ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「Visual Studio」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Visual Studio」に関する情報が集まったページです。

常時接続PC向けArm64アプリを作成できる:
Microsoft、「Visual Studio 2017 15.8 Preview 1」でArm64対応ツールの初期プレビュー版を提供
2018年5月初めにリリースされた「Visual Studio 2017 version 15.8 Preview 1」には、64bit Armアプリを作成できるSDKとツールの初期プレビュー版が含まれている。(2018/5/15)

特集:Microsoftテクノロジーの現在と未来:
IntelliCode:AIを利用した効率的なコーディングを実現?
AIを利用して効率的なコーディングを実現しようという「IntelliCode」。その概要と、Visual Studio以外の環境で試す方法を紹介。(2018/5/15)

AIが開発を支援する「Visual Studio IntelliCode」も:
Microsoft、「Project Kinect for Azure」などエッジおよびクラウド向けAIソリューション開発を支える新技術を多数発表
Microsoftは開発者向け会議「Build 2018」において、「Project Kinect for Azure」「Speech Devices SDK」「Visual Studio IntelliCode」など、開発者がAIソリューションを開発できるようにする新しい技術を発表した。(2018/5/9)

HamburgerがNavigationViewに:
Microsoft、「Visual Studio 2017」用拡張機能「Windows Template Studio 2.0」を公開
ウィザード形式でUWPアプリのひな型を作成できる「Visual Studio 2017」用拡張機能の最新版「Windows Template Studio 2.0」が公開された。(2018/4/20)

Visual Studio Code TIPS:
VS CodeでMarkdownをプレビューするには?
Visual Studio Codeを活用するためのテクニックや、ベンリな拡張機能などを紹介する新連載がスタート! 今回はMarkdownのプレビューの方法を紹介。(2018/4/20)

Dev Basics/Keyword:
Visual Studio Live Share:開発者間のリアルタイムコラボレーションを実現
VS Live ShareはVS 2017/VS Codeを利用して、複数の開発者がコラボレーションをしながら開発を進めることを可能とするツール。(2018/3/23)

dotTEST 10.3.3:
VB.NET/C#向けテスト自動化ツールがVS2017対応
テクマトリックスがVB.NETとC#に対応したテスト自動化ツール「dotTEST」の最新版を提供開始した。新たに「Visual Studio 2017」に対応、開発環境から離れることなくテストを実行できる。(2018/3/14)

Mobile World Congress 2018:
Google、iOS/Androidアプリ開発向けオープンソースSDK「Flutter」をβ公開
Googleが、iOSおよびAndroidアプリを同時に開発できるオープンソースのSDK「Flutter」のベータ版を公開した。Android Studioだけでなく、Visual Studio Code、Swift、IntelliJ IDEAをサポート。高速に、高品質なモバイルアプリを開発できるとしている。(2018/2/28)

Dev Basics/Keyword:
Power Commands for Visual Studio
Power CommandsはVSのIDEをより便利に、より使いやすいものにしてくれる機能を詰め合わせた拡張機能だ。(2018/2/27)

アプリのラフスケッチをコードに変換する「Ink To Code」、Microsoft Garageから
Microsoftのインキュベータープロジェクト「Microsoft Garage」から、アプリのワイヤーフレームスケッチをVisual Studioのコードに変換するUWPアプリ「Ink To Code」が北米で公開された。(2018/1/29)

Visual Studioで始めるGoogle Cloud Platformプログラミング:
GoogleのクラウドでもVisual Studioからいつも通りに使えるってホント?
Googleが提供する「Cloud SDK」と「Cloud Tools」を使うことで、Visual Studioを使っていつもの操作感でGoogleのクラウド環境を利用できるかを見てみよう。(2018/1/29)

PR:いま開発ツールの世界に何が起きているのか――最新ツールとVisual Studioサブスクリプションで変わる開発環境
クラウド技術など開発者を巡る環境の目まぐるしい変化に合わせて、開発ツールのトレンドも大きく様変わりしている。日本マイクロソフト テクニカルソリューションプロフェッショナルの井上章氏に鈴木淳也がインタビュー。(2018/1/17)

Visual Studio最新プレビュー版に多数の新機能を追加:
Microsoft、Windows用/Mac用の「Visual Studio 2017」最新バージョンのプレビュー版を公開
Microsoftは、Windows用の統合開発環境の最新バージョンのプレビュー版「Visual Studio 2017 version 15.6 Preview 2」とMac用の「Visual Studio for Mac version 7.4 Preview」を公開した。(2018/1/16)

Visual Studioで始めるGoogle Cloud Platformプログラミング:
C#でGoogle Cloud PlatformのCloud Vision APIを使ってみよう
Googleが提供するクラウドプラットフォームの機能を、Visual StudioとC#という.NET開発者が手慣れた環境から利用してみよう!(2017/12/22)

特集:Visual Studio Codeを使いこなそう!:
Visual Studio Codeの設定「虎の巻」:Python編
VS CodeでPythonプログラミングを快適に行うのに必須である拡張機能のインストールと、その機能や設定項目を紹介する。(2018/4/24)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(33):
機械学習で注目のPythonを学ぶVisual Studioで始めるPythonプログラミング入門
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第33弾は、機械学習で注目を集めているプログラミング言語「Python」の基本をまとめた「Visual Studioで始めるPythonプログラミング入門」だ。(2017/10/26)

特集:Visual Studio Codeを使いこなそう:
Visual Studio Codeの設定「虎の巻」:構文ハイライト/配色テーマ自作編
Visual Studio Codeの構文ハイライトのカスタマイズと、カスタマイズした設定を含んだ配色テーマ拡張機能を自作する方法を見ていこう。(2017/10/20)

最新版のWindows 10に対応した開発が可能:
Microsoft、「Windows 10 Fall Creators Update SDK」を公開
Microsoftは、「Windows 10 Fall Creators Update SDK」のダウンロード配布を開始した。「Visual Studio 2017」の最新版「バージョン15.4」と組み合わせて使うことで、Windows 10 Fall Creators Updateの最新ツールとAPIを活用できる。(2017/10/13)

Dev Basics/Keyword:
C#インタラクティブ
C#インタラクティブを使うと、Visual Studioあるいはコマンドプロンプトなどで、C#コードを対話的に入力、実行できるようになる。(2017/10/3)

Microsoft、量子コンピュータ向けプログラミング言語を年内プレビュー公開へ
70年代から量子コンピュータの研究に取り組んできたMicrosoftが、「Visual Studio」と統合した量子コンピュータ向けプログラミング言語のプレビュー版を年内に無料で公開する。(2017/9/26)

特集: Visual Studio 2017で始めるAzure Functions開発:
Azure Functionsプロジェクト開発の基本的な流れ
Azure Functionsはインフラ管理不要で、小規模なプログラムコードを実行するための仕組みだ。Visual Studioでその開発を行うための基本的な手順を見てみよう。(2017/9/22)

.NET TIPS:
Visual Studioでエディタやウィンドウなどの配色を変更するには?
Visual Studioの[オプション]ダイアログを使い、文字色や配色テーマなどを変更/エクスポートする方法と、Color Theme Editorで独自の配色テーマを作成する方法を紹介する。(2017/9/20)

特集:Visual Studio Codeを使いこなせ:
Visual Studio Codeの設定「虎の巻」:配色編
VS Codeは「ワークベンチ」と呼ばれるGUI要素を細かな部分までカスタマイズできる。これを行う方法と各種設定項目を見てみよう。(2017/9/15)

特集:Visual Studio Codeデバッグ入門:
第3回 Visual Studio CodeでC#コードをデバッグするための構成ファイル設定の基本
VS CodeでC#コードをデバッグする際の基本手順と、それに必要なtasks.jsonファイル/launch.jsonファイルの設定内容について見てみよう。(2017/9/1)

