ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「沖電気工業」最新記事一覧

関連キーワード

パワー温度サイクル試験用設備を増設:
AEC-Q100の試験受託サービス体制を強化
OKIエンジニアリングは2016年7月、車載用半導体の信頼性試験基準「AEC-Q100」規格に準拠した試験受託サービス体制を強化した。(2016/7/12)

大型/高多層基板市場で国内トップシェア狙う:
OKI、日本アビオのプリント配線板事業を取得
OKIは、日本アビオニクスからプリント配線板事業を取得する。EMS(生産受託)事業拡大に向けて、難易度が高く信頼性が要求されるプリント配線板市場での事業強化を図る。(2016/7/8)

OKI、5年間無償保証に「消耗品バリューサービス」を加えた「COREFIDO3S」発表
5年間無償保証やメンテナンス品5年間無償提供に加え、導入コストと消耗品コストも削減。(2016/7/4)

製品評価・試験サービス:
信頼性問題をどうつぶす? 法規制や環境対応に対し試験受託の外部委託が増加
OKIグループにおいて、信頼性評価と環境保全の技術サービスを提供するOKIエンジニアリングは、試験委託の増加により、埼玉県本庄市に「第二EMCセンター」を開設した。(2016/3/25)

IoT市場でセンサーネットワーク構築を支援:
PALTEK、OKIの920MHz帯無線通信製品を販売
PALTEKは、沖電気工業(OKI)と販売パートナー契約を結び、920MHz帯無線通信製品の取り扱いを開始する。(2016/2/8)

新しい働き方にフィットするOKIデータの複合機:
PR:社内の無駄とストレスを削減! A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」モニターインタビュー(開発部門編)
OKIデータの「COREFIDO3」シリーズを実際のビジネス現場に導入し、その使い勝手を確かめてもらうモニター企画。前回に続き、今回はGameBankの開発部門の方に話を伺った。(2016/1/26)

モニター企画で仕事コストのダイエットを体験:
PR:社内の無駄とストレスを削減! A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」モニターインタビュー(管理部門編)
5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供という手厚いサポートに加え、シンプルな構造のLED方式であることを生かした「メンテナンスバリアフリー設計」と「クラウドメンテナンスプラットフォーム」により、高いメンテナンス性を誇るOKIデータの「COREFIDO3」シリーズ。スマートフォン向けゲームを開発する先進IT企業で、A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」を実際に導入していただき、その感想を聞いた。(2016/1/14)

製造IT導入事例:
920MHz帯無線の特性を生かした、AGVの遠隔制御システムを納入
沖電気工業は、同社の「920MHz帯マルチホップ無線ユニット」が、日産の栃木工場に無人搬送車の遠隔制御システムとして採用されたと発表した。(2015/12/11)

自動運転技術:
既存のETC車載器でGPSよりも高精度の測位を実現、自動運転技術に適用へ
沖電気工業は、ITS(高度道路情報システム)の路側機に「電波到来方向推定技術」を適用することで、既存のETC車載器を持つ車両や歩行者の位置を検出できる「次世代ITS路側インフラ無線技術」を開発した。±0.5mとGPSよりも高い位置精度を実現可能で、自動運転技術への適用を検討している。(2015/11/18)

SiC/GaNデバイスの故障を非破壊で解析:
印加電圧を±3000Vに拡大、パワー半導体向け解析
OKIエンジニアリング(OEG)は、パワー半導体素子向けの受託解析サービス「ロックイン赤外線発熱解析サービス」について、対応可能な印加電圧を±3000Vまで拡大した。SiC(炭化ケイ素)/GaN(窒化ガリウム)デバイスなどにおいて、不良個所の特定などが容易となる。(2015/11/10)

OKIデータ、40枚/分印刷対応のA4カラーLED複合機「MC780dnl」
OKIデータは、A4判印刷対応のビジネス向けLED複合機「MC780dnl」を発表。従来モデル「MC780dn」をベースに価格引下げが行われている。(2015/11/4)

OKIエンジニアリングがサービスを開始:
SiC/GaNデバイスの熱ストレス耐性を評価
OKIエンジニアリング(OEG)は、「300℃対応熱衝撃試験」サービスを開始した。次世代パワー半導体に対する熱ストレス耐性の評価が可能となる。(2015/10/15)

オノマトペ:
“同僚の忙しさ”を感じ取るテレワークシステム、沖電気ら開発
沖電気工業らは遠隔地でも“同僚の忙しさ”などを感じ取れる「超臨場感テレワークシステム」を共同開発した。音や動きをオノマトペで知らせ“遠隔地間の雰囲気共有”をスムーズに行う。(2015/9/30)

“100万円相当”の最新複合機を導入できるチャンス:
PR:仕事コストをダイエットできるA3カラーLED複合機――OKI「COREFIDO MC883dnwv」モニタープレゼント募集!
新発想のセルフメンテナンスサービスにより、プリンタ/複合機のダウンタイムを大幅に削減できるA3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」を導入してみませんか? 107万7840円(税込)の複合機本体に、5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供もお付けします。PC USER読者限定のモニタープレゼント募集となりますので、この機会をお見逃しなく!(2015/9/18)

北米自動車規格に準拠したトリプレートシステム:
車載機器向けの放射イミュニティ試験、OKIが開始
OKIエンジニアリング(OEG)は2015年7月、車載電子機器向けの電磁耐性試験として、北米自動車規格SAE J1113-25に準拠した「トリプレート試験」の受託サービスを開始したと発表した。(2015/7/31)

まるでオフィスにいるよう OKI、“超臨場感テレワークオフィス”公開
テレワークでも、“周囲の雰囲気を常に感じて、気になることがあれば同僚の様子を伺い、近付いて話しかける”という、オフィスと同じ感覚で働ける――。OKIが提案するのは、そんなシステムだ。(2015/7/16)

まるで同じオフィスにいるかのよう:
これが次世代オフィス! 超臨場感テレワーク
OKIは、次世代テレワークシステムのコンセプト「超臨場感テレワークシステム」を用いた実験オフィスを構築した。実験オフィスにおいて、実際の業務を対象としたテレワーク実証実験を行う。この成果は地方での雇用創出や介護離職対策などに向け、多彩なワークスタイルを実現する手段の1つとして提案していく。(2015/7/16)

OKIエンジニアリング パワーサイクル試験:
SiC/GaNデバイス向けパワーサイクル試験、劣化状況を非破壊で評価
OKIエンジニアリング(OEG)は、熱過渡解析付きパワーサイクル試験の設備を導入し、次世代パワー半導体デバイス向け「パワーサイクル試験」サービスを、2015年7月7日より開始する。(2015/7/3)

5年間無償保証+メンテナンス品5年間無償提供も健在:
スマホ/クラウドで複合機のダウンタイムを削減――OKIデータ「COREFIDO3」
OKIデータのLEDプリンタ/複合機「COREFIDO」が第3世代へ進化。初代の「保守コスト削減」、第2世代の「ランニングコスト削減」に続き、第3世代では「ダウンタイム削減」を掲げる。(2015/7/1)

車載電子機器向け過渡サージ試験サービス:
過渡サージ試験の受託試験能力を増強、車載電子機器向け
OKIエンジニアリング(OEG)は、車載電子機器向け過渡サージ試験の受託試験能力を増強した。新たに過渡サージ疑似発生装置を導入したことで、より迅速な対応が可能となる。(2015/6/19)

FAニュース:
SMT専用のメタルマスク版自動洗浄装置を発売、従来比25%小型化
沖電気コミュニケーションシステムズは、はんだ印刷用メタルマスク版の自動洗浄装置「ACT100Lite」を発表した。機能をSMT専用に特化し、メタルマスク版のサイズを小型に限定することで、小型化・低価格化を可能にした。(2015/6/9)

音でドローンを捕捉、方位・距離まで判定してアラート 沖電気が探知システム開発
飛行音を隠せない点に着目し、ドローンを空中音響技術で探知するシステムを沖電気工業が開発した。(2015/5/28)

ロボット開発ニュース:
飛行音は隠せない! 空中音響技術でドローンを探知
沖電気工業(OKI)は、空中音響技術を応用して飛来するドローン(無人飛行機)を探知する「ドローン探知システム」を開発。2015年6月1日より販売を開始する。(2015/5/28)

OKI 920MHz帯無線通信モジュール コーディネータタイプ:
IoT市場向け組み込み用無線通信モジュールにコーディネータタイプを追加
OKIは、IoT市場向けに、組み込み用「920MHz帯無線通信モジュール」のラインアップを拡充し、コーディネータタイプを発売した。マルチホップ無線ネットワークを上位のデータ収集装置やクラウドに接続するために集約する無線親機機能を搭載した。(2015/5/26)

実装技術 高密度基板実装:
T-Coin構造で放熱性能を20倍向上、銅コイン埋め込み高多層プリント配線板
OKIサーキットテクノロジーは、放熱性能を従来製品の20倍に高めた銅コイン埋め込み高多層プリント配線板の量産技術を確立した。大容量データ通信機器などの用途に向ける。(2015/5/20)

製造マネジメントニュース:
工場の再生工場か!? 国産EMSのOKIが横河電機 青梅事業所を取得
OKIは、横河電機のプリント配線板生産と基板実装の拠点である横河マニュファクチャリング 青梅事業所を取得することを発表した。(2015/4/1)

ビジネスニュース 事業買収:
OKI、横河電機の青梅事業所を取得
OKIは2015年3月31日、子会社のOKIプリンテッドサーキットが、横河電機のプリント配線板生産と基板実装の拠点である横河マニュファクチャリング青梅事業所(東京都青梅市)を同年4月1日付で取得すると発表した。これにより、OKIプリンテッドサーキットはプリント配線板生産能力を20%拡大させる。(2015/3/31)

製品評価・試験サービス:
製品試験の外部委託が加速? OKIエンジニアリングが新拠点を設立
OKIエンジニアリングは新たに日本電子部品信頼性センターの設備と人員を譲り受け「西東京試験センタ」を稼働させた。同社が製品や部品の評価や試験を行う拠点はこれで3拠点目となり、試験能力は新拠点の開設前に比べ25%向上するという。(2015/2/25)

実装技術:
実装基板のリペア作業時間を7割削減、カット自由なはんだ供給用マスク
沖電気工業(OKI)とシーエステック、中沼アートスクリーンは、PET製透明シールタイプのはんだ供給用マスク「シールdeマスク」を共同で開発した。実装基板のリペア作業や試作基板の作成など、使用量が比較的少ないはんだ付け用途に向ける。(2015/2/20)

テスト/計測:
加速度3万Gを加えて評価する航空宇宙向け半導体/部品試験サービスを開始へ
OKIエンジニアリング(OEG)は、航空・宇宙分野向け半導体部品の「定加速度試験」サービスを2015年2月21日より開始する。最大加速度3万Gの環境下で半導体部品の耐性評価を行うことが可能である。(2015/2/13)

OKIプリンテッドサーキット プリント基板:
0.35mmピッチで1000端子のLSIが実装できるプリント板
OKIプリンテッドサーキット(以下、OPC)は、端子ピッチが0.35mmで1000端子規模のLSI実装に対応可能な、最大板厚3.5mm(30層)プリント基板の量産技術を確立した。(2015/1/6)

FAニュース:
ゴムや樹脂の劣化度合いを分子構造レベルで解析するサービスを開始
OKIエンジニアリングは、自動車部品メーカーなどに向け「ゴム・樹脂材料の劣化解析サービス」の提供を開始した。(2014/12/29)

FAニュース:
沖電気コミュニケーションシステムズ、大型スクリーン版用の自動洗浄装置を発売
タッチパネル・有機ELディスプレイ(OLED)・大型プリント基板(PCB)などの工場向け。コンパクトながら高い洗浄能力を持つ。装置内で洗浄・乾燥をするため、オペレーターが溶剤に触れることなく安全で、洗浄液の臭いも出ない。(2014/10/19)

メモリ/ストレージ技術:
SSDやeMMCの比較評価サービスの提供を開始
OKIエンジニアリングは2014年10月1日、不揮発性メモリを用いたストレージデバイスの評価サービスの提供を開始したと発表した。eMMC(embedded Multi Media Card)やSSD(Solid State Drive)などの不揮発性メモリを使ったストレージの信頼性を同一条件で評価する。(2014/10/1)

ビジネスニュース:
電子部品の製造中止/代替品の調査を代行――OKIエンジニアリング
OKIエンジニアリングは2014年9月1日、製造業向けに、電子部品の製造中止情報と代替部品の調査を行う「電子部品のBCP(事業継続計画)支援サービス」の提供を9月1日から開始した。(2014/9/1)

FAニュース:
OKIエンジニアリング、工場向けにナノマテリアルの計測・評価サービスを開始
従業員へのナノマテリアルの曝露(ばくろ)防止と、外部への汚染防止を図る作業環境測定を、新たな設備投資なしで実施できる。(2014/8/4)

エネルギー管理:
「あべのハルカス」内の3万カ所を管理し、11社の装置をつなぐEMS
OKIとOKIウインテックは、超高層ビル「あべのハルカス」に納入したエネルギー管理システムの概要を発表した。ビル管理者だけではなく、テナントからの管理も一部受け付ける仕組みだ。(2014/7/14)

ESEC2014:
セキュアなネットワーク構築を実現、沖電気の920MHz帯無線ユニット
沖電気工業(OKI)は、センサーネットワーク構築に向けた920MHz帯無線通信モジュールおよび同モジュールを内蔵したマルチホップ無線ユニットを「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」に展示した。暗号化技術により、無線ネットワークの安全性を高めることができる。(2014/5/19)

