ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「批判」最新記事一覧

フジテレビ、「保毛尾田保毛男」騒動で謝罪文 「認識が極めて不十分」
「とんねるずのみなさんのおかげでした」のキャラ「保毛尾田保毛男」が「男性同性愛者を嘲笑している」などと批判を受けたことについて、フジテレビが謝罪文を公表した。(2017/10/16)

話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか
「Coinhive」というサービスが注目を集めている。「仮想通貨の新たな可能性を示している」などと期待する声から、「ただのマルウェアだ」と批判する声もあり、賛否両論が渦巻いている。一体どんなサービスなのか。(2017/10/11)

川崎市のボードゲーム制作企画が無報酬・交通費自己負担で批判 市は「あくまでワークショップの延長」
川崎市に意図を取材しました。(2017/10/5)

「事態の軽視」は反省:
Facebook CEO、同社役割の正当性主張 米大統領「Facebookは反トランプ派」批判一蹴
米FacebookのザッカーバーグCEOは、米選挙における同社の役割の正当性を主張し、トランプ米大統領による「反トランプ派」との批判を一蹴した。(2017/9/28)

Facebook、ロシア政府につながる可能性のある広告を米連邦議会に提出すると発表
2016年の米大統領選の結果に影響を与えたと批判されているFacebookが、独自調査でロシアが関与している可能性が判明した広告データを米連邦議会に提出すると発表し、マーク・ザッカーバーグCEOがライブ動画で今後の取り組みについて説明した。(2017/9/22)

iPhone X「切り欠き」の正式名判明 Appleの開発情報公開で
iPhone Xディスプレイ上部の「切り欠き」、英語ではnotchと呼ばれ批判されている部分をAppleがどう呼んでいるのかが分かった。(2017/9/19)

男性写真家ばかりのニコンのキャンペーンに「性差別」と批判の声
「女性の写真家はどこ?」「性差別だ」などの声が上がっていました。(2017/9/17)

「赤ちゃんに道路走らせるのか」:
経産省「電動ベビーカーは軽車両」批判相次ぎ釈明
経産省は、電動アシスト機能付きベビーカーが道交法上の「軽車両」に当たるとして車道を走るよう求めた見解が批判を浴びたことで釈明した。(2017/9/15)

「ベビーカーは歩道を通行できる」改めて告知 経産省、「一部で誤解招いた」
「ベビーカーは歩道を通行できる」と経産省が広報誌で改めて告知。特定の大型ベビーカーについて車道を走るよう求めた見解が誤解・批判を浴びていた。(2017/9/15)

経産省「電動ベビーカーは軽車両」批判相次ぎ釈明会見 「発表資料、舌足らずだった」
「電動アシスト機能付きベビーカーは軽車両」との見解を公表し、批判が相次いでいた件で、経産省が釈明会見。「発表資料に一部舌足らずな点があった」と弁明した。(2017/9/15)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

神社本庁から批判:
神社擬人化ゲーム「社にほへと」開発中止
DMM.comが、“神社を擬人化する”との趣旨に批判の声も上がっていたゲーム「社(やしろ)にほへと」の開発を中止すると発表した。(2017/9/11)

「警察官の前でわざと白い粉落としてみた」 迷惑YouTuberを偽計業務妨害の疑いで逮捕
悪質だとして批判の声があがっていました。(2017/9/8)

警官の前で「白い粉」落とす YouTuberに批判 「業務妨害罪」と専門家
警察官の足元に覚醒剤に見せかけた白い粉入りの袋を落とし、逃走する男の動画がYouTubeに投稿された。専門家は「警察官に対する業務妨害罪に当たる可能性がある」と指摘している。(2017/9/8)

Facebook、米大統領選での虚偽ニュース関連調査で規約違反の広告10万ドル判明
米大統領選の結果への影響を批判されているFacebookが、過去2年間に不正アカウントが関わる広告に約10万ドルが費やされていたと報告した。Washington Postによると、同社は米当局に対してはロシアの関与の可能性があると報告したという。(2017/9/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
社会を「忖度」しないAIとどう向き合うべきか
中国の大手IT企業が提供するAI(人工知能)キャラクターが中国共産党を批判し、サービス停止に追い込まれるという騒ぎがあった。世間の雰囲気を「忖度(そんたく)」しないAIと、どう付き合っていくべきなのか、中国の事例が問いかけるものは大きい。(2017/9/7)

UberのCEO就任ほぼ確実なExpediaのCEOは反トランプのイラン系米国人
最終決定はまだだが、UberのCEO就任がほぼ確実なExpediaのダラ・コスロシャヒCEO(48)は、子どものころイラン革命で米国に移民してきた米国人。トランプ政権に批判的だ。(2017/8/29)