.NET TIPS:
Visual Studioで特定の変数の値を監視し続けるには
Visual Studio 2017の[ウォッチ]ウィンドウを使うと、プログラムのデバッグ中に特定の変数の値を監視し続けたり、任意の式を評価して表示したりできる。(2017/8/30)

Windows 10 Fall Creators Updateに向けたアプリ開発機能を強化:
Microsoft、「Visual Studio 2017 バージョン 15.4 Preview」を公開
Microsoftが「Visual Studio 2017 バージョン 15.4 Preview」を公開。Windows 10 Fall Creators UpdateをターゲットにしたUWPアプリ/マルチプラットフォーム対応アプリ開発者を支援する機能が強化されている。(2017/8/29)

特集:Visual Studio Codeを使いこなそう!:
Visual Studio Codeの設定「虎の巻」:IDE編
Visual Studio Codeは多くの部分をユーザーが自由に設定できる。その基本と、IDEを中心とした設定項目を取り上げる。Visual Studio Codeを自分色に染めてみよう!(2018/4/17)

特集:Visual Studioで始めるPythonプログラミング:
Visual Studio 2017におけるPythonサポート
[Python 開発]ワークロードのインストール方法、[Python 環境]ウィンドウ、[Interactive]ウィンドウ、ソリューションエクスプローラーの構成などを説明する。(2017/8/18)

特集:Visual Studioで始めるリファクタリング:
後編 Visual Studio 2017のリファクタリング機能
変数レベル/メソッドレベル/型レベルでのリファクタリングを支援するために、Visual Studio 2017が提供している機能を取り上げる。(2017/8/16)

特集:Visual Studioで始めるリファクタリング:
前編 リファクタリングとVisual Studio
リファクタリングとは何か、リファクタリングを効率的かつ安全に行うためにVisual Studio 2017が提供している支援機能の概要を見ていこう。(2017/8/9)

特集:Visual Studio Codeデバッグ入門:
第2回 Visual Studio Codeのデバッグ構成ファイルの基本:Node.js編
Visual Studio Codeはlaunch.jsonファイルで構成を行うことで、デバッグをさまざまに構成可能だ。Node.jsを対象に構成ファイルの取り扱いの基本を説明する。(2017/8/4)

全チーム、全作業の進捗を把握するための管理機能などを強化:
Microsoft、アプリ開発管理支援ツールの最新版「Team Foundation Server 2017 Update 2」を公開
Microsoftが、Visual Studioによるアプリ開発やチーム支援ソフトウェアの最新版「Team Foundation Server 2017 Update 2」を公開。アプリケーション開発におけるバージョン管理やコード共有、タスク管理、プロジェクトを円滑に進めるためのチーム間連携を支援する。(2017/7/26)

特集:Visual Studio Codeデバッグ入門:
第1回 Visual Studio Codeでデバッグをするための基礎知識
Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう。(2017/7/21)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第6回 IntelliSenseを活用してキモチいいコーディングを実現しよう
Visual Studio 2017の入力支援機能を使うと、プログラムコードをより高速に、より正確に入力することが可能だ。そうした機能を幾つか紹介していこう。(2017/6/30)

JSON形式の設定変換ファイルに対応:
マイクロソフト、Visual Studio向け拡張機能「SlowCheetah」の最新リリースを公開
マイクロソフトは、「Visual Studio」向け拡張機能「SlowCheetah」の最新リリースを公開。ビルド構成ごとに、アプリ設定や接続文字列などを変更するための設定変換ファイルを簡単に追加できるようになった。(2017/5/29)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第4回 Visual Studio 2017のひな型コードを理解する
開発環境が自動生成するWindowsアプリケーションのひな型コード。これをマスターして本格的なVisual Studio開発に乗り出そう。(2017/5/26)

