ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「知事」最新記事一覧

前原氏との会談は25年ぶり:
小池代表、衆院選出馬はない 安倍政権と対峙
希望の党の小池百合子代表(東京都知事)と民進党の前原誠司代表が都内で会談し、衆院選での戦い方や選挙後の首相指名選挙でだれに投票するかなどを議論した。(2017/10/5)

東京ビッグサイト問題、都知事の対応は「焼け石に水」 「対応の余地ある」と展示会関係者
オリンピックの関係で東京ビッグサイトが一定期間利用できなくなる問題。「コミケ関連で調整中」はどれだけ意味があるのか――関係者に取材しました。(2017/10/3)

小池知事が五輪で東京ビッグサイトが使用できない問題に言及 「コミケ関連で使えるように調整している」
「大変なファンのいるイベントであり、オリンピックだけでなくいつもの方々にお使いいただけるような工夫をしております」と語った。(2017/9/29)

「それはAIだからです」:
小池知事の「人工知能、つまり私」発言にネット困惑
「AIだからです」「人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めた」――小池都知事の発言に「意味が分からない」と批判が集まっている。(2017/8/14)

インタビュー:
東京都、受動喫煙防止策制定へ=小池都知事
小池都知事は、都で受動喫煙防止条例の制定に向け作業中であることを明らかにした。(2017/8/8)

今は五輪に尽力していると認識:
小池都知事は手ごわい相手=安倍首相
安倍首相は内閣改造後に支持率が低迷した場合でも解散総選挙は現時点で全く考えておらず、まず改造内閣で結果を出してからとの考えを示した。(2017/8/4)

「最近は仮面ライダー出身って言っても……」うどん県副知事の要潤、世間の認識とのギャップを告白
俺たちは、G3を、忘れない!(2017/8/2)

「あっという間にイケちゃう……」 復興予算で“壇蜜お色気動画” 知事満足も、「炎上商法」と批判も
「上乗ってもいいですか?」「あっという間にイケちゃう……」――壇蜜さんが出演する宮城県の観光キャンペーン動画が引き続き議論を呼んでいる。(2017/7/25)

「もう、欲しがりなんですから」と壇蜜さんが……宮城観光動画、「風俗店のよう」と批判も 知事「リスクは承知」
壇蜜さんが出演する仙台の観光キャンペーンのPR動画が賛否を呼んでいる。TwitterなどのSNSでは「風俗店のようだ」という声も出ている。(2017/7/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急の“時差Biz特急” 多摩田園都市通過の本気度
東急電鉄が田園都市線の早朝に特急を新設・増発する。その名も「時差Bizライナー」。小池都知事が提唱する“時差Biz”に対応した列車だ。都議会選挙期間中の発表はあざといけれど、ダイヤを見ると神奈川県民向けサービスになっている点が面白い。(2017/6/30)

フジテレビ「映っちゃったGP」、鳥取城跡の心霊現象紹介VTRの事実誤認を謝罪 鳥取県知事がコメント
二の丸のトイレは霊が映るため鏡を外してある→実際は壊れたので外しただけなど。(2017/6/23)

「ジブリパーク」が愛知に登場 愛・地球博記念公園をリニューアル、2020年初頭開園目指す
スタジオジブリの鈴木プロデューサーと愛知県知事が方針に大筋合意しました。(2017/6/1)

インタビュー:
小池都知事「都議選で改革加速に必要な議席欲しい」
小池都知事は、7月の都議会議員選では加速度的に改革を進めるために必要な議席数が欲しいと述べ、都民ファーストの会公認、推薦、選挙協力を行う候補を合わせ、過半数を獲得することに強い意欲を示した。(2017/5/30)

小池都知事、ノリノリである ピコ太郎さんとコラボした「PPAP」替え歌動画でダンスを披露
東京都のオファーで実現。(2017/5/27)

ニコニコ超会議2017:
「コミケは通常通り開催されるんでしょうか」 小池都知事へレイヤーから質問 東京ビッグサイト問題について
4月29日「ニコニコ超会議2017」に出演した小池百合子都知事。オリンピックによる東京ビッグサイトの利用制限について質問が飛び出しました。(2017/4/29)

ニコニコ超会議2017:
レイヤー「総理大臣目指してる?」小池「知事一筋(笑)」 ニコ超に都知事が降臨、若い参加者とトーク
「ネットの時代はみんなの時代」と、若者とネット文化についてもコメント。(2017/4/29)

