ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スペイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スペイン」に関する情報が集まったページです。

「大門先生と冴島さん」「可愛いが渋滞してる」 比嘉愛美、米倉涼子とのスペイン旅行を明かす
海外でも映える美女オーラ。(2018/8/13)

「ウノ」の兄弟カードゲーム「DOS(ドス)」登場 残り2枚で「ドス!」と叫ぶ
DOSはスペイン語で「2」の意味。(2018/7/24)

欧州の一部のWikipedia、EUの著作権新指令抗議で検索結果の代わりに声明文表示
欧州連合(EU)がスニペット表示に著作権料を課す条項を含む新指令案の投票を7月5日に実施する。イタリア、スペイン、ポーランドなど欧州の一部のWikipediaはこれに抗議するため、3日と4日の2日間、検索結果の代わりに抗議文を表示している。(2018/7/5)

おおお、これはかなりカッコイイ! 日産が商用バンをオシャレに大変身 「e-NV200 Camper」をスペインで発表
どこか懐かしいツートンカラーがステキ。日本でも販売する?(2018/6/7)

空港警備に使える?:
歩行パターンから本人認証、次世代の生体認証技術
英国マンチェスター大学の電気電子工学科大学院は、スペインマドリード大学と共同で、行動バイオメトリクス認証システムを開発した。このシステムは、床に置かれた圧力パッドの上を歩いている人の歩き方や歩行パターンを測定し、足跡を分析することで、その人物を簡単に照合できるというものである。(2018/6/1)

三木谷社長「アジアNo.1目指す」:
「日本サッカーの発展に力を貸したい」――イニエスタがJ1神戸入団会見
サッカー・J1リーグのヴィッセル神戸が、スペイン代表MFイニエスタを完全移籍で獲得。イニエスタは入団会見で「日本サッカーの発展に力を貸す」と決意を表明した。三木谷浩史オーナーも「アジアナンバーワンを目指す」と語った。(2018/5/24)

年俸32億円:
イニエスタが日本に ヴィッセル神戸、獲得を正式発表
ヴィッセル神戸が、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを完全移籍で獲得。3年契約で年俸は約2500万ユーロ(約32億2500万円)とみられる。同選手と三木谷浩史オーナーが会見で経緯と抱負を語った。(2018/5/24)

MWC 2018:
LPWAの展示が盛況、競争激化の兆しも
スペインで開催された「MWC 2018」では、セルラーネットワークを利用するIoT(モノのインターネット)向けのLPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク技術の展示が相次いだ。(2018/3/12)

MWC 2018:
TDK+Chirp、VR/AR分野で相乗効果の発揮を狙う
TDKが買収を発表したChirp Microsystemsは、スペイン・バルセロナで開催した「MWC(Mobile World Congress) 2018」に出展し、超音波センサーを展示した。両社にはどんな相乗効果があるのか。CEO(最高経営責任者)に聞いた。【訂正】(2018/3/6)

プレジデント Joe Chen氏インタビュー:
MediaTek、ASICビジネスへの回帰を表明
MediaTekのプレジデントであるJoe Chen氏は、スペインバルセロナで2月26日〜3月1日の日程で開催されている世界最大級のモバイル関連イベント「Mobile World Congress 2018」において、ASICビジネスで成長を図っていく考えを示した。(2018/3/1)

Mobile Weekly Top10:
「新しいXperia」の予告/世界最小LTEスマホ、日本上陸
今回のランキングは、上位5記事が非常に良い勝負を繰り広げました。その中でトップに立ったのは、スペイン・バルセロナで開催されたXperiaに関する発表会を予告する記事でした。(2018/2/28)

Mobile World Congress 2018:
“デュアルカメラ”のXperiaが今後登場?――ソニーモバイル発表会
ソニーモバイルコミュニケーションズが、スペイン・バルセロナで「Xperia」の新製品発表会を開催した。この会において、同社がスマートフォン用「二眼カメラ技術」の開発を進めていることが明らかとなった。(2018/2/27)

オンキヨー、4Kディスプレイとスピーカー4基を備えた“GRANBEAT”タブレットPC 「MWC 2018」に参考出展
オンキヨーは、スペインで開催される「MWC 2018」に4Kコンテンツ対応タブレットPC「“GRANBEAT” Hi-Res Tablet」を参考出展する。(2018/2/26)

Mobile World Congress 2018:
“予想外”な場所にWebカメラ――タッチ対応薄型クラムシェルノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」登場
Huaweiがスペイン・バルセロナで薄型クラムシェルノートPCの新モデルを発表。画面占有率91%の超狭額縁ボディーにsRGB色域を100%カバーするタッチ操作対応の13.9型3K液晶を搭載し、重さは1.33kgだ。(2018/2/26)

AI活用でSNSやブログから“市民の声”を抽出――NTTデータとSocial Coin、地域理解ソリューションの開発で協業
NTTデータとスペインのスタートアップ企業Social Coinは、AIを活用した「地域理解ソリューション」を共同開発する。ソーシャルメディアやブログなどから得た“市民の声”をAIで解析し、地域やコミュニティーに潜在する意識やニーズを抽出し、社会課題や地域課題の解決につなげる。(2018/2/26)

Mobile World Congress 2018:
ASUS、2月28日にカメラ機能重視の新しい「ZenFone 5」発表か
スペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2018」に合わせて、ASUSが「ZenFone」の新機種を発表する。「ZenFone 5」を始めとする複数機種が登場しそうだ。(2018/2/13)

「Galaxy S9」(仮)の発表は2月25日、バルセロナで
Samsung Electronicsが、Galaxyシリーズの次期フラグシップ端末を2018 MWC開催に合わせ、2月25日にバルセロナで発表する。告知GIFには「9」「Camera」の文字がある。(2018/1/25)

東陽テクニカ AS923認証試験サービス:
日本を含むアジア圏10カ国に向けた「LoRa」認証試験サービスを開始
東陽テクニカがスペイン企業と運営する認証ラボが、「LoRaWAN V1.0.2 for AS923MHz ISM Band」の提供を開始した。(2017/9/21)

VMworld Europe 2017で発表:
VMware Cloud on AWSだけじゃない、VMwareがHCXなどで複数クラウドとの関係強化
VMwareは2017年09月12日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催したVMworld Europe 2017で、I「VMware HCX technologies」など、IBM Cloudをはじめとするクラウド事業者との関係を強化する複数の発表を行った。(2017/9/13)

スペイン・バルセロナの車両突入テロ 外務省が日本人向けの注意喚起ページを公開
バルセロナ市の発表によると、死傷者は110人以上に及んでいます。(2017/8/18)

白髪治療薬の実現への一歩? 新薬治験でがん患者の白髪が黒や茶色に
スペインで肺がん患者を対象とした新しい免疫治療薬の治験中に。(2017/7/25)

「FCバルセロナ」公式楽天カード登場 メインスポンサー契約で
楽天は7月1日付でFCバルセロナのメインスポンサーに。チーム公式の「楽天カード」を秋から発行する。(2017/7/13)

材料技術:
スペインのプレス部品大手が日本に開発・生産拠点、ホットスタンプの採用拡大狙う
スペインのプレス部品メーカーであるGestamp Automocion(ゲスタンプ)は東京都内にR&Dセンターを開設した。日系自動車メーカーでホットスタンプ材の需要が高まることに対応して、シミュレーションで車両の衝突安全性能やホットスタンプ工程を検討する設備を備えている。(2017/6/15)

Ford Motor、寝かしつけドライブを再現するベビーベッド
Ford Motorのスペインのデザイナーが、赤ちゃんの寝かしつけドライブを再現できるベビーベッドを開発した。モーター、LED、スピーカー内蔵で車の振動、車窓からの光、エンジン音をシミュレートする。(2017/4/9)

「4YFN」登壇のベンチャー起業家に学ぶ:
「グローバルファースト」で世界に売り込む方法
世界に対して自らのビジネスを売り込むためにはどうすればいいか。ITジャーナリスト占部雅一が、スペインで開催されたベンチャー企業イベントに登壇したある日本人起業家の軌跡をたどりながら、その方法を探る。(2017/3/23)

MWC 2017ではSDNやNFVに注目:
5Gでビジネスモデルの転換を図る通信事業者
スペイン・バルセロナで開催中の「MWC 2017」では、スマートフォンなどの端末から、SDN(ソフトウェア定義ネットワーク)やNFV(ネットワーク仮想化)に話題の中心が移りそうだ。背景には、通信事業者がビジネスモデルの見直しを進めているという現状がある。(2017/2/28)

間もなく開催:
MWC 2017、IntelとQualcommが4G/5G技術で火花
スペイン・バルセロナで間もなく始まる「Mobile World Congress(MWC) 2017」では、5G(第5世代移動通信)向け技術はもちろんのこと、LTE向け製品でも成熟したものが登場しそうだ。中でも5G向けモデムをいち早く発表したQualcommとIntelの展示は注目に値するだろう。(2017/2/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
スペインで、柴崎岳に何があったのか
CDテネリフェの医療チームから「不安障害」の可能性を指摘されたMFの柴崎岳が、復帰する見通しとなった。「柴崎はスペインリーグに強い興味をもっていた」と言われていたのに、なぜ体調を崩したのか。(2017/2/24)

Huaweiが日本で「nova」を展開する理由/MWCで発表の「P10」はどんな機種?
ファーウェイ・ジャパンが日本で「nova」シリーズを展開する。同シリーズには「これまでのラインアップで足りなかった部分を補う」という狙いがある。26日にバルセロナで発表される新機種は?(2017/2/22)

「5G」「AI」を中心に7つの展示――ドコモ、MWC 2017に出展
スペイン・バルセロナで2月27日から3月2日まで(現地時間)行われる「Mobile World Congress 2017」にNTTドコモが出展する。2020年の商用化を目指している「第5世代移動通信方式(5G)」や、人工知能(AI)を使った交通・農業に関する取り組みなど7つの展示物を世界のモバイル通信産業関係者に披露する。(2017/2/8)

タイムアウト東京のオススメ:
スペイン発のチョコレートに舌鼓を打つ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/2/7)

Samsung、2月26日にType-Cポート付きの何かを発表
Samsung Mobileが、スペインのバルセロナで、MWCに合わせてGalaxy関連の何かを発表するとツイートした。ヒントはType-Cポートのついた端末の底面画像のみだ。(2017/2/1)

組み込み開発ニュース:
スペイン企業との提携により、要求品質を高めるソフトウェアを提供
SOLIZE Engineeringは、スペインのThe REUSE Company(TRC)と戦略的提携をし、TRCのソフトウェア「RQS」とその関連サービスの提供を開始した。RQSは、システム開発で重要となる要求記述の品質を高めるソフトウェアツール群だ。(2017/2/1)

ホワイトハウスのスペイン語サイトが閲覧不可に トランプ政権が削除? → アップデート中と発表
「トランプ政権が閉鎖した?」と話題になりました。(2017/1/26)

ダッソー・システムズ:
流体解析ソフトウェア「XFlow」の開発元を買収
仏ダッソー・システムズは、流体解析ソフトウェア「XFlow」を開発するスペインのNext Limit Dynamicsを買収したことを発表した。(2017/1/26)

電気自動車:
電気自動車初、9000kmのダカールラリー完走
スペインACCIONAは、自社開発した4輪駆動の電気自動車「ACCIONA 100% Ecopowered」が、2017年1月に開催されたダカールラリーにおいて完走したと発表した。電気自動車として初の快挙である。厳しい走行環境にも電気自動車が対応できることから、パリ協定実現にも役立つことを示した形だ。(2017/1/20)

