ニュース
» 2005年02月08日 15時00分 UPDATE

世界最小・最軽量ハンディカム――ソニー「DCR-PC55」

ソニーマーケティングが、DVカメラ“ハンディカム”「DCR-PC55」を発表。「タバコケースサイズ・缶ジュース1本分」の世界最小・最軽量ボディには大型液晶が採用され、使いやすさも売りだ。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは2月8日、DVカメラ“ハンディカム”「DCR-PC55」を発表した。「民生用DVカメラでは世界最小・最軽量」(同社)。3月10日から発売する。価格はオープンで市場想定価格は8万5000円前後になる見込み。

photo 世界最小・最軽量のハンディカム「DCR-PC55」
photo

 “パスポートサイズ”を売りにしたハンディカムシリーズは、これまで小型軽量サイズにこだわってきた。そのハンディカム最新機種となるDCR-PC55は、サイズが45(幅)×99(高さ)×72(奥行き)ミリとなり、投影面積ではパスポートより小さい“タバコ(洋モク)サイズ”になった。重さも約360グラム(撮影時、本体のみは約290グラム)と缶ジュース(350ml)1本分という軽量ボディに仕上がっている。

photo
photo

 世界最小・最軽量ながらも、液晶モニタは見やすい大型3インチ液晶ディスプレイを採用。透過型と反射型の両方の特性を備え屋外でも屋内でも見やすいハイブリッドタイプで、画面に触れて操作できるタッチパネル機能を搭載。モニタ部に操作ボタンを配した「液晶ヨコボタン」も装備した。

photo

 レンズは光学10倍のCarl Zeiss「バリオ・テッサー」を採用。焦点距離は35ミリ換算で44〜440ミリ(F1.7〜2.2)。デジタルズームは120倍。置くだけで簡単に充電ができる「ハンディカムステーション」を付属。 電源のオン/オフにあわせてレンズカバーが自動開閉する「オートレンズカバー」機能を搭載。

photo 置くだけで簡単に充電ができる「ハンディカムステーション」

 1/6インチ68万画素CCDを採用し、動画は68万画素、静止画は34万画素を使って撮影可能。静止画の最大解像度は640×480ピクセル。4種類の再生スタイルで静止画を楽しめる「スライドショープラス」機能を搭載。本体カラーはシルバーとブラックの2色をラインアップ。

photo

 主な仕様は以下の通り。

製品名 DCR-PC55
記録フォーマット DV方式
撮像素子 1/6インチ68万画素CCD
有効画素数 動画:68万画素、静止画:34万画素
レンズ 光学10倍バリオ・テッサーF1.7〜2.2
デジタルズーム倍率 120倍
手ぶれ補正 電子式
液晶ディスプレイ 3インチワイド(12万3200画素)
メモリカード メモリースティックDuoスロット
静止画記録画素数 最大640×480ピクセル(JPEG)
連続撮影時間 約110分(付属NP-FA50、ビューファインダーON)
実撮影時間 約65分(付属NP-FA50)
サイズ 45(幅)×99(高さ)×72(奥行き)ミリ
撮影時重量 約470グラム(バッテリー込み)
実売価格 8万5000円前後
発売時期 3月10日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.