Facebook、市民の政治参加を支援する「Town Hall」提供開始
Facebookがまずは米国で、ユーザーの位置情報に基いて地元の議員や知事などの政治家のリストを表示し、フォローやメッセージ送信などを支援する新機能「Town Hall」の提供を開始した。(2017/3/28)

東京五輪に向けて継続実施:
満員電車解消「快適通勤ムーブメント」今夏実施へ
小池百合子東京都知事は2月24日、「快適通勤ムーブメント」の今夏実施を発表した。時差出勤、フレックスタイム、テレワーク導入や、時間差通勤によるポイント付与キャンペーンや混雑の見える化を行い、満員電車を解消する。(2017/2/27)

小池都知事、満員電車の解消に「快適通勤ムーブメント」を実施 2020年東京オリンピックに向け
鉄道利用者と鉄道事業者が連携して取り組む運動となります。(2017/2/26)

知事が妊婦になっちゃった? 男(ダン)ディ知事3人が“世界一”育児をしない日本の夫を代表して妊婦体験
妊婦体験で夫の心に変化が見られる……らしい。(2016/9/28)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
豊洲新市場の土壌汚染はどのくらい深刻なの?
東京都の小池百合子知事が、築地市場の豊洲への移転延期を正式に表明した。延期の理由で特に問題となっているのは環境問題なのだが、実際のところどのくらい深刻なのだろうか。(2016/9/8)

「ゴジラ含め、想定外に対応するのが防災」と小池都知事 「シン・ゴジラ」に言及
小池都知事が定例記者会見で、「シン・ゴジラ」に言及。都の防災については「ゴジラを含め、想定外に対応する」ことが重要だと述べた。(2016/9/5)

米ルイジアナ州で洪水が発生し知事が非常事態宣言 4人が死亡
嵐は落ち着いたものの、今もなお油断できぬ状況。(2016/8/15)

岩手県知事「のんに活躍の場を」 能年玲奈を支援する岩手県の「プロジェクトN」が始動
東日本大震災の復興に当たって「あまちゃん」に大きな力をもらい、その立役者への感謝と恩返しのため。(2016/8/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「電車には乗りません」と語った小池都知事は満員電車をゼロにできるか
東京都知事選挙で小池百合子氏が圧勝した。小池氏が選挙運動中に発した「満員電車をなくす、具体的には2階建てにするとか」が鉄道ファンから失笑された。JR東日本は215系という総2階建て電車を運行しているけれど、過酷な通勤需要に耐えられる仕様ではない。しかし小池氏の言う2階建てはもっと奇抜な案だ。そして実現性が低く期待できない。(2016/8/5)

橋下氏が辛辣ツイート「鳥越さん、ケツの穴小さくないか?」
政治家を引退した橋下徹弁護士の「Twitter」への書き込みが盛んだ。法律政策顧問を務める国政政党「おおさか維新の会」の党名変更問題から東京都知事選、米大統領選に至るまで、橋下節で縦横無尽に“突っ込み”を入れている。(2016/8/2)

スピン経済の歩き方:
なぜ鳥越俊太郎さんは文春・新潮を告訴するという選挙戦略をとったのか
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが、都知事選で落選した。敗因については、既にあちこちで評論がされているが、ひとつ疑問が残る。なぜ女性問題を報じた「文春」や「新潮」を告訴したのかということだ。この問題について、筆者の窪田氏は……。(2016/8/2)

仮釈放中の性犯罪者による「Pokemon GO」利用禁止──ニューヨーク州知事
ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏は、子どもたちを性犯罪者から守るため、仮釈放中の性犯罪者による「Pokemon GO」の使用を禁じると発表した。開発元のNianticにも協力を求めたとしている。(2016/8/2)

東京都知事選 小池百合子氏が当選確実 女性としては初の東京都知事に
20時に開票が始まるとすぐに当選確実に。(2016/7/31)

週刊「調査のチカラ」:
ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企画。高校生が間違える英単語から東京の未来(そして町田の将来)まで、5本の旬ネタをノンジャンルでお届けします。(2016/7/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京の「地下鉄一元化」の話はどこへいったのか
東京の地下鉄一元化は、2010年、石原慎太郎都知事時代にプロジェクトチームが発足し、国を交えて東京メトロとの協議も行われた。猪瀬直樹都知事が引き継いだ。しかし、舛添要一都知事時代は進ちょくが報じられず今日に至る。この構想は次の知事に引き継がれるだろうか。(2016/7/22)

