ニュース
» 2008年04月24日 17時38分 UPDATE

パイオニアと松下がPDP技術を“融合”、両社が基本合意

パイオニアと松下電器産業がPDPパネル・モジュールの開発と戦略的な生産供給に関する包括提携を行うことで基本合意した。両社は技術の“融合”を進め、2009年秋にパイオニアが発売する新製品に搭載する計画だ。

[ITmedia]

 パイオニアと松下電器産業は4月24日、PDPのパネル・モジュールの開発と戦略的な生産供給に関する包括提携を行うことで基本合意した。PDPの自社生産から撤退したパイオニアに対して松下がパネルを供給。開発および生産の効率アップとコスト競争力の増強に繋げる。5月をメドに正式に提携を行う。

photophoto パイオニア「KURO」(左)と松下の「VIERA」

 今回の基本合意により、両社は技術の“融合”を進める。パイオニア「KURO」の“高発光効率化技術”“高コントラスト化技術”“パネル超薄型化技術”と、松下が「VIERA」の進化形として開発を進めている「Neo PDP」の“高効率化技術”などを合わせ、省エネ、高画質のPDPパネル・モジュールを開発する方針。開発は松下が主体となって行い、パイオニアが協力する。

 パネルモジュールは松下の工場で生産し、2009年秋にパイオニアが発売するPDP製品に搭載できるよう供給を開始する。画面サイズについては、現在の「KURO」(42V型、50V型、60V型)を視野に、ユーザーの要望や市場競争力を勘案しながら協議を進めるという。なお、今回の提携によって両社は共通のPDPパネルを採用することになるが、互いが「独自の画像処理技術を生かすことで、それぞれが特徴のあるプラズマテレビを提供できる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう