ニュース
» 2008年06月04日 10時07分 UPDATE

防水性能強化、レンズも広角28ミリ「オプティオ W60」

ペンタックスが防水防じん性能を強化したコンパクトデジカメ「オプティオ W60」を発売。水深4メートルで連続2時間の撮影が可能なほか、28ミリからの広角レンズも搭載。

[ITmedia]

 ペンタックスは6月4日、コンパクトデジタルカメラ「オプティオ W60」を6月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売価格は4万円を切る程度になる見込み。

photo 「オプティオ W60」。男性向けのシャープなデザインも特徴のひとつ
photophoto カラーはシルバー、コーラルピンク、オーシャンブルーの3色

 昨年2月に発表された、防水・防じん性能を強化したコンパクトデジカメ「オプティオ W30」の後継機種。操作部分の構造を改良したほか、機密性を高めることでさらに防水性能を高め、水深4メートル/連続2時間の水中撮影を可能とした(W30は水深3メートルで連続2時間の水中撮影が可能)。

 また、JIS保護等級5級(防じん型)の防じん性能も備えるほか、マイナス10度の環境下でも動作も可能とマリンスポーツからウィンタースポーツ、フィッシングやガーデニングなどのアウトドア、キッチンなどさまざまなシチュエーションで活用できる。

 約98(幅)×55.5(高さ)×24.5(奥行き)ミリ、約125グラム(本体のみ)の小型軽量ボディながら屈折光学系を採用することで35ミリ換算で約28〜140ミリの光学5倍ズームレンズを搭載。デジタルズーム“インテリジェントズーム”を併用することで、最大約28.5倍のズーム撮影も行える。なお、同社コンパクトデジカメで28ミリからの広角レンズを搭載するのは本製品が初となる。

 背面にはIPS液晶を利用した2.5型/約23万画素モニターを搭載。上下左右170度の視野角が確保されているほか、外光反射を抑えるAR(Anti-Reflection)コートが施されており、屋外での画像確認も容易となっている。

photophoto 背面(左)、上面(右)

 撮像素子は1/2.3型 有効1000万画素CCDで、1280×720ピクセルの大画面動画の撮影も可能。ISO感度を最高6400まで自動調整して手ブレを軽減する「Digital SR」モード、動画撮影時の手ブレを電子的に抑える「Movie SR」などのブレ補正技術も採用されている。

 被写体と撮影状況をカメラが自動判別し、最適な撮影モードを選択してくれる「オートピクチャー」機能もさらに進化。従来の風景/ポートレート/夜景/標準に加え、新たに夜景ポートレート/花/スポーツの7種類を用意している。

 顔認識機能「顔認識AF&AE」も搭載。最短約0.03秒で検出を行うほか、一度に最大32人までを認識する。笑顔を判別して自動撮影する「スマイルキャッチ」や撮影した瞬間に目をつぶってしまったことをカメラが教えてくれる「まばたき検出」などの機能も備えており、より快適なスナップ撮影が行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう