トップ10
» 2005年08月05日 18時54分 UPDATE

LifeStyle Weekly Access Top10ジョブズ氏は“ロックスター”

突如来日して、iTMS-Jの開始を宣言したスティーブ・ジョブズ氏。彼のスピーチを聴く度に、大企業のCEOとは思えぬエンターティナー性を感じずにいられません。

[渡邊宏,ITmedia]

 今週のトップはiTunes Music Store開始の速報。今回のランキングは8月4日 24時までの集計なのですが、ニュースとして掲載してから1日足らず(実質的には半日程度)でランキングトップになってしまうとは、関心の高い事柄とはいえiTMS-J恐るべしです。

 発表会の様子は4位にランキングした記事(ジョブズ氏来日――「iTMS-Jは日本のためにつくられた」)にまとめられていますが、ジョブズ氏の来日はトップシークレットだったようで、ジョブズ氏が現れた瞬間、会場はどよめきに包まれました。

 8月6日にアップルストア渋谷のオープンを控えていることあってか、ジョブズ氏は上機嫌に見えました。身ぶり手ぶりも軽やかです。ファッションはいつも通り黒の上下。足下までは確認できませんでしたが、たぶん靴も黒でしょう。

photo 軽やかな手の動きにカメラもついていけませんでした
photo 「アップルは日本が大好きです」
photo 五代目 古今亭志ん生の落語をオーディオブックで聴く。「よく分からないんだけど、コメディみたいだね」

 「iTunes Music Storeを日本でも開始します」「楽曲の90%は150円です」。ジョブズ氏からコメントが発せられるたびに起こる歓声と拍手。似たような風景をどこかで……と発表会の後に考えていましたが、最後にゲストのBeckがステージに現れたところまでを思い出したところでハタと気が付きました。

 「あ、ロックフェスだ」

 オーディエンスの反応を熟知したような手慣れたステージ進行を見せ、カリスマ性にあふれるたたずまいをしたかと思えば、ステージの後にはブースで一般のお客さんに混じってiTMS-Jでのダウンロードに興じる気さくさ、どれをとってもミュージシャンに通じるエンタテインメント性を感じます。

 ミュージシャンといえば、自身のレーベル「デイジーミュージック」がiTMS-Jに参加する佐野元春氏も発表会に出席していたとか。佐野氏は発表会の後、銀座(発表会場は有楽町なのですぐ近所です)をぶらぶらとしていたという情報も入っています。ウワサですけど。

photo 「来年フジロックに出たいと思うんだけど、どうかな?」「うーん、どうだろう……」(この会話はフィクションです)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.