連載
» 2007年07月19日 08時46分 UPDATE

デジモノ家電を読み解くキーワード:DLNA (2)――デジタル家電のホームネットワーク

異種機器間でコンテンツの共有を可能にするDLNAは、“標準化された技術の寄せ集め”的な特徴を持つ。今回は、そのガイドラインの詳細と著作権保護技術への対応について解説しよう。

[海上忍,ITmedia]

基本はサーバー/クライアント

photo

 DLNAでは、異機種の接続を“つなぐだけ”で実現する。その中核となる技術が、Microsoftを中心に制定された「UPnP」(Universal Plug and Play)だ。

 ユーザー側から見たUPnPの特徴は、IPネットワークに接続できること、設定なしに通信を含めた各種機能が利用できること、有線/無線LANやIEEE 1394など幅広い通信機器をサポートすることの3点。DLNA 1.0では、そのうち物理層として有線LAN(Ethernet 10/100BASE-T)と無線LAN(IEEE 802.11a/b/g)をサポート、「DMS」と「DMP」の2種に分類される機器によりTCP/IP上を流れるHTTPプロトコルで通信を行う仕組みだ。

 そのDMS(Digital Media Server)は、コンテンツを他の機器に提供するサーバーとしての機能を果たす。一方のDMP(Digital Media Player)は、DMS上のコンテンツを再生するクライアントだ。DMSにはDVDレコーダーなど保存能力のある機器を、DMPにはテレビのように表示/再生能力を持つ機器を想像すれば理解しやすいだろう。

メディアフォーマットの定義

 対応するメディアフォーマット(コーデック)についても規定がある。動画や音声など、コンテンツの種類ごとに必須とオプションが決められ、DLNA 1.0ではJPEGやMPEG-2が必須とされた。

 さらに現行バージョンのDLNA 1.5では、固定型の機器と比べ再生能力に乏しいモバイル機器向けにコーデックを定義(下表)。DLNA 1.0ではDMSとDMPというシンプルな構成も、DLNA 1.5ではDMC(Digital Media Controller)やM-DMS(Mobile Digital Media Server)など、新たに10種が追加されている。

DLNA 1.5が対応するメディアフォーマット
種類 必須 オプション
一般向け動画 MPEG-2 MPEG-1、MPEG-4、WMV9
一般向け静止画 JPEG GIF、PNG、TIFF
一般向け音声 LPCM AAC、MP3、AC3、WMA9、ATRAC3plus
モバイル向け動画 MPEG-4 AVC/H.264 MPEG-2、MPEG-4、VC-1、H.263
モバイル向け静止画 JPEG GIF、PNG、TIFF
モバイル向け音声 MP3、MPEG-4 AAC LC MPEG-4 AE-AAC、MPEG-4 AAC

デジタル放送も共有可能

 DRNA 1.5におけるもう1つの変化が、DLNAリンクプロテクションガイドラインの設定。DTCP-IPを必須の、Windows Media DRM for Network Devices(WMDRM-ND)をオプションのDRMとしてサポート、プロテクトされたコンテンツが再生可能になった。

 DTCP-IPはデジタル放送の出力インタフェースとして承認されているので、DLNA 1.5準拠の機器を購入すれば、地デジなどコピーワンスの番組もネットワーク上で共有可能だ。社団法人電波産業会(ARIB)が定めた運用規定では、クライアントは最大8台、かつ同一のサブネットに限定されるが、対応機器が順調に増えればコピーワンスのコンテンツもかなり扱いやすくなることだろう。

関連キーワード

デジタル家電 | DLNA


執筆者プロフィール:海上忍(うなかみ しのぶ)

ITコラムニスト。現役のNEXTSTEP 3.3Jユーザにして大のデジタルガジェット好き。近著には「デジタル家電のしくみとポイント 2」、「改訂版 Mac OS X ターミナルコマンド ポケットリファレンス」(いずれも技術評論社刊)など。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.