ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「Visual Studio」最新記事一覧

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第4回 Visual Studio 2017のひな型コードを理解する
開発環境が自動生成するWindowsアプリケーションのひな型コード。これをマスターして本格的なVisual Studio開発に乗り出そう。(2017/5/26)

Mac版Visual Studio 2017、MySQL/PostgreSQL on Azureなども:
分散NoSQLデータベース「Cosmos DB」など マイクロソフト、Build 2017で開発者向け新機能/サービスを続々発表
マイクロソフトは、同社の年次開発者会議「Build 2017」で、開発者向けのクラウド新機能やサービスを多数発表。「Mac版Visual Studio 2017」や「MySQL on Azure」、大規模NoSQLデータベース「Cosmos DB」などがリリースされる。(2017/5/12)

「Build 2017」初日基調講演まとめ
Microsoftの開発者会議「Build 2017」の初日基調講演は「Visual Studio for Mac」など開発者向け発表が中心だったが、「Invoke」やPowerPointの同時通訳機能など、一般ユーザーにとっても興味深いデモも行われた。(2017/5/11)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第2回 Visual Studio 2017の基礎を知る
開発環境Visual Studio 2017を使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を習得しよう!(2017/4/21)

Xamarin対応のVisual Studio Toolsも:
Windows 10 Creators Update SDKに対応 「Visual Studio 2017」のアップデートがリリース
マイクロソフトは、Windows 10 Creators Updateの新機能に対応した「Visual Studio 2017」のアップデートをリリース。Xamarin Workbooks for C# 7をサポートした他、同梱のRedgate Data Toolsも更新された。(2017/4/10)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第1回 Visual Studio 2017って何ができるの?
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための定番連載をVisual Studio 2017に合わせて改訂。(2017/4/10)

GitHub対応、ビルド通知などの新機能:
マイクロソフト、Visual Studio 2017向け「Continuous Delivery Tools」最新版を公開
マイクロソフトは、「Visual Studio」向け拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」の最新版を公開。GitHub対応、ビルド通知などの新機能を追加した。(2017/4/5)

Dev Basics/Keyword:
Productivity Power Tools for Visual Studio 2017
Productivity Power Tools for Visual Studio 2017は、Visual Studio 2017のIDEの操作性/作業効率をさらに向上させるための拡張機能群。(2017/4/4)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
「Any Developer, Any App, Any Platform」 ―― Visual Studio 2017が目指す世界とは?
Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。その新機能と、実際にどんなアプリを開発できるのか見てみよう。(2017/3/24)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
Visual Studio Previewとは?
Visual Studio 2017の製品版のリリースと同時に始まった「Visual Studio Preview」と呼ばれる早期アクセスプログラムとはどういうものなのだろう。(2017/3/17)

.NET TIPS:
Visual Studio 2017のインストール前に、Visual Studio 2013/2015と2017プレビュー/RC版を完全にアンインストールするには?
ディスク容量の節約や「旧バージョンはもう使わない」などの理由で、古いバージョンのVisual Studioを完全にアンインストールしたい場合がある。これをできるだけ手間なく実施する方法を紹介する。(2017/3/13)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
軽量インストーラーとIDEに見られるVisual Studio 2017の進化
マイクロソフトが誇る統合開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」はどのような進化を遂げたのか。その一端を垣間見てみよう。(2017/3/10)

高速化、生産性向上、強力なAzureおよびUWP対応:
「Visual Studio 2017」が正式リリース 「何」が新しくなったのか
マイクロソフトは、ソフトウェア開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」の正式版をリリースした。具体的に「何」が新しくなったのだろうか。(2017/3/9)

Microsoft、「Visual Studio 2017」の正式版提供開始
Microsoftが統合開発環境「Visual Studio 2017」の正式版のダウンロード提供を開始した。また、Visual Studioの20周年を記念してライブストリーミングイベントを開催している。(2017/3/8)

Visual Studio 20周年記念イベントも開催、「VSあるある話」を募集:
マイクロソフト、「Visual Studio 2017」正式版を2017年3月7日にリリース
マイクロソフトは、ソフトウェア開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」正式版を2017年3月7日にリリースすると発表。登場20周年を記念したイベントを2017年3月7〜8日に実施する。(2017/2/13)

Gitを使った効率的なCI/CDに役立つ:
マイクロソフト、Visual Studio 2017のDevOps向け拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリース
マイクロソフトは、「Visual Studio 2017」にDevOps支援機能を付加する拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリースした。(2017/2/8)

「Advanced Save」の復活、「.NET Core」の改善など:
マイクロソフト、「Visual Studio 2017 RC版」の最新アップデートを公開
マイクロソフトが、「Visual Studio 2017 RC版」の最新アップデート版を公開。「.NET Core」「ASP.NET Core Tooling」のバグフィックス、「Team Explorer」の機能改良、インストール関連の問題などを改善した。(2017/2/1)

