ニュース
» 2010年02月03日 18時26分 UPDATE

「らくらくオート撮影」搭載の乾電池対応エントリー機「COOLPIX L22」「COOLPIX L21」

ニコンがコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」の新製品として「COOLPIX L22」「COOLPIX L21」を発売。カメラ任せで気軽に撮影を楽しめるエントリーモデルだ。

[ITmedia]

 ニコンは2月3日、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」の新製品として「COOLPIX L22」「COOLPIX L21」を2月19日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格はCOOLPIX L22が1万6000円前後、COOLPIX L21が1万3000円前後。

photophoto 「COOLPIX L22」「COOLPIX L21」

「COOLPIX L22」はCOOLPIX L20、COOLPIX L21はCOOLPIX L19のそれぞれ後継となる製品で、COOLPIX L22は1/2.3型 有効1200万画素CCDに35ミリ換算37〜134ミリの光学3.6倍ズームレンズを、COOLPIX L21は1/2.5型 有効800万画素CCDに35ミリ換算41〜145ミリの光学3.6倍ズームレンズを組み合わせる。

 主な撮影機能は共通しており、撮影状況をカメラが自動判別して最適なシーンモードを設定する「らくらくオート撮影」や被写体/カメラのブレを検出してISO感度を調整する「モーション検知」、最大12人までの顔を認識してAE/AFなどを調整する顔認識機能も備える。

 いずれも単三形乾電池での駆動に対応しており、外出先での電池切れにも対処しやすい。アルカリ乾電池利用時での撮影可能枚数は、L22が240枚、L21が280枚。サイズはL22が約97.9(幅)×60.5(高さ)×28.3(奥行き)ミリ/約135グラム(本体のみ)、L21が約92(幅)×61.1(高さ)×28.3(奥行き)ミリ/約121グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう