トップ10
» 2004年10月16日 18時23分 UPDATE

ITmedia LifeStyle Weekly Access Top10(10月8日〜14日)旧型「PSX」はアップグレードできるのか?

12月に登場する新「PSX」には、「x-アプリ」と呼ばれるエンターテインメントソフトが初期導入されている。ここで気になるのは、旧機種への対応だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 12月に登場する新しい「PSX」、「DESR-7500/5500」には、「x-アプリ」と呼ばれるエンターテインメントソフトが初期導入されている。x-アプリは、Playstation 2譲りのEE+GSを活用したものだ。もともとPS2のゲームをプレイできたり、高速なUI(ユーザーインタフェース)などを特徴としているPSXだが、ゲーム的なグラフィック処理が「x-アプリ」のように新しい“付加価値”として提供されたことで、より魅力が増したと感じる。

 それは同時に、PSXが録画機としての基本機能を充実させたためだとも思う。従来のPSXは、どちらかというと割り切った仕様で、CPRMへの対応など足りない部分が多かった。DVDレコーダーとして購入するときは、妥協も必要だったのだ。

 しかし、今回の「DESR-7500/5500」は、コピーワンス放送のムーブをサポートしたうえ、スポーツ延長対応や“おまかせ録画”も搭載している。外部入力の追加、RF出力、DV入力といったハードウェア面の強化も含め、他社製品や「スゴ録」と比べても、少なくとも機能面では見劣りしなくなった。同じスタートラインに立ったことで、改めてPSXは、ゲーム機が同居するメリットを訴求できるようになったと思う。

 さて、ここで気になるのは、旧機種への対応だ。これまでオンラインアップデートで機能を追加し続けてきた「PSX」だが、新しいフューチャーは旧機種でも利用できるのだろうか?

 残念ながら、答えは“NO”だ。ソニーマーケティングでは、「見た目は従来機種と似ているが、中身は別物。旧機種のアップグレードは予定していない」と話している。「新橋23時」を体験したければ、新製品を購入するしかない。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.