Visual Studio Codeなどを使って運用可能:
マイクロソフト、Azure Container ServiceにマルチコンテナLinuxアプリのCI/CD機能を実装
マイクロソフトが「Azure Container Service」へマルチコンテナLinuxアプリケーションのCI/CD機能のプレビュー版を実装。「Visual Studio」や「Visual Studio Team Services」、オープンソースの「Visual Studio Code」で利用できるようにした。(2016/11/22)

特集:Connect(); // 2016:
2つのVisual Studioとマイクロソフトの変化
2016年11月に開催された「Connect();」で登場した2つのVisual Studio。これらを簡単に紹介するとともに、その意味合いを探ってみよう。(2016/11/22)

Microsoft、「Visual Studio for Mac」を発表
開発者向けオンラインイベント「Connect(); // 2016」で発表された。(2016/11/17)

インストール簡易化、パフォーマンス強化、開発生産性向上に重点:
マイクロソフト、次期バージョン「Visual Studio "15"」での拡張機能に関する強化点を紹介
マイクロソフトは、Visual Studioの次期バージョン「Visual Studio "15"」での拡張機能に関する強化点を紹介した。(2016/11/15)

特集:Visual StudioとXamarinで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発:
第1回:Xamarinでアプリを作ろう
Visual StudioとXamarinでクロスプラットフォーム開発を始めよう! 今回はXamarinの概要について見た後、Hello Worldプログラムを作成する。(2016/9/23)

特集:Visual Studioで始めるPythonプログラミング:
Python Tools for Visual Studioのセットアップ
Python Tools for Visual Studioを使うと、高度な開発者支援機能を活用して、Pythonプログラミングが行える。今回はその概要について見ていこう。(2016/9/9)

Tech TIPS:
一目で分かる、Visual Studioの各バージョンのサポート期限
統合開発ツール「Visual Studio」にも、製品の実質的な寿命を左右する「サポート期限」が存在する。それが一目で分かるように、各バージョンのサポート期限を図示してみた。(2016/9/2)

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:
Visual Studio 15 Preview 4とC# 7の新機能
次期Visual Studioでは、開発者が快適に作業できるような改善や新機能追加が行われている。本稿ではIDEとC# 7でどのような改善が行われているかを見てみよう。(2016/9/2)

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:
Visual Studio 15 Preview 3の軽量版インストーラーを使ってみる
次期Visual Studioで採用予定の軽量インストーラーはどんなものか、また注目の改善点にどんなものがあるかを紹介する。(2016/8/5)

Visual Studioを強力なNode.js開発環境に:
マイクロソフト、「Node.js Tools 1.2 for Visual Studio」を公開
マイクロソフトは、「Visual Studio」をNode.js開発環境として使えるようにするオープンソースプラグインの最新版「Node.js Tools 1.2 for Visual Studio」を公開した。(2016/8/2)

AWSで実現するWindows「DevOps」環境(前編)
いつもの「Visual Studio」から始められる――AWSでの.NET開発とは?
オンプレミスが常識だったWindowsのアプリケーション開発がアマゾン ウェブ サービス(AWS)によるクラウド開発で変わりつつある。AWSは豊富なツールを備え、「Visual Studio」との連携も強化。AWSによってWindows開発はどう進化するのか。(2016/8/1)

特集:Xamarin.Formsを知る:
XamarinアプリのMacでのビルドとiOS Simulator for Windows
Visual StudioとMacを連携して、XamarinアプリをMac上でビルド/実行する方法と、Windowsで使えるiOS Simulatorを紹介する。(2016/7/21)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio Codeのおすすめ拡張機能
Visual Studio Codeの拡張機能の中から「ちょっとオススメ」「ちょっと面白い」というものを紹介していこう。(2016/6/22)

Gitでのソース管理をより簡略化:
「Visual Studio 2015」の最新アップデートが公開、ソース管理の生産性を高める新機能を追加
米マイクロソフトは、開発ツール「Visual Studio 2015」の最新アップデートを公開。ソース管理の生産性を高める新機能を追加した。(2016/6/20)

GitHub上で公開:
マイクロソフト、Visual Studio 2015対応の「Macros for Visual Studio」をオープンソース化
マイクロソフトは、「Visual Studio 2015」でマクロを使えるようにする拡張機能「Macros for Visual Studio」をリリースし、コードをオープンソース化した。(2016/5/16)

新しい軽量インストーラを用意:
マイクロソフト、「Visual Studio "15" Preview 2」を公開
マイクロソフトは、「Visual Studio」の次期バージョンの最新プレビュー「Visual Studio “15” Preview 2」を公開した。(2016/5/13)

“新タイプ“のクロスプラットフォーム開発ツールに変革:
マイクロソフト、オープンソースコードエディタ「Visual Studio Code 1.0」をリリース
マイクロソフトは無償公開するクロスプラットフォームコードエディタの正式版「Visual Studio Code 1.0」をリリースした。(2016/4/18)

Microsoft、「Visual Studio Code」のバージョン1.0安定版を公開
Microsoftが、オープンソースのコードエディタ「Visual Studio Code」のWindows、Mac、Linux版バージョン1.0を公開した。プレビュー版は累計200万本インストールされ、1000以上の拡張機能が構築された。(2016/4/15)