「ヘルボーイ」リブート版、英国の俳優が降板発表 「ホワイトウォッシング」批判で
原作では日系アメリカ人として描かれているキャラクターに、英国の俳優エド・スクレインさんがキャスティングされていました。(2017/8/29)

スピン経済の歩き方:
だから、なんども「炎上CM」がつくられていく
大企業や自治体のPR動画がたて続けに「女性蔑視」で炎上している。ネット上ですぐに火がついてしまうので、「昔はもっとおおらかだった、社会全体が不寛容になってきている」と嘆く人もいるだろうが、本当にそうなのか。昔から批判を受けてきたCMはたくさんあって……。(2017/8/29)

求人サービス運営「ウォンテッドリー」批判ブログ、ツイートするだけで削除対象? 「封殺」とも取れる対応に批判集中
Wantedlyは「当社でも反省」とコメント。(2017/8/25)

WantedlyのIPO批判記事、Google検索から消える 「写真を無断利用された」とWantedlyが削除申し立て
Wantedlyの新規株式公開(IPO)を分析し、「やりがい搾取感が否めない」などと批判したブログ記事がGoogleの検索結果から消えた。「CEOの写真が記事に無断利用された」とし、ウォンテッドリーがDMCAに基づき、Google・Twitterに削除を申し立てたため。【更新】(2017/8/25)

宮城県、壇蜜出演のPR動画を近く削除へ ネットでは「風俗みたい」と批判も
批判の声が相次いでいましたが……。(2017/8/21)

「大統領の衝動は誰も抑えられない」:
バージニア州衝突、大統領の対応巡り政権幹部の辞任に発展も
米バージニア州で白人至上主義団体と反対派が衝突した事件でトランプ米大統領の対応に批判が集まっている問題は、今後政権幹部の辞任にも発展する可能性がある。(2017/8/17)

AppleのクックCEO、「トランプ大統領に反対する」全社メール
Appleのティム・クックCEOが従業員宛全社メールで、シャーロッツビル事件に対するドナルド・トランプ米大統領の態度を批判し、人権団体に200万ドル寄付すると語った。(2017/8/17)

VALUで価格つり上げ→全株売却 YouTuberヒカル氏に批判 全株買い戻しへ
「VALU」で、人気YouTuber「ヒカル」氏などが、期待をあおってVA価格をつり上げた後、発行済みの全VAを投げ売りしたとし、ユーザーが不当に損失を被ったと訴えていた問題で8月17日、ヒカル氏側とVALU運営元がそれぞれ、対応を発表した。(2017/8/17)

「それはAIだからです」:
小池知事の「人工知能、つまり私」発言にネット困惑
「AIだからです」「人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めた」――小池都知事の発言に「意味が分からない」と批判が集まっている。(2017/8/14)

文化的な対立改めて鮮明に:
Google「メモ職員」解雇に揺れるシリコンバレー
Googleが会社の女性雇用方針を批判するメモを書いた男性技術者を解雇したことを受け、シリコンバレーでは文化的な対立が改めて鮮明になっている。(2017/8/10)

Google、アンチダイバーシティ文書のエンジニアを解雇か
Google社内で「女性はエンジニアに向いていない」という根拠にダイバーシティの取り組みを批判する文書を公開したエンジニアが解雇されたとBloombergが報じた。Googleはコメントを拒否した。(2017/8/8)

「Excel方眼紙=悪」なのか? 公開討論会9月に開催
「神Excel」などと呼ばれ、批判されることも多い「Excel方眼紙」。何が問題で、解決策はあるのか――専門家が意見をぶつけ合うイベント「Excel方眼紙公開討論会」が都内で開かれる。(2017/8/4)

「党は無能」正直なAIが反乱? 中国IT企業が急遽サービス停止
中国TencentのAIプログラムが、ユーザーとの対話で“共産党批判”を繰り広げたことが分かり、同社があわててAIのサービスを停止する騒ぎとなった。(2017/8/4)

トランプ大統領の「トランスジェンダーが軍で働くことを認めない」発言、政財界・芸能界から批判の声多数
大統領は医療費の負担増などを理由としていますが、「全ての愛国者が軍に奉仕できるべき」との批判が強まっています。(2017/7/27)

「あっという間にイケちゃう……」 復興予算で“壇蜜お色気動画” 知事満足も、「炎上商法」と批判も
「上乗ってもいいですか?」「あっという間にイケちゃう……」――壇蜜さんが出演する宮城県の観光キャンペーン動画が引き続き議論を呼んでいる。(2017/7/25)

