(2015/1/28)

メカ設計ニュース:
初飛行近づくMRJ、初号機の右舷エンジン試運転開始
三菱航空機が開発する小型ジェット旅客機MRJの各種試験が本格的に開始された。エンジンの初運転や主翼の上曲げ試験などを順調に進めているという。(2015/1/16)

「メカ設計」年間ランキング 2014:
3Dプリンタ、3Dプリンタ、3Dプリンタ! みんなのメカ設計――2014年記事ランキング
今回はMONOist メカ設計フォーラムでよく読まれた記事を披露しつつ、そこに垣間見える業界の状況や編集裏話などを紹介します。結果は、「やっぱりね」という感じでした。(2014/12/26)

甚さんの「サクッと! 設計審査ドリル」(3):
MRJにも使われているジュラルミンだが、鋼材に匹敵する強度だと?
通勤通学中にも取り組める、各企業における設計審査の定型質問に基づいた問題集。今回は、問題3を解説しながら、設計審査で使える資料を紹介します。(2014/12/5)

甚さんの「サクッと! 設計審査ドリル」(2):
応力低減の合言葉「イカの頭を切れ!」
通勤通学中にも取り組める、各企業における設計審査の定型質問に基づいた問題集。今回も耐震補強材の「股裂き」対策ですが、ちょっぴりやっかいな問題です。(2014/11/21)

CAEニュース:
MRJ完成式典「メイドインジャパンの旅客機、夢から現実へ」
国産リージョナルジェット機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」の完成式典が行われた。2017年の就航に向けた区切りの一歩となる。(2014/10/21)

CAE最前線―MRJ事例に見る航空機設計でのシミュレーション活用:
MRJはいかにして設計されたのか
三菱航空機の小型旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」の機体設計には、多目的最適化手法や、最適化の結果を可視化するデータマイニング手法が採用されている。MRJの事例を中心に、航空機設計におけるコンピュータ・シミュレーションの活用手法を探る。(2014/7/7)

工場ニュース:
「MRJ」の生産拠点として、名古屋空港隣接地を三菱重工が取得
愛知県は、県営名古屋空港隣接県有地の事業予定者として三菱重工を選定し、売却に向けた手続きを実施することを決めた。同用地では、約50年ぶりに日本で開発される航空機である「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の量産を行う予定だという。(2014/5/12)

モノづくり最前線レポート(40):
中国は航空機サプライチェーンの「勝ち組」になるのか
アリックスパートナーズは、航空機関連市場に関する調査結果を発表した。同調査結果では、MRJや炭素繊維素材の利用拡大などで日本企業の存在感拡大はあるものの、航空機のサプライチェーンにとって、今後は中国が存在感を高めるという見通しを示している。(2013/10/16)

ニッポンの「お・も・て・な・し」発動:
作っている“手”にまで部品を届けます――航空業界で実現する究極の物流の姿
モノを作るには、まずモノを運ばなければならない。その「運ぶ」を支えるのが物流企業だ。東京国際航空宇宙産業展2013で出展された注目のロジスティクスソリューションについて紹介する。(2013/10/4)

PLMニュース:
川崎重工、航空機の設計情報を管理するシステムが本稼働――100万点の部品を管理
川崎重工が富士通と共同開発を進めてきた、航空機の「次世代設計部品表統合システム」が完成し、本稼働を開始した。(2013/8/23)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
夢の国産旅客機が世界の空を舞う
MRJ(三菱リージョナルジェット)の離陸が間近に迫っている。予定している初飛行は、2013年の第3四半期。多くのファンが待ち望んだ国産旅客機の実用化に向け、これからの半年間はまさに正念場だ。(2013/7/19)

モノづくり最前線レポート(35):
飛行機を作るには何が必要? なぜクラウドなのか
国内外の設計開発者が参加する大規模なモノづくりの難しさは何か。広く散らばる関係者が同一の設計データを共有することがまず難しい。3次元CADのデータは容量が大きく、インターネット経由のアクセスではリアルタイム性に欠ける。航空機を製造する三菱重工業が選んだのはクラウド+シンクライアントという解だった。(2013/3/14)

導入事例:
国産ジェット旅客機の開発にクラウド活用
三菱重工業が開発する国産初のジェット旅客機「MRJ」の製造や組み立てに、富士通の「エンジニアリングクラウド」が採用された。(2013/3/13)

この町工場が元気な理由:
コマ作ってるだけじゃないんです! 由紀精密が元気な理由
元気な中小企業には元気な理由がもちろんある。CI、新規業界への参入、町工場でもできるITカイゼンなどで、いまの元気な由紀精密を作った1人にみっちりとお話を聞いた。(2012/5/18)

PLMニュース:
国産リージョナルジェット「MRJ」がPTC製品を採用
約50年ぶりの国産リージョナルジェット機として期待されるMRJのカスタマーサービスにPTC製品が採用された。100を超える機体の管理を担う。(2012/2/7)

NEWS:
国産リージョナルジェット「MRJ」がPTC製品を採用
約50年ぶりの国産リージョナルジェット機として期待されるMRJのカスタマーサービス部門にPTC製品が採用された。100を超える機体の管理を担う。(2012/2/7)

ベクトルマシンの“次”を垣間みた:
震災を乗り越えた東北大のスパコンが目指す未来
東北大学が運用するスーパーコンピュータは、3月11日の東日本大震災に耐え、現在では震災前と同じように研究開発分野で活躍している。震災時の状況やスパコンの将来像などを東北大学に取材した。(2011/10/28)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
芳しくない経済指標の発表を受けて大幅下落
(2009/10/29)

岡村勝弘のフレームワークでケーススタディ:
フレームワークを超えたHonda Jet――新規事業参入の分析法「トラフィック・ライト」
新規事業選択の審査基準のフレームワークである「トラフィック・ライト」。4つのポイントから参入が成功するかどうかを分析するのだが、時にはそのフレームワークを超えてしまう企業もある。それがホンダの航空機事業、Honda Jetの開発だ。(2009/2/20)

神尾寿の時事日想:
ANAが国産小型ジェット機「MRJ」を導入する理由
三菱重工業が開発中の国産初のジェット旅客機「MRJ」を、全日本空輸が25機発注すると発表、ローンチカスタマーとなった。ボーイング787の時もローンチカスタマーとなり開発計画に参画していたANA。なぜ同社はこれほど、新型機導入に熱心なのだろうか?(2008/3/28)

JavaTips 〜Javaプログラミング編:
VMが脆弱性のあるバージョンかチェックするには?
(2007/3/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。