レビュー
» 2008年05月09日 18時31分 UPDATE

オリンパス「E-420」とパンケーキレンズの薄さを楽しむ (1/7)

オリンパスから軽快さを感じさせるデジタル一眼レフカメラ「E-420」が登場した。同時発表のパンケーキ型レンズ「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」を組み合わせて使ってみた。

[小山安博,ITmedia]

 オリンパスからデジタル一眼レフカメラ「E-420」が登場した。E-4xxシリーズといえば、デジタル一眼レフでは一般的なグリップをばっさりとそぎ落としたことで、薄型かつ軽量なボディを実現したモデルだ。

 E-4xxシリーズとしては、E-400(国内未発売)E-410に続く3代目となるE-420は、センサーの一新やライブビューの強化などに加え、パンケーキ型レンズ「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」もあわせて投入。セットで利用するとより一層薄型のシステムを実現できる。

photo 「E-420」。レンズは同時発売のパンケーキ型「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」。ちなみにこのレンズ、キャップはネジ式でちょっと付け外しが面倒。オリンパスによれば薄さにこだわったためだという

得がたい薄型軽量ボディ

 デザイン上の特徴はなんといってもその薄さ。キヤノンのEOS KissシリーズやニコンのD40など軽量なデジタル一眼レフはほかにもあるが、E-420はEOS Kiss X2の61.9ミリ、D40の64ミリと比べても薄い、奥行き53ミリを実現。重さもKiss X2とD40が約475グラムであるのに対し、E-420は約380グラムだ。

 キットレンズ「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」も小型軽量で、サイズは65.5(直径)×61(高さ)ミリ、190グラム。Kiss X2のキットレンズ「EF-S 18-55mm F3.5-F5.6 IS」は68.5(直径)×70(高さ)ミリ、200グラム。D40のキットレンズ「AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II」は70.5(直径)×74(高さ)ミリ、205グラム。キットレンズと組み合わせてもE-420は薄く、軽い。

photophoto
photophoto キットレンズ「ZUIKO DIGITAL ED14-42mm F3.5-5.6」(左)と“パンケーキレンズ”「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」(右)の装着時。パンケーキの薄さが際だつ

 本体と同時に発表された「ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8」ならば64(直径)×23.5(高さ)ミリ、95グラム。パンケーキ型なので当然ながら薄く軽い。まさにE-420にジャストフィットするレンズだといえる。筆者の場合、このレンズがあったからE-420を購入したぐらいだ。

 ただ、グリップを廃してこれだけの薄さを実現したかわりに、E-420は構えた時の安定性が犠牲になっている。ボディ内手ブレ補正機能を備えていないので、シャッタースピードが遅い状態では、手ブレしないように気をつける必要がある。

 E-410も同様のデザインだったが、E-420ではわずかにグリップ部分が変更されており、構えやすくなったように感じる。筆者の手で持つ限り、左手を添えて包み込むようにして構えれば安定するので、「しっかりと構える」ことに留意していれば問題ないだろう。ボディの軽快感を損なわない軽いレンズを組み合わせれば、ホールド時の安定感も増す。

 とはいえ、やはりボディ内手ブレ補正が搭載されなかったのは惜しい。軽快さを前面に押し出したこのE-420ならば、手ブレ補正を搭載することでさらに女性やエントリー層へアピールできたはず。これだけの薄型ボディへ手ブレ補正機能をおさめるのは困難かもしれないが、低価格の手ブレ補正内蔵レンズがないフォーサーズとしては、この辺りは不利な点でもある。

 ボディの小型化という意味では、E-410と同様のCF/xDのデュアルスロットも気にかかる。小型化追求という意味ではCFではなくSDメモリーカードを使った方がメリットがあると思う。さらに言えば、xDピクチャーカード推進派の立場としては難しいのかもしれないが、xDよりも容量と速度面で有利なSDメモリーカード1本に絞った方が、CF/xDのデュアルスロットより小型化できるだろう。

 そんな要望も思いついてしまうが、E-420の軽快感あふれるボディは実に魅力的。10万円以下という実売価格を考えても質感は高い。モノとしての魅力は十分にある。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.