ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「批判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「批判」に関する情報が集まったページです。

トランプ大統領がTwitterで批判者をブロックするのは違憲 ニューヨーク連邦地裁が判断
ユーザーの政治信条を理由に大統領がブロックするのは、言論の自由の侵害とする訴えが認められました。(2018/5/24)

キンタロー。批判殺到の「欅坂46」ものまね再び 「ちゃんとやれば面白い」「負けないで」と支持する声も
自らの考えを貫くキンタロー。さん。(2018/5/23)

『愛と誠』紛失原画落札、オークション運営元・まんだらけが声明 「問題になること自体に違和感」 講談社を批判
『愛と誠』の原画の1枚が「まんだらけオークション」に出品され400万円で落札され、講談社が「購入しないでほしい」と呼び掛けていた件について、まんだらけが声明を発表。講談社を厳しく批判している。(2018/5/21)

NTTBP、公衆Wi-Fiの「ロボット型自動接続プログラム」批判、「不適切な利用」制限へ 「エリアオーナーの意図をないがしろにしている」
NTTBPは、同社が提供する公衆無線LANサービスに接続する際、指定するWebページを経由しなかったり、機械的に発行されたメールアドレスを使って自動で利用登録する「自動接続プログラム」が出回っているとし、そういったプログラムによる接続を制限するなどの措置を講じると発表した。(2018/5/21)

真のキャリア教育:
「夢」の功罪 貧困・奨学金記事を炎上させるもの
貧困に苦しむ家庭や、そうした環境下で育った若者にとって、大学進学やそのための奨学金に関する記事が人気です。一方、そうした記事は自己責任論や「甘い」といった批判も呼びやすく、本質の議論がずれているのではないでしょうか。(2018/5/15)

「松竹芸能にまで怒りの連絡きてる」 キンタロー。、「欅坂46」平手友梨奈ものまねに3000件を超える批判コメント殺到
ネタとの境界線難しい。(2018/5/14)

人気Twitterアカウント「アボガド6」さん、「まる」さんがアカウント凍結 DMCAの悪用による虚偽申請が原因か
ネット上では「悪質」と批判する声もあがっています。(2018/5/12)

Google、AIによる予約電話代行への批判に「AIだと名乗らせる」と説明
GoogleがI/Oで披露したAIアシスタントによる電話応対デモが人間と区別がつかなすぎるという批判を受け、公開の際はAIだと分かるようにすると説明した。(2018/5/11)

「#今度は福島がTOKIOを応援する番だ」がTwitterで加熱 TOKIOの復興支援に感謝、一方「被害者を無視」と批判も
賛否両論となっています。(2018/5/3)

まとめサイト「やらおん!」「オレ的ゲーム速報」をTogetterが名指し批判 無断転載で問われるまとめサイトの責任とは
「あまりにも悪質」とTogetter。(2018/5/8)

Facebook、外部サイト履歴をアカウントから消す「Clear History」
Facebookが、個人情報流出で批判が高まる中、プライバシー対策の1つとしてFacebook外でのユーザー行動履歴収集を無効にし、過去のデータをアカウントから削除する「Clear History」機能を発表した。(2018/5/2)

“ブラック企業アナリスト”が斬る労働問題:
野村不動産の過労死事件から考える、「裁量労働制」の“光と闇”
野村不動産の過労死事件や、厚生労働省の“不適切なデータ”問題が起きて以降、「定額働かせ放題の制度だ」と批判を浴びている「裁量労働制」。ただ、“ブラック企業アナリスト”の新田龍氏は、裁量労働制自体は悪質なものではなく、正しく運用すれば労働者にメリットのある制度だと解説する。(2018/5/2)

キリン公式Twitter「午後ティー女子」が「女性蔑視」と炎上→削除 「不快な思いかけた」
キリンビバレッジが公式Twitterに投稿した「午後ティー女子」のイラストが、「女性蔑視」などと批判を集めていた問題で、同社は5月1日、このイラスト入り投稿を削除し、謝罪した。(2018/5/1)

「モデル気取り」に「仕切りたがり」 キリンビバレッジ、“午後の紅茶”のPRツイートイラストが女性蔑視と炎上→削除・謝罪へ
キリンビバレッジに批判が集まった投稿の意図を聞きました。(2018/5/1)

キム・カーダシアン、香水ボトル製作のため不思議な型取りヌード 「ゴルチエのパクリじゃ」「子どもがいるのに」と批判も平常運転
それよりカニエ・ウエストが大変なんだけど……の声も。(2018/4/28)

漫画だけではない、Kindle“海賊出版”の実態 Amazonの審査体制に「漫画村プロと変わらない」と批判も
Kindleで広がる海賊版コンテンツについて、「きんどう」管理人のきんどうさんに聞きました。(2018/4/27)

