ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「批判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「批判」に関する情報が集まったページです。

社長名義で声明文発表:
新潮社、「新潮45」10月号の企画に「認識不足に満ちた表現あった」と認める
新潮社が月刊誌「新潮45」10月号に掲載された企画「そんなにおかしいか 『杉田水脈』論文」が各方面から批判されたことを踏まえ、声明文を発表。「認識不足に満ちた表現が見受けられました」とした。(2018/9/21)

「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」 『新潮45』批判する投稿を新潮社のTwitterアカウントがRT
Twitterの中の人を応援する声が寄せられています。(2018/9/19)

社内で直接議論しない理由は?:
「新潮45」の論調にSNS上で内部から批判 新潮社は「社員の言論統制しない」と明言
杉田水脈衆議院議員を擁護する「新潮45」の論調に対し、社内から疑問の声が出ているようだ。同誌10月号の発売後、Twitter上で文芸書編集部などが同誌への批判的な投稿を相次いでリツイートしている。こうした状況をどうみているのか、新潮社に聞いた。(2018/9/19)

「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
一部で批判的な声があがっていました。(2018/9/15)

キリスト新聞社が「聖書ラノベ新人賞」開催 「キリスト教を批判してもいいの?」「大丈夫だ、問題ない」
イーノックかて。(2018/9/12)

Tesla、自動車部門統括職を新設「メディアの雑音は無視して前進しよう」とマスクCEO
Podcastにゲスト出演した際、マリファナらしきものを吸って批判されているTeslaのイーロン・マスクCEOが、従業員宛の書簡で「メディアの雑音は無視して結果を出そう」と語り、新人事を発表した。(2018/9/10)

「ポケモンGO」地震受け北海道地域での「ファイヤー・デイ」イベントを中止に 「今後は別の応援企画を検討」
一時は「なぜ延期ではなく北海道だけ中止なのか」といった批判の声が相次ぎましたが、今後別の企画を検討していると発表され「安心した」という声が増えています。(2018/9/8)

台風時にピザの配達バイクが立ち往生 「休みにすべき」と批判沸く 各ピザチェーンの方針は
ドミノ・ピザ、ピザーラ、ピザハット、ナポリの窯、シカゴピザ、5つに台風時の配達方針を取材しました。(2018/9/6)

とろサーモン久保田、「逃走中」でHIKAKINを身代わりにして炎上 殺到する批判に「おいよく聞け」と徹底抗戦
賛否両論を呼んでいます。(2018/9/5)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ハイプサイクルの「黎明期」なモノに直面して思うこと
精いっぱいの批判です。(2018/9/5)

Android版「フォートナイト」にインストール乗っ取りの脆弱性、情報公開のタイミング巡りEpicがGoogle批判
Samsungのデバイスでは、Fortnite Installerがデバイス上のアプリに乗っ取られ、偽のAPKが密かにインストールされてしまう恐れがあった。(2018/8/28)

破産寸前の旅館が復活:
サービス業界の働き方改革に、残業削減だけじゃない「ひと工夫」が必要な理由
“ブラックだ”と批判されることも多いサービス業界。生産性の低さや、労働者の裁量性の低さも問題視されている。どうすれば改善できるのかをリクルートワークス研究所の専門家に聞いた。(2018/8/23)

弱点は相互にカバー:
ベンチャー「チーム型」広がる 代表複数が困難共有、短時間で事業軌道に
創業の際、親しい仲間とチームを組むことで負担を小さくする「チーム型創業」という選択肢が増えている。複数人による経営は「考え方や方針の違いから対立を招きやすい」などと批判されがちだが、創業時の困難の共有や、個々の強みを武器にできれば、事業を成功に導くことができる。(2018/8/22)

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの日本撤退から東京一極集中を批判する
米ウォルマートが西友を売却し、日本から撤退するという報道が話題を呼んでいる。長年伸び悩んだ西友をよくここまで我慢していたというのが素直な感想だ。そもそも西友が衰退した理由とは……。(2018/8/22)

Googleは「中国の検閲に屈するのか!」 再参入観測で論争、ネット空間の“中国化”に悲観論も
Googleが中国再参入を検討していると報じられ、米議員や人権団体から批判を浴びている。同社が参入の条件として当局の検閲を受け入れることになると想定されるためだ。(2018/8/21)

「全問正解で有給チャンス」 サントリー子会社のジャパンビバレッジ、“有給取得クイズ”メールの存在認める
「従業員はおもちゃじゃない」など、ジャパンビバレッジに対し批判が集まっています。(2018/8/21)

TwitterのドーシーCEO、「アカウント対策にバイアスはかかっていない」
ドナルド・トランプ米大統領から「右派のユーザーをシャドーバンニングしている」と批判されているTwitterのジャック・ドーシーCEOがCNNのインタビューで、「われわれは政治的イデオロギーでユーザーを差別したりしない」と語った。(2018/8/20)

インタビュー:
日銀は正面から副作用議論を=早川元日銀理事
元日銀理事の早川英男・富士通総研エグゼクティブ・フェローは、日銀が7月末に決めた長期金利の上昇容認などの政策修正は小手先の対応にすぎないと批判する。(2018/8/17)

Twitter、「レガシーAPI終了は無視できない技術上・事業上制約の結果」
API終了で「個人開発者など眼中にない」と批判されているTwitterが、終了の事情について「無視できない技術的および事業上の制約に直面しており、決断せざるを得なかった」説明した。(2018/8/17)

銀座ソニーパーク、『星の王子さま』バオバブの苗木の販売終了を発表 「作品冒涜」「どうして」と大炎上
発売当初から猛烈に批判の声が上がっていました。(2018/8/12)

Airbnb、万里の長城に宿泊できる企画中止 「遺産傷つく」批判受け
米Airbnbは、万里の長城に宿泊できるイベントを中止すると発表した。中国のネット上で「歴史的建造物に傷がつくのでは」と反発があり、「さまざまなご意見を受け、本イベントを進めるべきではないという判断を尊重した」としている。(2018/8/9)

賛否あるドラマ「幸色のワンルーム」、系列の放送対応に温度差 朝日放送制作
朝日放送が制作した連続ドラマ「幸色のワンルーム」は、系列全24局のうち、現時点では朝日放送を含む3局が放送。テレ朝は放送見送りを決定した。誘拐事件を肯定的に描いているという内容への批判の一方、表現の自由の観点から批判に否定的な意見も。(2018/8/8)

「Skype 7」、フィードバックを受け9月1日以降もしばらくは利用可能に
Microsoftが、7月に発表した「Skype 8」リリースと「Skype 7」の終了に多くの批判が寄せられ、Skype 7の終了期日を9月1日から延期した。新たな終了期日はまだ不明だ。(2018/8/7)

YouTubeの保守系チャンネルが相次ぎ閉鎖 「削除の基準、不透明」と批判
差別発言の撲滅か、言論の自由の侵害か――。YouTubeで5月以降、中国や韓国に批判的な保守系動画投稿者の利用停止が相次いでいる。背景には「差別的な動画」への通報運動の盛り上がりがあるが、投稿者らは「削除基準が不透明」として反発を強めている。(2018/8/7)

スピン経済の歩き方:
剛力彩芽が叩かれる背景に、日本人の国民性
タレントの剛力彩芽さんが、ネット上で壮絶なリンチにあってしまった。交際宣言したスタートトゥディの前澤友作社長と同じタイミングで、ロシアW杯を観戦した写真をInstagramにあげたところ、批判が殺到したのだ。それにしても、なぜこのような「いじめ」が後を絶たないのか。(2018/7/31)

Amazonの顔認識を批判するACLU「検証で議員28人が犯罪者にマッチした」にAWSが反論
Amazonが顔認識サービス「Rekognition」を米法執行機関に提供していることに反対する人権団体が、Rekognitionで国会議員と犯罪者データベースをマッチングさせてみたところ、28人が犯罪者とされたと発表。Amazonはこれに反論した。(2018/7/30)

Twitter、トランプ大統領も批判する「シャドーバンニング」を否定
Twitterの検索途中で表示される結果候補に共和党員の名前が出てこないのは「シャドーバンニング」のせいだという批判を受け、Twitterがこれを否定し、「会話の健全性」についての取り組みについて説明した。(2018/7/27)

女性やソシャゲユーザーは学術書を読まない? 「復刊ドットコム」インタビューに批判殺到→謝罪へ
「不適切な表現があった」と謝罪し、該当の記事を削除しました。(2018/7/24)

剛力彩芽、批判受けインスタ全削除へ 「何がダメ?」「やっかみですよね」と擁護の声も
「厳しいご意見やアドバイスを真摯に受け止め、自分の考えをまとめました」と剛力さん。(2018/7/23)

痛烈批判:
国内ライドシェア禁止に「信じられない」=ソフトバンクGの孫社長
ソフトバンクグループの孫正義社長は、日本でライドシェアが禁止されていることについて「こんなばかな国がいまだにあるということが、僕には信じられない」と国の対応を痛烈に批判した。(2018/7/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Go」日本版は本当に高いのか Office付属は妥当なのか
ウワサの低価格Surfaceこと、「Surface Go」がついに登場した。しかし、日本モデルは米国モデルと一部仕様が異なり、それもあって最小構成価格が高めなことで、批判の声も少なくないようだ。今回はSurface Go日本モデルのこうした点について考察する。(2018/7/14)

作者は「心からおわび」:
芥川賞候補作「美しい顔」、既刊本と一部記述が類似 震災への向き合い方と表現のあり方問う
東日本大震災を題材にした芥川賞候補作「美しい顔」の一部記述が既刊本の表現と類似している問題が波紋を広げている。既刊本への配慮を欠いていたとの批判とともに、被災者の記録を扱う小説表現のあり方を問う声が上がっている。(2018/7/12)

デジタル化は必要だが:
ノーベル賞経済学者スティグリッツ氏が指摘、「規制が整備されればビットコインの需要はなくなる」
ノーベル経済学賞を受賞した経済学者ジョセフ・スティグリッツ氏は仮想通貨の匿名性や非中央集権的運営に対して批判的な見解を示した。(2018/7/10)

「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」学生企画に批判 → クラウドファンディング中止に 支援者には全額返金へ
「スラム街の子供は自己満足のためのツールではありません」「勝手に行け」など非難の声が集まっていました。(2018/7/4)

“質屋アプリ”ことCASHの運営会社が開発:
今、金欠でもハワイに行ける!? 旅行代金を「ツケで払う」アプリ始動
「質屋では」などと批判されたアプリ「CASH」の運営会社が新サービスを開始。最高で10万円までの旅行商品を買えるアプリで2カ月先まで後払いできる(2018/6/28)

同点ゴールの本田に「ごめん」……ネット上で相次ぐ謝罪と称賛
本田さん、ごめん――W杯ロシア大会のセネガル戦で同点弾を決めた本田圭佑選手に対し、ネット上では称賛とともに“謝罪”の声が相次いだ。大会前は批判を浴びることもあった本田選手だが、実力で前評判を一転させた格好だ。(2018/6/26)

新規農家をAIで救いたい:
創業70年目の挑戦 農用機器メーカー「ネポン」がクラウドサービスを進化させる理由
タブレットで農業ハウスを遠隔管理できるサービス「アグリネット」を提供するネポンは、もともとITベンダーではなく、創業70年の農用機器メーカーだ。社内からの批判もあったという同社が、クラウドサービスにまい進する理由とは。(2018/6/25)

肺がん患者にヤジで炎上 議員が謝罪 「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いで呟いた」
「人として最低」などの批判が寄せられていました。(2018/6/21)

コロンビア男性が日本人女性に「私は売春婦」言わせる動画、SNSで批判集まる
コロンビア外務省もTwitterでコメント。(2018/6/20)

12月には退任?:
「ビットコインは自分には合わない」 米GSのブランクファインCEOがまた批判
ビットコインに投資はしない、自分には合わない――6月19日に米ニューヨークで開催された経済イベント「Economic Club of New York」に参加した米Goldman Sachsのロイド・ブランクファインCEOが、再びビットコインに対する否定的な見方を示した。(2018/6/20)

山田優、地震後のインスタ更新に批判集まる “不謹慎狩り”に「日本人おかしい」「さすがにかわいそう」と疑問の声も
現在は擁護の声が多くなっています。(2018/6/19)

W杯初戦目前、川淵元会長のツイートが炎上 ハリル時代に講演で「勝てる可能性ないので出場をラッキーと考えて楽しんで」
Twitterでは「ハリルホジッチ監督や選手に失礼では」と批判が集まっています。(2018/6/19)

警察庁が「仮想通貨マイニングツール」に注意喚起 「法的根拠が示されていない」と批判も
法的な線引きがあいまいなままに摘発が行われる状況に批判や懸念の声が。(2018/6/16)

「失礼にも程がある」「こんなことで叩くなんて」 ワンピース作者コメントで編集部が謝罪、一連の批判で賛否
“大皿に1つだけ残ったからあげ”に「横井軍曹」と名付けたとするエピソードを記載。(2018/6/14)

政界徒然草:
3人の子持ち記者が議員の「3人以上産んで」発言を考えた
「3人以上の子供を産み育てていただきたい」などと発言した自民党の加藤寛治衆院議員(72)=長崎2区、当選3回=に批判が集中し、発言の撤回に追い込まれた。(2018/6/11)

Googleさん:
GoogleはAI原則で戦争利用を回避したか?
米軍が戦場で使うツールのAI開発に協力するなんてEvilだ、という内外からの批判を受け、GoogleのピチャイCEOがAI利用原則を発表しました。Googleは、これでEvilにならずに済むでしょうか。(2018/6/9)

Google、「AIの倫理原則」を公開 武器など人に危害を加える利用はしないと約束
米国防総省とのAI技術関連契約で社内外から批判されているGoogleが、AIに関する倫理原則を発表した。武器など人に危害を与える技術にAIを使わないとしており、ピチャイCEOは「これはコンセプトではなく具体的な基準だ」と語った。(2018/6/8)

Facebookのバグで1400万人が意図せず投稿を「全員に公開」 被害者に通知
プライバシー問題で批判が高まるFacebookが、5月に実施したプライバシー設定のテスト中のバグで1400万人の投稿を「公開」設定にしてしまったとし、対象ユーザーに通知を送り、設定を修正した。(2018/6/8)

「透明化強く促す」:
FBの中国企業との利用者データ共有、米議会幹部が強く反発
米議会幹部らは、Facebookが中国企業4社とも利用者データの共有契約を結んでいたと公表したことを受け、同社を強く批判した。(2018/6/7)

アルコ&ピース、アベンジャーズ・ファルコンへのイジり企画に批判の声殺到 愛ゆえの企画との説明も
ネット上では物議を醸しています。(2018/6/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。