Microsoft、マルチプラットフォームアプリ開発ツール「Xamarin」を無償に
Microsoftが、2月に買収を発表したAndroidおよびiOS向けモバイルアプリ開発ツール「Xamarin」をVisual Studioに統合し、無償で提供すると発表した。(2016/4/1)

特集:RTVSで始めるRプログラミング:
R Tools for Visual Studioを使ってみよう
Visual Studio用のR言語プラグインをインストールして、R言語の初歩の初歩に触れてみよう。(2016/3/25)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第1回 Apache Cordovaでできること
Visual Studioは単なるWindowsアプリ開発ツールではない。本連載ではVisual Studioを使ってiOS/Androidアプリを開発する基礎知識を紹介していく。(2016/3/15)

開発者の要望に応える姿勢もアピール:
マイクロソフトが「R Tools for Visual Studio」のプレビュー版を公開。Eclipse Foundationにも参加へ
マイクロソフトは、オープンソースの統計解析言語「R」を「Visual Studio」で利用可能にするための無料プラグインを発表、プレビューを公開した。(2016/3/10)

Edgeの対応も予告、Webアプリ開発がはかどる:
「Visual Studio Code」がChromeデバッグプロトコルに対応
マイクロソフトはオープンソースのコードエディタ「Visual Studio Code」で、Chromeのデバッグプロトコルに対応する拡張機能をオープンソースソフトウェアとしてリリースした。(2016/2/29)

特集:クロスプラットフォーム開発新時代:
Visual Studio+Xamarin.Forms+Xuniでクロスプラットフォーム開発
Xuniはモバイルアプリ開発で便利に使えるコントロールキットだ。本稿ではXamarin.FormsとXuniを組み合わせて簡単なアプリを作ってみる。(2016/1/29)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio Codeの拡張機能を作成する
コードジェネレーターが生成したひな型コードを例に、Visual Studio Codeの拡張機能の構造やその作り方を見ていこう。(2016/6/3)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio Codeの拡張機能を使ってみよう
Visual Studio Codeは拡張機能(エクステンション)をインストールすることで、さらに強力なエディターへと姿を変える。本稿では拡張機能の使い方を見てみよう。(2016/8/22)

特集:Connect 2015:
Visual Studio Dev Essentialsとは何か
マイクロソフトが新たに発表したサブスクリプションプログラム「Visual Studio Dev Essential」について考察していこう。(2015/11/26)

Microsoft、「Visual Studio Code」(β)をオープンソースで公開 Googleの「Go」もサポート
Microsoftが、Windows、Mac、Linuxで使えるコードエディタ「Visual Studio Code」をオープンソースでGitHubで公開した。Googleのプログラミング言語「Go」やPascal、F#他多数の言語をサポートする。(2015/11/19)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために(2):
PR:2020年に向けたアプリ移行は2ステップで計画を――「Visual Studio 2015」が強力支援
開発者やシステム管理者にとって悩みの種がソフトウェアの「サポート期間」だ。2020年のWindows 7サポート終了に向けて、まずはIE対応アプリケーションの対策を行い、将来的な投資の一環として既存デスクトップアプリケーション資産の移行を順次進めていきたい。(2015/11/5)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために:
PR:今から備えるWindows Vista/7サポート終了――アプリ移行の鍵は「Visual Studio 2015」
Windows Vistaは2017年4月、Windows 7は2020年1月にサポートが終了する。まだ先の話と思うかもしれないが、旧世代アプリケーションの移行がスムーズに進むとは限らない。今からWindows 10世代の環境を見据えた移行ロードマップを立てておけば安心だろう。(2015/10/29)

ロボット×クラウド:
レゴをVisual Studioで制御しデータをAzureで分析、小学生でも取り組める教育カリキュラム
レゴとマイクロソフトが、ロボットを題材にしたプログラミング教育カリキュラムを共同で提供。「ビッグデータ時代のIoTの基本」を遊びながら学べる内容だ。(2015/10/27)

「CEDEC AWARDS 2015」の最優秀賞を受賞したVisual Studio:
PR:マイクロソフトがゲーム開発者に「CEDEC 2015」で伝えたかった思い
ゲーム開発者を対象としたカンファレンスイベント「CEDEC 2015」において日本マイクロソフトが多数のセッションを通じて伝えたかったメッセージは何なのか。@ITで行ったゲーム開発者向けアンケートの結果から分かるゲーム開発者が抱える課題や、「CEDEC AWARDS 2015」の最優秀賞を受賞したVisual Studioの役割、Windows 10のゲーム向け機能とともにお伝えする。(2015/9/30)

CEDEC 2015まとめ:
ゲームバー、Cortana、Edge、HoloLens、Bridge、DirectX 12、ANGLE――Windows 10はゲーム開発者に何をもたらすのか
8月26日に開催されたゲーム開発者向けイベントの中から、ゲームバー、Cortana、Edge、HoloLens、UWP、Bridge、DirectX 12、Cocos2d-x、ANGLE、Visual Studio Tools for Unity、Xbox LiveなどWindows 10関連の講演模様をお届けする。(2015/9/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。