Mac版Visual Studio 2017、MySQL/PostgreSQL on Azureなども:
分散NoSQLデータベース「Cosmos DB」など マイクロソフト、Build 2017で開発者向け新機能/サービスを続々発表
マイクロソフトは、同社の年次開発者会議「Build 2017」で、開発者向けのクラウド新機能やサービスを多数発表。「Mac版Visual Studio 2017」や「MySQL on Azure」、大規模NoSQLデータベース「Cosmos DB」などがリリースされる。(2017/5/12)

「Build 2017」初日基調講演まとめ
Microsoftの開発者会議「Build 2017」の初日基調講演は「Visual Studio for Mac」など開発者向け発表が中心だったが、「Invoke」やPowerPointの同時通訳機能など、一般ユーザーにとっても興味深いデモも行われた。(2017/5/11)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第2回 Visual Studio 2017の基礎を知る
開発環境Visual Studio 2017を使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を習得しよう!(2017/4/21)

Xamarin対応のVisual Studio Toolsも:
Windows 10 Creators Update SDKに対応 「Visual Studio 2017」のアップデートがリリース
マイクロソフトは、Windows 10 Creators Updateの新機能に対応した「Visual Studio 2017」のアップデートをリリース。Xamarin Workbooks for C# 7をサポートした他、同梱のRedgate Data Toolsも更新された。(2017/4/10)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第1回 Visual Studio 2017って何ができるの?
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための定番連載をVisual Studio 2017に合わせて改訂。(2017/4/10)

GitHub対応、ビルド通知などの新機能:
マイクロソフト、Visual Studio 2017向け「Continuous Delivery Tools」最新版を公開
マイクロソフトは、「Visual Studio」向け拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」の最新版を公開。GitHub対応、ビルド通知などの新機能を追加した。(2017/4/5)

Dev Basics/Keyword:
Productivity Power Tools for Visual Studio 2017
Productivity Power Tools for Visual Studio 2017は、Visual Studio 2017のIDEの操作性/作業効率をさらに向上させるための拡張機能群。(2017/4/4)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
「Any Developer, Any App, Any Platform」 ―― Visual Studio 2017が目指す世界とは?
Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。その新機能と、実際にどんなアプリを開発できるのか見てみよう。(2017/3/24)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
Visual Studio Previewとは?
Visual Studio 2017の製品版のリリースと同時に始まった「Visual Studio Preview」と呼ばれる早期アクセスプログラムとはどういうものなのだろう。(2017/3/17)

.NET TIPS:
Visual Studio 2017のインストール前に、Visual Studio 2013/2015と2017プレビュー/RC版を完全にアンインストールするには?
ディスク容量の節約や「旧バージョンはもう使わない」などの理由で、古いバージョンのVisual Studioを完全にアンインストールしたい場合がある。これをできるだけ手間なく実施する方法を紹介する。(2017/3/13)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
軽量インストーラーとIDEに見られるVisual Studio 2017の進化
マイクロソフトが誇る統合開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」はどのような進化を遂げたのか。その一端を垣間見てみよう。(2017/3/10)

高速化、生産性向上、強力なAzureおよびUWP対応:
「Visual Studio 2017」が正式リリース 「何」が新しくなったのか
マイクロソフトは、ソフトウェア開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」の正式版をリリースした。具体的に「何」が新しくなったのだろうか。(2017/3/9)

Microsoft、「Visual Studio 2017」の正式版提供開始
Microsoftが統合開発環境「Visual Studio 2017」の正式版のダウンロード提供を開始した。また、Visual Studioの20周年を記念してライブストリーミングイベントを開催している。(2017/3/8)

Visual Studio 20周年記念イベントも開催、「VSあるある話」を募集:
マイクロソフト、「Visual Studio 2017」正式版を2017年3月7日にリリース
マイクロソフトは、ソフトウェア開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」正式版を2017年3月7日にリリースすると発表。登場20周年を記念したイベントを2017年3月7〜8日に実施する。(2017/2/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。