メルカリが「箱だけ」の出品について注意喚起 Nintendo Switchなど品薄商品で横行
詐欺まがいの手口であるとして、批判が集まっていました。(2017/7/24)

Microsoft、モバイル版「Skype」のステータス表示他をユーザーの批判を受けて復活
MicrosoftがiOS/Android版「Skype」の6月の大幅アップデートで削除したステータス表示とチャットでのコンテンツ共有機能を復活させた。ユーザーからのフィードバックに耳を傾けた結果という。(2017/7/17)

ホリエモン「ヒトラーTシャツ」でNHK出演 「どう見ても平和祈念のTシャツ」と批判に反論
ホリエモンがヒトラーに似た人物が描かれた黒いTシャツを着てNHKの番組に出演したことについて「どう見ても平和祈念のTシャツ」などとTwitterでつぶやいた。(2017/7/13)

全国の高専でデータを共有した状態だった Office365の設定を巡り高専機構に批判集まる
アニメが共有された状態だったとする声も。(2017/7/12)

トランプ大統領からTwitterでブロックされたユーザーが「言論の自由の侵害」と訴訟
大統領を批判したからという理由でアカウントをブロックするのは言論の自由を侵害するとしています。(2017/7/12)

トランプ大統領の言いがかりにチェルシー・クリントンさんが見事な切り返し
トランプ米大統領の娘で大統領補佐官を務めるイバンカ・トランプ氏がG20の会議で一時的に大統領の席に座ったことを批判されたトランプ氏の余計な一言に、ヒラリー・クリントン氏の長女、チェルシーさんがチクリと批判した。(2017/7/11)

「もう、欲しがりなんですから」と壇蜜さんが……宮城観光動画、「風俗店のよう」と批判も 知事「リスクは承知」
壇蜜さんが出演する仙台の観光キャンペーンのPR動画が賛否を呼んでいる。TwitterなどのSNSでは「風俗店のようだ」という声も出ている。(2017/7/11)

AKB沖縄総選挙に「国費2800万円」 河野太郎議員がブログで問題視「戦略、目的などを詳しくチェックする」
「一発勝負でAKBの総選挙をやって、8000人を呼び込んで、それが次にどうつながるか、はっきりした見通しもない」など厳しく批判しました。(2017/7/8)

江川達也「大事なことは、子どもに自分で考えさせること」 ジャンプ掲載の作品批判めぐり苛評
「いろんなモノを読むことで人は大人になるのだ」。(2017/7/8)

突然の埋め込み機能有料化で写真が表示されない 大手写真共有サイトの変更に批判集まる
十分な告知なしの有料化にユーザーは怒り。(2017/7/7)

トランプ大統領がCNNをボコボコにする動画、元画像の投稿者がCNNに謝罪 「脅迫」と批判するハッシュタグも
CNNは脅迫ではないとしています。(2017/7/7)

「お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあで」 サントリー「コックゥ〜ん!」CMに「下品」「下ネタ」と批判相次ぎ公開中止へ
「女性をバカにしすぎ」という意見も。(2017/7/7)

トランプ大統領がCNNを殴る動画 作成者特定したCNNに批判殺到
トランプ大統領のツイートで広がった騒動が、今度はCNNに降りかかってきた。(2017/7/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプの暴言を止めることができない、お手上げの理由
トランプ大統領のトンデモ発言が続いている。身内の共和党内部からも批判が噴出しているのに、なぜ大統領は暴言を繰り返すのか。ひょっとしたら、暴言を吐き続けることができる理由があるのかもしれない。(2017/7/6)

トランプ大統領、CNNをプロレスでボコボコにする合成映像をツイート CNN「仕事せずに子どもじみた行動をしている」
馬乗りになって一方的に殴る内容から「記者に対する暴力を推奨」との批判も。(2017/7/3)

「米国政治の誤った面」を象徴:
米大統領が女性テレビ司会者に蔑視発言、共和党内からも批判
米トランプ大統領が、政権に批判的な発言をしたMSNBCテレビの番組司会者の女性をTwitterで攻撃、女性蔑視発言として共和党内部を含む多方面から批判を浴びている。(2017/6/30)

批判の声が寄せられた「女の市場価値はいくつまで?」記事に「VOCE」が謝罪
「女性の価値を年齢で判断している」などの批判の声が相次いでいました。(2017/6/19)

「女の市場価値はいくつまで?」 「VOCE」Web版の記事取り下げ 「不快にさせた」
「女の市場価値はいくつまで?」をテーマにした「VOCE」Web版の記事に、「女性を脅している」などと批判が集まり、編集部が記事を削除した。(2017/6/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。