Equifaxの個人情報流出事件で紛糾した議論
セキュリティ責任者にはコンピュータサイエンスの学位が必須?
Equifaxの個人情報流出事件で、同社のCISO(最高情報セキュリティ責任者)が音楽の学位を修めていたことが批判を浴びた。情報セキュリティのプロフェッショナルがどのような教育を受けているべきか、専門家の見解は。(2018/4/13)

検証 働き方改革:
「何なら是正勧告してもいいけど」“恫喝”にのぞく労基署の本音
「何なら、皆さんの会社に行って、是正勧告してもいいんだけど」。“失言”の釈明に追われた東京労働局の勝田智明局長。「役人の体質が改めて証明された。労基署は結局、『上から目線』で企業をいじめる」と自民議員から批判も出た。(2018/4/12)

政府による海賊版サイトのブロッキング要請は「法的に大きな問題」 情報法制研究所が反対声明
政府による海賊版サイトのブロッキング要請について、情報法制研究所が反対声明を出した。「通信の秘密や通信の自由を侵害し、検閲にも該当しうる重大な措置で、法的に大きな問題がある」と強く批判している。(2018/4/11)

列車の座席に紙置き席取り 仙台市老人クラブ連合会が謝罪
「敬老者が乗車します」と紙を置いて席取りする行為に批判が集まっていました。(2018/4/10)

Apple創業者ウォズニアック氏、#DeleteFacebook実行
Facebookに対し批判的だった故スティーブ・ジョブズ氏と同じく、スティーブ・ウォズニアック氏もFacebookのやり方はAppleとは全く違うと指摘する。(2018/4/10)

ニコラ編集部、「母親からの暴力」相談への回答について謝罪 無責任と批判受ける
母親からの暴力はしつけなのか、という読者からの相談に「怒られない生活を心がけてみたら」と回答していました。(2018/4/9)

Facebook、ロシア疑惑関連アカウントとページを合計273件削除したと報告
米大統領選でのロシア介入問題で批判されているFacebookが、ロシアプロパガンダ企業IRAのFacebookとInstagramのアカウントと、Facebookページを合わせて273件削除したと発表した。(2018/4/4)

「対策も何もない」 指原莉乃、2日連続の転落骨折事故で運営批判の声に自説→ツイート削除で火種くすぶる
「運営運営っていうのは違う」。(2018/4/2)

マイナビウーマン「生理日をずらす裏ワザ」記事を削除 「わざと体調を崩す」「風邪薬を飲む」など紹介
「第二のWELQ」などの批判が相次いでいます。(2018/3/30)

「LINE Pay」の利用特典変更 一部から「改悪」の批判も
LINE Payカードの2%還元の特典が終了に(2018/3/30)

トランプ大統領、Amazonを(また)ツイートで批判
米メディアが、ドナルド・トランプ大統領がAmazonへの規制強化を望んでいると報じた翌日、同氏は「選挙前からAmazonに懸念を表明している」とツイートした。(2018/3/30)

「青木ヶ原樹海YouTuber」ら、8月にボクシング対戦
お騒がせな言動で批判を浴びているYouTuberがボクシング試合を行う。(2018/3/26)

「日経の報道は無責任だ」 世界最大手の仮想通貨取引所「Binance」ジャオCEOが批判
仮想通貨取引所「Binance」に対し、無登録のまま日本で営業しているとして金融庁が警告を出す方針だと、日本経済新聞が3月22日に報じた。報道を受け、BinanceのCEOであるジャオ・チャンペン氏は同日、Twitterで「日経は無責任なジャーナリズムを見せた」と批判した。(2018/3/22)

「北海道のおやつとして親しんで」:
「そだねー」商標申請で批判続く六花亭、「独占のつもりない」と声明文発表
「そだねー」を商標申請中の六花亭製菓が声明文を発表。「独占という印象は避けにくいが、弊社が申請中の他の商標は他社にぜひ使ってほしいと伝えたところだった」という。申請を巡り、ネット上では「そこまでして独占したいのか」などの批判が集まっていた。(2018/3/22)

「ムロツヨシがジャニーズのオーディションを受けた」はフェイク バラエティーのトークが事実として拡散
「番組を最後まで見ずに記事にする簡単なお仕事」など批判の声も。(2018/3/15)

「別冊」での連載は継続:
小学館、「コロコロ」3月号を販売中止に 「書店の混乱避ける」
小学館が、「コロコロコミック」3月号の販売を中止すると発表。読み切り作品にチンギス・ハーンに対する不適切な描写があり、批判が殺到していた。小学館は「書店の混乱を避けるため」と説明している。(2018/3/6)

