ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シェアーズ」最新記事一覧

当社は「ホームレス」となります──喫茶店や公園を“オフィス”に選んだ「Sharez」
ソーシャルシェアリングサービス「Sharez」の運営企業が本社の「ホームレス化」を宣言。今後は喫茶店や公園をオフィスとして利用していくという。(2012/4/16)

「The Absolute Power〜KHAN〜」で気力獲得イベントを実施
(2008/4/4)

「The Absolute Power〜KHAN〜」、春の新規登録キャンペーン実施
(2008/3/13)

ボスモンスター討伐で年越し――「The Absolute Power〜KHAN〜」
(2007/12/26)

「The Absolute Power〜KHAN〜」3カ月連続で「月人の守護石獲得ランキング」を実施
(2007/12/19)

特別モンスター「雪だるま」が出現――「KHAN」、クリスマス直前イベント
(2007/12/13)

「KHAN」、高レベル向け新ダンジョン「シベリアエリア」を実装
(2007/12/4)

高レベル用マップ公開前にキャラクターの強化を――「KHAN」獲得経験値アップイベント
(2007/11/19)

「The Absolute Power〜KHAN〜」、初心者対象「モンスター増殖イベント」を開催
(2007/10/18)

レベル1から上位入賞を狙える!!――KHAN、「月人の守護石獲得ランキング」イベントを開催
(2007/10/5)

「KHAN」、獲得経験値+気力20%アップイベントを開催
(2007/9/20)

「KHAN」、ゲーム内イベント「月人の守護石獲得ランキング」開催
(2007/9/13)

特定のボスモンスター討伐で豪華賞品ゲット――「The Absolute Power〜KHAN〜」イベント
(2007/9/7)

レベル1から参加可能――KHAN、「月人の守護石獲得ランキング」実施
(2007/8/8)

出現モンスターは1000体――KHAN、「ブロツワプ要塞・アンデットモンスター襲撃イベント」を開催
(2007/7/24)

新ダンジョン「シベリアエリア(仮称)」実装前にレベルアップを――「The Absolute Power〜KHAN〜」
(2007/7/19)

KHAN、第2回「ボスモンスター討伐強化イベント」開催
(2007/7/11)

「KHAN」、中級者対象の新規クエストを実装
(2007/7/9)

KHAN、初心者向けブログ「タマゴのKHAN修行日記」を公開
(2007/7/5)

KHAN、「月人の守護石獲得ランキング」を実施
(2007/7/4)

目的不明? 特殊GMキャラクターが蠢く――「The Absolute Power〜KHAN〜」
(2007/6/28)

ボスモンスター討伐で賞金ゲット――「The Absolute Power〜KHAN〜」
(2007/6/19)

KHAN、GM主催イベント「第1回 草競馬・カラコルム賞」を実施
(2007/6/5)

KHAN、「ブロツワプ要塞モンスター増殖イベント」を実施
(2007/5/24)

KHAN、「新生ギルド結成支援キャンペーン」を実施
(2007/5/22)

「KHAN」、WebMoney導入記念キャンペーン
(2007/5/21)

KHAN、「カオスイベントin湿地ダンジョン」を実施
(2007/5/9)

「The Absolute Power〜KHAN〜」、ゴールデンウィーク連続キャンペーン
(2007/4/27)

プレミアムアイテムセットを期間限定発売――「The Absolute Power〜KHAN〜」
(2007/4/23)

「KHAN」正式サービス開始記念プレゼントキャンペーン
(2007/4/20)

「The Absolute Power〜KHAN〜」オープンβテスト開始
(2007/4/16)

MMORPG「The Absolute Power〜KHAN〜」オープンβテストを開始
(2007/4/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。