実装技術 半導体パッケージ:
ワイヤボンディングの接続強度を測定、SiC/GaN半導体デバイスにも対応
OKIエンジニアリングは、次世代パワー半導体やタブレット端末向け高密度半導体製品などの組み立てに用いたワイヤボンディングの接続強度を測定できる「多機能ボンドテスタ」を新たに導入した。この装置を加えることでSiC(炭化ケイ素)、GaN(窒化ガリウム)などの基板材料や、Cu(銅)、Ag(銀)などのボンディングワイヤを用いて実装された半導体デバイスの接続強度を評価するための能力を高めたことになる。(2014/3/4)

メイドインジャパンの現場力(1):
OKI鶴岡工場はなぜ1年間で生産効率を抜本的に上げられたのか
プリント配線板を生産していた田中貴金属工業鶴岡工場は2012年10月、沖電気工業の買収によりOKI田中サーキットへと生まれ変わった。同工場は高い技術力を誇り航空・宇宙、防衛関連での実績がある一方で多品種少量生産型のビジネスモデル転換に悩んでいた。しかし、買収後1年でその状況は抜本的に変わった。その舞台裏には何があったのだろうか。OKI田中サーキット 代表取締役社長 野末正仁氏に話を聞いた。(2013/11/28)

実装ニュース:
銅ボンディングワイヤーに損傷与えずICパッケージを開封、OKIエンジが開発
OKIエンジニアリングは、ICパッケージの内部接続に用いられる銅ボンディングワイヤーに損傷を与えずにパッケージ樹脂を開封する技術を開発した。(2013/9/25)

モノづくり最前線レポート(37):
進撃の国産EMS、沖電気が描く日本型モノづくりの逆襲
国内工場が逆境に立つ中で“製造現場の強さ”そのものを武器とし、国産EMSとして業績を伸ばしているのが、沖電気工業 EMS事業本部だ。最後発の国産EMSとして成功した秘密はどこにあるのか。また日本型モノづくりの勝ち残る道はどこにあるのか。沖電気工業 常務執行役員 EMS事業本部長の清水光一郎氏に話を聞いた。(2013/8/8)

プロ向けのラインアップも拡充:
「プリンタもクラウドと連携し、スマートデバイスになる時代」――OKI、LEDプリンタ新製品発表会
OKIデータが、ビジネス向けLEDプリンタ「COREFIDO」シリーズの新モデルを発表。シェア10%の目標を達成するため、成長ジャンルの製品を拡充した。デザイン・印刷市場向け「MICROLINE」シリーズの新モデルも新たに投入する。(2013/5/23)

OKI、“ベストな効率化”をテーマにした総合ビジネス展「OKI PRNCOM 2013」を開催――5月22日/23日
OKIは、同社主催となる総合ビジネス展「OKI PRNCOM 2013」の開催を発表した。(2013/4/24)

Amazon商品券3000円が当たる!:
PR:伊藤洋一氏、楠木建氏と今後の日本企業の成長戦略を考える――OKI PRNCOM 2013
コンパクトでメンテナンス性に優れ、手厚い保証で人気のビジネスプリンタ「COREFIDO」の最新モデルに触れられる「OKI PRNCOM 2013」。“ベストな効率化”でワークスタイルの変革と生産性向上を考えるイベントに、あなたも参加してみませんか?(2013/4/15)

KIOSK 採用/導入事例:
新装歌舞伎座にKIOSK端末「SUKIT」を納入、OKI
2013年4月2日に新開場した東京・銀座の歌舞伎座に、沖電気工業の情報KIOSK端末「SUKIT(スキット)」が導入された。操作性やカスタマイズ性、保守性が高く評価されたという。(2013/4/2)

インドネシアの最大手銀行、沖電気の紙幣還流型ATMを採用
沖電気はインドネシアの銀行に初めてATMを導入した。(2013/3/6)

OKI、34枚/分印刷対応のオフィス向けA4カラーLEDプリンタ「C711dn2」など2製品
OKIデータは、ビジネス向きモデルとなるA4カラーLEDプリンタ「C610dn2」「C711dn2」の2製品を発売する。(2013/1/24)

NEWS:
クラウドサービスで管理する化学物質、製造業で役立つ
製造業には海外拠点と国内拠点で大容量データを共有するニーズがあるなど、クラウドサービスが役立つ下地がある。電通国際情報サービスと沖電気工業は、原材料や製品に含まれる化学物質情報を管理できるクラウドサービス「PLEXUS CM」を開発、サービス提供を開始した。(2012/11/13)

製造クラウド:
クラウドサービスで管理する化学物質、製造業で役立つ
製造業には海外拠点と国内拠点で大容量データを共有するニーズがあるなど、クラウドサービスが役立つ下地がある。電通国際情報サービスと沖電気工業は、原材料や製品に含まれる化学物質情報を管理できるクラウドサービス「PLEXUS CM」を開発、サービス提供を開始した。(2012/11/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。