“有料版”発表:
相次ぐ批判が「無料の広告」に? 海賊版漫画サイト問題
出版社や漫画家から相次いで批判されている海賊版漫画サイト。しかし批判がむしろ「広告」となり、知名度を上げてしまう側面もある。批判がなぜ利用者を増やすことにつながってしまうのか。(2018/3/5)

マストドンつまみ食い日記:
Twitterは公共事業なのか
オイゲン・ロチコさんはTwitterのジャック・ドーシーCEOが提案する「会話の健全性指標」を批判している。(2018/3/4)

「大御所なんだから、仕事選べよ」に反論 声優・古川登志夫、ポプテピ出演への批判に言及
「クソアニメ」は褒め言葉のポプテピ。(2018/2/28)

認識に隔たり:
米国車、売れない理由は「低いブランド力」 “本気度”も疑問符
日本の自動車市場が、米国の大統領経済報告で「閉鎖的」と批判されたが、米国車が売れないのは、ドイツ車などと比べてブランド力が低いことなどが要因との見方が強い(2018/2/28)

不祥事相次ぐ:
NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化 強まる批判
受信料の値下げ見送りや業務肥大化への懸念をめぐり、NHKへの風当たりが強まっている。(2018/2/21)

岡崎体育、批判受けファンクラブから「ランク」の文字を排除 5つの改修案を発表
忙しさのため、ここ1年はファンクラブのコンテンツに関われなかったとのこと。(2018/2/15)

「子供も人間、私も人間!」 ママを無責任に批判するリプライへの反論をまとめた漫画が力強くも温かい
みんな、それぞれに悩んでる。(2018/2/20)

「こんな叩かれると思わんかった」 岡崎体育、日本初のファンクラブシステムに批判殺到 SNSで真意を明かす
ファンクラブ内でランク付けするシステムを導入。(2018/2/4)

「#グリーを許すな」は効果なし?:
グリー対Supercell 「クラクラ」特許紛争の行方は
特許権を巡るグリーとSupercellの訴訟は現在どのような状況なのか。「クラクラ」ファンによるTwitter上でのグリー批判をどう捉えているのか。グリーに見解を聞いた。(2018/2/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高梨沙羅にイチャモンをつけたくなる、3つの理由
ノルディックスキー・ジャンプ女子で活躍する、高梨沙羅への風当たりが厳しい。平昌五輪が近づいているなかで、なぜ彼女を批判する声が多いのか。その理由は……。(2018/2/2)

カード情報を勝手に記憶?:
投げ銭サービス「Osushi」、不備で炎上 公開7時間後に一時休止
ベンチャー企業のウォンタがリリースしたサービス「Osushi」に批判が集中。リリースから約7時間後に一時停止に追い込まれた。個人情報の取り扱い方や、資金決済法に違反している可能性が指摘されている。(2018/2/1)

「テレビから消えて」 さかなクン、一部ネット上の批判にショック 胸中を明かす
「辛いですが真摯に受け止めます」とさかなクン。(2018/1/30)

著名投資家のソロス氏「FacebookやGoogleはコンテンツに責任を持つべき」
メディア王ルパート・マードック氏(86)に続き、著名投資家のジョージ・ソロス氏(87)もFacebookとGoogleの寡占的なコンテンツ配信企業としての行為を批判した。(2018/1/26)

「サブブランド」優遇 してる? してない?――KDDI、UQ、ソフトバンクが説明
大手キャリア(MNO)やそのグループ企業が運営する、いわゆる「サブブランド」と呼ばれる通信サービスに対して、一部MVNOから批判が噴出している。総務省が主催する会合において、当事者たちが反論した。(2018/1/24)

Apple、米国経済に向う5年で約39兆円貢献と発表、新キャンパス建設も
海外での税金対策などを批判されるAppleが、米国経済に向う5年で3500億ドル貢献すると発表した。クパチーノ以外での新キャンパスやデータセンター建設、約2万人の雇用創出などを打ち出した。(2018/1/18)

「嫌がらせする自由」を主張するカトリーヌ・ドヌーヴらの寄稿記事、フランス国内で批判相次ぐ
トラウマのある人にはつらい内容だったかも。(2018/1/16)

15時間立ち往生のJR信越線、乗客から運転士に感謝のツイート 「泣きたかっただろうし、帰りたかっただろうなと思います」
JRの対応に批判もありましたが、現場の運転士の対応はすばらしかった、と称賛しています。(2018/1/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ガキ使」を批判する人が増えれば、トンデモ権力者が生まれる論理
大晦日に放送された「ガキ使」が炎上している。ダウンタウンの浜田氏が黒人俳優エディ・マーフィの真似をして顔を黒くメークしたことに対し、批判が集まっているのだ。黒人メークを否応なしに批判することで、筆者の山田氏は「トンデモ権力者が生まれるかもしれない」という。どういうことかというと……。(2018/1/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。