ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「批判」最新記事一覧

関連キーワード

「セクハラ」と批判 「ちょうどいい感じの美人な人事担当者」会社説明会が中止に
「ちょうどいい感じの美人な人事担当者が採用のウラ側を色々とぶっちゃけます」と企画されていた会社説明会が公開から半日足らずで中止になりました。(2016/5/21)

セルシスの3Dモデル改変アプリ「IJIRO」がサービス停止 第三者がデータ無断使用の恐れ、批判相次ぐ
ユーザーが投稿した3Dモデルを改変して遊べるセルシスの新サービス「IJIRO」にクリエイターから非難が殺到し、全機能を停止した。(2016/5/13)

FacebookのザッカーバーグCEO、「Trending Topic」の徹底調査を約束
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、政治的に偏向していると批判されている「Trending Topic」について徹底調査中であり、問題があれば是正すると語った。また、保守派を含む幅広い政治的見解を持つ人々と直接話し合う計画を発表した。(2016/5/13)

H.I.Sの「東大美女が隣に座ってフライト」企画中止 ネットで批判受け
海外に向かう飛行機の機内で、東京大学の女子学生が隣に座って得意分野について教えてくれる――こんな企画をH.I.Sが発表したが、批判を受けて即日中止した。(2016/5/12)

HISの「東大美女が隣に座ってくれる」キャンペーン 「セクハラ」批判受け即日中止に
「不快な思いをさせる企画内容」だったとして謝罪しています。(2016/5/11)

なぜ舛添都知事の説明は響かないのか
毎週公費での湯河原別荘送迎などへの強い批判を受け、舛添都知事本人が釈明しました。しかしそれは効果があったでしょうか?(2016/5/11)

草薙素子を演じるのはなぜか白人女優スカーレット・ヨハンソン ハリウッドの白人化論争再び
「攻殻機動隊」のハリウッド実写版で、草薙素子の役を白人女優が演じる。ハリウッドの「白人化」を批判する騒動がまたしても持ち上がった。(2016/5/11)

少女写真販売で物議 「声かけ写真展」展示施設が謝罪 「事前確認が不十分だった」
「性的・わいせつな写真があるのでは」など批判が集まっていました。(2016/5/11)

平子理沙、ブログへの中傷を調査し「同一IPで何度も投稿していた人が6人いた」と明かす 「自殺しろ」と100回以上書き込む悪質な例も
震災に関するブログ記事に批判が殺到していました。(2016/4/27)

Twitter、「タイムラインの優先表示のオプトアウトはわずか2%と好評」(決算発表で)
Twitterの1〜3月期の決算は、売上高は36%増で、赤字幅も縮小した。多くの批判の中で3月にスタートしたタイムラインの非時系列表示を無効化したユーザーはわずか2%で、好評だとしている。(2016/4/27)

スピン経済の歩き方:
なぜ三菱自動車は不正に走ったのか 「技術屋の頑固さ」が落とし穴
三菱自動車が燃費データ不正問題で大きく揺れている。経営陣が積極的に情報を開示しないので、マスコミ各社はそのスタンスを痛烈に批判しているが、筆者の窪田氏は違うポイントに注目している。それは……。(2016/4/26)

世界を「数字」で回してみよう 人身事故(29):
大いなるタブーなのか――人身事故を真面目に検証する
電車を日常的な移動手段にしている者にとって、疲れ果てている時、急いでいる時に発生した人身事故ほど、心が疲弊するものはありません。ですが、声を大にして人身事故を批判することはタブーである、という暗黙の了解が、なぜか存在するのです。今回から始まる新シリーズでは、この「(電車での)人身事故」について、「感情的に」ではなく「数学的に」検証したいと思います。(2016/4/25)

「アナウンサーが子どもを無理にどかせた事実なかったと判断」熊本県民テレビ、「ミヤネ屋」取材への批判受けコメント
子どもはインタビューが始まったので自発的に退いたと説明しています。(2016/4/22)

NHKが公式アカウントからのフォロー解除を発表 「アカウントへの賛同ではないか」との批判があったため
「公平公正という公共放送の基本姿勢を堅持するためにはやむをえない」とのこと。(2016/4/18)

本田圭佑が自粛ムードを批判 「自粛どころか積極的にやるべき」の意見に賛同する声多数
他の著名人からも自粛ムードを批判する声が多数挙がっています。(2016/4/18)

めざましテレビ「キンプリ」特集、「ヤジOK」にファンから批判
テロップに「ヤジOK」と書かれていたことに批判が。(2016/4/12)

スピン経済の歩き方:
ガリガリ君とカップヌードル「攻めたCM」の命運を分けたものはなにか
先週、2つのCMがネット上で大きな話題となった。値上げ謝罪をした「ガリガリ君」のCMは絶賛の嵐だったのに、ビートたけしさんが学長に扮した「日清カップヌードル」のCMは批判の嵐。この2つのCMは、なぜ命運を分けてしまったのだろうか。(2016/4/12)

「マジカルストーン」運営、批判受け「RMT事業」からの撤退を宣言 第一段階としてまず「ドラクエ10」から
「ぷよぷよ」との類似指摘のほか、運営側が以前から、組織的なRMTに関わっていたことについて批判が集まっていました。(2016/4/3)

「映画.com」エイプリルフールが物議 ゴシップネタを扱う内容に批判も ※追記あり
乙武さんやベッキーさんをネタにしており、ネットではネタの範疇(はんちゅう)を超えているとの声も。(2016/4/1)

ザッカーバーグ氏が天安門広場を疾走しチャイナネットが炎上 「最も高価な人間空気清浄機だ」
ザッカーバーグ氏が天安門広場をジョギングする様子を映した写真が話題を呼んでいる。中国のネットユーザーからは「スモッグの中、命知らずだ」などと冷めた声が続出。批判コメントも寄せられた。(2016/4/1)

「ぷよぷよのeスポーツ化」をうたったクローンゲーム「マジカルストーン」めぐり物議 セガは「許諾の事実ない」
3月27日にリリースされた「Magical Stone(マジカルストーン)」というゲームに対し、ネット上では批判が集まっています。(2016/3/30)

「花見の場所取り」で建設大手・日揮に苦情 広場の大半を5日間にわたり占拠 批判受けて謝罪・撤退へ
ネット上では場所取りをしていた企業に非難が相次ぐ形に。(2016/3/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
前人未到のV36に“いちゃもん”……横綱・白鵬の苦悩
またしても横綱・白鵬の行為が物議を醸している。大相撲春場所で前人未到の36度目となる優勝を果たしたものの、Vを決めた千秋楽の横綱・日馬富士との結びで見せた立ち合いの変化に批判が集中しているからだ。(2016/3/29)

“iPhone分解ロボ”Appleの本気度は……「リサイクルに不熱心」払拭なるか
使用済みiPhoneを分解し、金やコバルトなど希少金属を回収するロボット「Liam」をAppleが開発した。「リサイクルに不熱心」と批判を浴びがちなApple、イメージ払拭なるか。(2016/3/25)

「小説家になろう講座」の名称、差し止め求めた理由は 「小説家になろう」運営元に聞く
「小説家になろう」運営元のヒナプロジェクトが、山形で19年間続く「小説家になろう講座」に名称の使用差し止めを求めたことに批判が集まっている。差し止めを求めた理由を運営企業に聞いた。(2016/3/22)

GDCパーティーで起用したダンサーの衣装がけしからん件をXbox責任者が謝罪
各国の女性クリエイターからの批判を受けて。(2016/3/21)

仏女優ソフィー・マルソー、最高勲章を拒否 サウジアラビア皇太子への授与を批判して
歴史あるレジオンドヌール勲章にノー。(2016/3/16)

杉並区議、「保育園落ちた日本死ね」は“便所の落書き”とブログに書き込み物議
解消しない待機児童問題に触れた匿名ブログの投稿「保育園落ちた日本死ね」は暴言。「『死ね』というほど日本が嫌なら、日本に住まなければ良い」などとつづって批判の声があがっている。(2016/3/16)

「クジラの上でガッツポーズ」写真、批判受け受賞を辞退 「命を何だと思っているのか」と怒りの声やまず
クジラの死骸の上に立ってガッツポーズをしている写真でしたが……。(2016/3/16)

日経ビジネスの連載コラム「逃げる女性は美しい」 批判殺到で掲載とりやめ
作家・エッセイストの本島修司さんによる連載第1回でした。(2016/3/14)

タイのリゾートで日本人男性集団が全裸に 現地で批判、社員旅行の企業が謝罪
タイのリゾート地を社員旅行で訪れた日本人男性の集団が全裸になって騒いだとして同国で問題になり、社員が所属する企業が謝罪した。(2016/3/10)

続く「Apple vs. FBI」
MSがプライバシー保護でAppleを支持、「地獄への道はバックドアから始まる」
Microsoftの法務担当者が、強力な暗号化の基盤を弱めようとする米政府の動きを批判し、暗号化技術を支持するよう業界に呼びかけた。(2016/3/10)

NHK、炎上していた「受信料長州力」サイト開設を中止 「このまま開設しても意図を正しく伝えるのは難しい」
「力ずくでも徴収するという宣戦布告か」などネットでは批判が集まっていました。(2016/3/4)

