ニュース
» 2009年10月14日 16時39分 UPDATE

ビクター、ワイヤレスウーファーで設置自由度高めたサラウンドシステム

日本ビクターがホームシアターサウンドシステム「TH-BA1」を発売する。フロントサラウンドユニットとワイヤレス接続のウーファーを組み合わせた、設置自由度の高さが特徴。

[ITmedia]

 日本ビクターは10月14日、ホームシアターサウンドシステム「TH-BA1」を11月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

photo 「TH-BA1」

 バータイプのフロントサラウンドユニットとワイヤレス接続のウーファーを組み合わせた、設置自由度の高い4.1chサラウンドシステム。

photophoto 設置イメージ(写真=左)、フロントサラウンドのイメージ(写真=右)

 フロントのスピーカーユニットには、8センチ径のフルレンジスピーカーを4機搭載、それぞれは独立して駆動し、サラウンドの音場を作り出す。ドルビーデジタル/DTS/AAC/リニアPCMの各サラウンドフォーマットに対応するほか、CDなど2chステレオのソースもサラウンド再生することが可能だ。

 サイズはフロントサラウンドユニットが900(幅)×125(高さ)×85(奥行き)ミリ/3.5キロ、サブウーファーが215(幅)×352(高さ)×254(奥行き)ミリ/5キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.