CAEニュース:
流体解析シミュレーションの強化に向けた買収を発表
仏ダッソー・システムズは、流体解析ソフトウェア「XFlow」の開発元であるスペインのNext Limit Dynamicsを買収した。同買収により、3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上の流体解析シミュレーションを強化する。(2017/1/5)

FAニュース:
3次元ビジョンメーカー2社を買収し、部門を強化
米国コグネックスは、3次元ビジョンメーカーのドイツEnShapeおよびスペインAQSenseの2社を買収した。両社のエンジニアリングチームを取り込むことで、3次元ビジョン部門の強化を図る。(2016/11/30)

特集:成熟するOpenStack、企業における利用の現場(2):
NTTドコモにおける、OpenStackプライベートクラウドの価値を高める取り組みとは
NTTドコモでOpenStackによるプライベートクラウドを推進している人々が、2016年10月にスペインで開催されたOpenStack Summit Barcelona 2016で、自らの活動について語った。OpenStackを運用するというだけでなく、ユーザーにとっての価値を高める取り組みを進めている。(2016/11/21)

楽天、FCバルセロナのスポンサーに ユニフォーム胸に楽天ロゴ 「Viber」やAI技術も活用へ
楽天がFCバルセロナのメインスポンサーに。ユニフォームの胸には楽天のロゴが入る予定だ。「Viber」やAIなどの技術を生かして協業する。(2016/11/17)

OpenStack Summit Barcelona 2016:
OpenStack導入企業の80%は非テクノロジー企業、スペイン最大の商業銀行も採用
スペイン・バルセロナで開催されているOpenStackのイベント「OpenStack Summit Barcelona 2016」。初日の基調講演では、OpenStackの利用が一般企業の間で大きく広がってきており、導入の80%がテクノロジー企業以外であるとの調査結果が示された。(2016/10/26)

実写版「アサシン クリード」の日本での劇場公開日が決定! ゲームと同じ世界観・設定で描かれる物語
舞台はルネサンス期のスペイン!(2016/10/24)

「君の名は。」続く快挙! スペイン・シッチェス映画祭で最優秀長編作品部門を受賞
新海誠監督による受賞コメントも。(2016/10/16)

負けると血を抜かれ献血に貢献 恐怖のゲームデバイス「Blood Sport」、スペインのゲームイベントに出展
献血用のプロジェクトとして、クラウドファンディングで資金を募っていましたが、一時停止されていました。(2016/10/5)

東陽テクニカ TACS4:
無線デバイスの認証情報を集約したデータベース
東陽テクニカは2016年9月、AT4 wirelessが提供する国際型式認証サービスの関連ソリューションとして、スペインのAT4 wirelessが提供する型式認証WEBデータベース「TACS4」のライセンス販売を開始した。無線通信デバイスに関する電波法規と関連情報を集約しているという。(2016/9/21)

電力自由化、先行国はこう動いた(2):
規制価格と市場価格、スペインはダブルスタンダードが残る
2016年4月の電力小売全面自由化により日本の電力市場は大きく変容を遂げようとしている。ただ世界には多くの電力自由化先行国が存在する。先行した国々ではどういう変化が起こったのか。こうした変化を紹介するとともに日本のエネルギー産業における将来像を探る。第2回は、スペインの電力自由化後の動向を紹介する。(2016/8/29)

体内のろっ骨を外へ! スペインイモリの防衛能力にTwitter民が衝撃受ける 「サンタナ」「君麻呂」の指摘も
襲われるとろっ骨を皮膚から突き破らせるイモリの一種・スペインイモリが話題に。天王寺動物園の担当者に、その謎の生態について詳細を取材しました。(2016/7/13)

和泉元彌主演「さつまおごじょ」、マドリード国際映画祭で最優秀作品賞
外国映画の短編部門でした。(2016/7/11)

ワインといえば赤と白、そして青!? スペインのクリエイター集団が作った青いワイン発売
どんな味なの……?(2016/6/25)

世界初の子ども用外骨格をスペインの研究機関が開発 脊髄性筋萎縮症患者の歩行をサポート
難病に苦しむ子どもたちのために。(2016/6/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。