全日本仏教会、Amazonに「お坊さん便」販売中止を要請 定額のお布施は「本来の宗教性を損なう」
全日本仏教会がアマゾンジャパンに「お坊さん便」の販売中止を求める文書を提出した。定額の“お布施”で宗教行為を提供することを強く批判している。(2016/3/4)

もし好きな作品を批判されたら? 「私が大好きなアニメを見れなくなった理由」がネットで大反響
「私には大好きなアニメがありました」「そう過去形なのです」(2016/3/2)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
陰で批判し合ってはいけない
トップマネジメントチームに必要なのは、仲の良さではなく仕事振りの良さだ。共に仕事をする以上、尊重し合わなければならないが尊敬し合う必要はない。(2016/3/2)

「いつ公開されるのか!」“野ざらし”「最後の0系」に渦巻く批判 逆に「変な新幹線」人気の珍現象
初代「0系」新幹線の先頭車両を、吹田市が具体的な展示計画を決めないまま放置している問題。解決すべき課題は多く、公開を待つファンにとって、やきもきする日々は当分続きそうだ。(2016/2/24)

“野ざらし”「最後の0系」に渦巻く批判 逆に「変な新幹線」人気の珍現象
大阪府吹田市が、平成21年にJR西日本から無償譲渡された初代「0系」新幹線の先頭車両を、具体的な展示計画を決めないまま約7年間にわたって放置している問題が発覚した。(2016/2/23)

「スター・ウォーズ」玩具炎上 「レイが仲間外れ」 米大手メーカーに女性差別批判
スター・ウォーズのモノポリーに、シリーズ初の主人公・レイの駒が含まれておらず、ネット上で「女性差別だ」との批判が噴出。炎上状態になった。(2016/1/22)

「Appleやソニーは未成年鉱夫によるコバルト採掘に加担」とAmnestyが批判
Amnestyは、Appleやソニーを含む16社がリチウムイオン電池の材料であるコバルトを未成年を鉱山で働かせている企業から購入しているとして批難した。(2016/1/20)

Amazonの「お坊さん便」に波紋 宗教行為の商品化VS開かれた寺
Amazonを通じた僧侶の派遣サービスが始まり、波紋を広げている。好意的な意見がある一方、仏教界は「宗教行為を商品化している」と批判している。(2016/1/19)

日本マイクロソフトのCSAに聞く
“オープンソースへの傾倒”は本物か、「Microsoft Azure」の今
オープンソースへの対応をはじめ、「Microsoft Azure」への大胆な改革を推し進めるMicrosoft。だが、同社はかつて、オープンソース文化をひどく批判していた。彼らのオープンソースへの動きは本物なのか。(2016/1/14)

スタバ「福袋買い占め」で利用客に謝罪 先頭グループが108個すべて購入 個数制限なしの理由は
ネットでは買い占め客のモラルと店舗側の対応に批判が相次ぐ形に。(2016/1/6)

萌えキャラで自治体PRに「NO!」相次ぐ NGラインは「胸の大きさ」か?
萌えキャラを使った使ったポスターが「セクハラだ」などと批判を受けるケースが相次いでいる。萌えキャラは性差別に当たるのか。どこからがNGなのか。(2016/1/6)

“美少女、萌えキャラ”誰にどう配慮すればいいのか? 「性的で不快」「セクハラ」……自治体困惑
「セクハラ」批判を受け、美少女キャラクターの公認撤回やポスターデザイン変更を決めた志摩市と美濃加茂市。自治体の担当者には「誰にどう配慮すればいいのか」と困惑する声も上がる。(2015/12/28)

空腹の生徒にタダで昼食を食べさせた学校職員が解雇処分に 学校側に批判殺到
ルール違反ではありますが賞賛されるべき行動。(2015/12/25)

全日本仏教会がAmazon「お坊さん便」に苦言 「お布施はサービスの対価ではない」と“商品化”批判
全日本仏教会が、Amazon.co.jpの「お坊さん便」について、「宗教行為をサービスとして商品にしている」と批判する声明を発表した。(2015/12/24)

NHK、e-Sports特集でプロゲーマーチームに謝罪 「偏向的」と視聴者から批判
「ゲーム」に対する理解が不足しているとの意見が多く見られました。(2015/12/20)

物議かもした「スター・ウォーズ」上映前の「ONE PIECE」映像 観てきた人の反応は? 「気にならなかった」「イライラする」
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開前に批判が出た、上映前の「ONE PIECE」映像。実際観てきた人の反応は。(2015/12/19)

ヤマト運輸の”日本郵便優遇”提起 利用者からの質問・批判に回答した特設サイト開設
「公平・公正な競争条件」を求めたメッセージを全国54紙に掲載していた。(2015/12/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。