ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「天誅」最新記事一覧

ねとらぼ:
龍馬や政宗が画面いっぱいに “歴史メールソフト”、ジャストシステムから
「いざ交わせ、現代の密書」――戦国時代や幕末の気分を味わえるメールソフトがジャストシステムから。龍馬や政宗などのイラストを画面いっぱいに表示。「出陣じゃ」「天誅」などせりふも発する。(2010/4/20)

「忍者活劇 天誅 参 Portable」発売日8月6日に決定
(2009/5/29)

「天誅 4」モバイルサイトで「てんちゅ〜度診断」
(2009/2/6)

「天誅4」のマル秘画像が手に入る――「Aha天誅!〜どこが変わったのじゃ?」
(2009/1/27)

「天誅 4」、PSP版は2009年2月発売
(2008/12/5)

名古屋・大阪で「天誅4」店頭体験イベント開催決定
(2008/11/6)

東京ゲームショウ2008 フロム・ソフトウェアブース:
「天誅」「己の」「犬神家」――今年のフロムは“和”で勝負!
間もなく発売となる「天誅4」を筆頭に、なぜか和風テイストあふれる作品ばかり出展していたフロム・ソフトウェア。ブース内ではちょっと変わった新作タイトルも?(2008/10/12)

東京ゲームショウ2008 フロム・ソフトウェアブース:
こだわり抜いて作られた「天誅」最新作 ――天誅4クリエイターセッション
「天誅」シリーズは今年10周年! 発売を間近に控えた「天誅4」は初代「天誅」を作ったアクワイアが久々に開発に携わった。今回のステージでは、アクワイアのクリエイターたちと作曲の朝倉氏から、開発の裏話を聞くことができた。(2008/10/12)

東京ゲームショウ2008 フロム・ソフトウェアイベント:
シネマティックとはこういうことだ――フロム・ソフトウェア「NINJA BLADE」トークイベント
「天誅4」と並び、フロム・ソフトウェアブースの目玉となった、Xbox 360用忍者アクションゲーム「NINJA BLADE」。フロム・ソフトウェアブースでは、本作のプロデューサーである竹内将典氏によるトークイベントが開催された。(2008/10/11)

フロム・ソフトウェア×アクワイア――「天誅4 コラボレートイベント in TGS2008」開催
(2008/9/30)

10周年を迎えた忍者アクションは、隠れることに集約――「天誅4」制作発表会
フロム・ソフトウェアは、本格忍者アクション「天誅」シリーズの最新ナンバリングタイトルを発表した。制作発表会では、三部作で展開する構想も明かされた。(2008/6/6)

「天誅 千乱 ORIGINAL SOUNDTRACK」11月22日発売
(2006/11/20)

フロム・ソフトウェア「天誅 千乱」TGS2006に出展決定――協力任務によるイベントも
(2006/9/19)

「神業−KAMIWAZA−」レビュー:
お前のものはオレのもの。オレのものは民のもの――愉快、痛快、爽快の義賊活劇、ここに開幕
「天誅」や「忍道」などの時代劇アクションゲームには定評のあるアクワイアから、痛快泥棒アクションゲーム「神業−KAMIWAZA−」が登場した。泥棒アクションという聞きなれないジャンルだが、果たしてそのデキやいかに?(2006/9/12)

「天誅 彩女ノ章」「アーマード・コア」などをiモード向けに配信
(2006/6/20)

「天誅 DARK SHADOW」購入者限定プレゼントキャンペーンの応募詳細決定
(2006/5/17)

「天誅DARK SHADOW」購入者限定プレゼントキャンペーン実施
(2006/3/17)

「天誅 忍大全」ユーザー作成による6任務がダウンロード可能に
(2005/11/11)

東京ゲームショウ2005――マイクロソフトブース:
フロム・ソフトウェア、Xbox 360向けソフト「天誅 360」、「アーマード・コア 4」の発売を決定
マイクロソフトブースにて、フロム・ソフトウェアによるXbox 360向けタイトルの新作発表会が開催された。ここでは、「エム〜エンチャント・アーム〜」の新情報のほか、Xbox 360向け新作ソフト2本が発表された。(2005/9/17)

「天誅」シリーズから“凜”が参戦――「義経英雄伝 修羅」新要素を公開
フロム・ソフトウェアが2005年10月27日に発売を予定している、プレイステーション 2用ソフト「義経英雄伝 修羅」。今回は、前作の「指示出しシステム」をさらに進化させた「采配システム」や新キャラクターを紹介する。(2005/9/6)

「天誅 忍大全」クリエイター特別任務第4弾、日野氏プロデュース任務配信開始
(2005/8/26)

岡田耕始氏からの挑戦――「天誅 忍大全」クリエイター特別任務の第2弾が配信
(2005/8/5)

「天誅 忍大全」の予約特典「天誅 〜必携の書〜」は2種類ある?
(2005/7/12)

「天誅 忍大全」の敵対勢力公開――シナリオモードの流れもおさらい
フロム・ソフトウェアはシリーズ8作目となる「天誅 忍大全」をPSPで発売する。今回はプレイヤーの前に立ちはだかる強敵を紹介しよう。(2005/6/15)

「天誅 忍大全」オープニング映像&メインテーマが公開
(2005/6/13)

「天誅 忍大全」第3、第4の主人公が
「天誅」シリーズがPSPに見参。過去シリーズのあのキャラも操作可能との情報をゲット!(2005/5/23)

天誅“PSP”に見参! 「天誅 忍大全」は7月28日に発売
フロム・ソフトウェアはシリーズ8作目となる「天誅 忍大全」をPSPで発売する。発売日は7月28日。また力丸と彩女に会える。(2005/5/2)

3Dガンダムに8人対戦ボンバーマンも――BREWアプリ新作
BREWアプリに新作が追加される。タイトルは「機動戦士ガンダム3D」「対戦☆ボンバーマン2」「天誅」「ファミスタモバイル2005」「ストII」など。(2005/4/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。