スピン経済の歩き方:
鳥越俊太郎さんが「出馬はペンより強し」になった理由
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが東京都知事選に出馬した。「えっ、ジャーナリストが立候補!?」と思われたかもしれないが、報道に携わった人たちが立候補し、当選したケースは多い。「ジャーナリスト=権力を批判」というイメージが強いのに、なぜ彼らは立候補するのか。(2016/7/21)

石田純一、都知事選を断念 妻・東尾理子に「心配をかけた」
7月11日18時から会見を開きました。(2016/7/11)

東尾理子、夫・石田純一の都知事選出馬に待った 「出馬しない事を願っております」と心境を吐露
「正直、家族での話し合いはまだ出来ておりません」とのこと。(2016/7/8)

「都知事になってほしいキャラクター」1位は島耕作 女性スキャンダルに不安の声も
漫画や小説のキャラクターで都知事になってほしいのは? BookLive!調べ。(2016/6/27)

スピン経済の歩き方:
舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由
サンドバック状態だった舛添要一都知事が、ついに辞表を提出した。メディアや議会からの追及に対して、馬の耳に念仏といった感じで受け流していたのに、なぜ急に心がポキンと折れてしまったのか。(2016/6/21)

高市総務相、「ICT48」問題に「誠に残念」 桜井次官についてもコメント
「ICT48」問題で高市総務相が「誠に残念」とコメント。舛添都知事の後任に取りざたされている桜井事務次官の人柄についてもコメントした。(2016/6/15)

舛添要一知事、辞職の意向を固める
辞職願いを議長に提出する見込み。(2016/6/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
舛添知事の“お金”の使い方に、なぜ不満を感じるのか
舛添都知事が政治資金の使い方をめぐって揺れている。海外出張にかなりの費用をかけているが、海外から見ても法外なのだろうか。実は米国でも州知事が海外へ出張して、ちょこちょこ問題になっているのだ。だが……。(2016/5/19)

うどん県副知事・要潤、Instagramから「あなたが写っている写真」と“ナンの写真”が通知される
自ら「似てなくもないけど…」と認めてしまった。(2016/5/14)

なぜ舛添都知事の説明は響かないのか
毎週公費での湯河原別荘送迎などへの強い批判を受け、舛添都知事本人が釈明しました。しかしそれは効果があったでしょうか?(2016/5/11)

うどん県副知事の要潤、今度は「おりーぶ新鮮組」隊長として香川県産オリーブを熱烈アピール
そこにはうれしそうにオリーブオイルを注ぐ、要潤さんの姿が。(2016/2/17)

「ラブライバーなのでは……?」 疑惑の青森県知事に「ラブライブ!」を見たことがあるか聞いてみた
しかし矢澤にこのポーズの意図には共感しているという不思議な状況。(2016/2/5)

青森県知事、学校訪問でラブライブ「にっこにっこにー」を決め伝説となる→県「実は各校で決めています」
元気が出るポーズとして各校に布教中とのこと。(2016/1/22)

大田昌秀の「日本を背負って立つリーダーたちよ」:
90年の人生で確信したリーダーの条件とは?
研究者時代の長い海外経験、そして沖縄県知事として国内外の数多くのリーダーたちと交り合った経験などによって、大田昌秀氏が行き着いた理想のリーダー像とは。(2015/12/16)

大田昌秀の「日本を背負って立つリーダーたちよ」:
その後の人生を変えた沖縄戦
かつて沖縄県知事として日本政府や米国政府と何度も激しい議論を交わした大田昌秀氏。その大田氏が語るリーダーシップ論とは――。(2015/11/30)

東京五輪の東京ビッグサイト利用、都知事が計画変更を発表
拡張棟は五輪に使わなくなるが、整備は続ける。(2015/11/18)

さすがアニキだ! 高知県知事選挙のイメージキャラに「戦国BASARA」の長曾我部元親が決定
野郎共、俺についてこいよ!(2015/10/19)

「& TOKYO」ロゴ、ネットの類似ロゴ指摘に 都知事「問題ない」
舛添都知事は「記号なので著作権の対象でない」として、著作権上の問題はないとコメントした。(2015/10/13)

「&TOKYO」に「似ている」指摘ロゴの仏企業、「日仏友好のためロゴ変えるので支援を」と寄付金募集中
東京都が発表したロゴマーク「&TOKYO」が海外のロゴに似ていると指摘する声が上がっているが、舛添知事は「エンブレムとは違う」と問題ないとの認識を示した。一方、似ていると指摘されたフランス企業は「ロゴ変えるので支援を」と寄付金を募集している。(2015/10/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。