ニュース
» 2010年02月15日 11時00分 UPDATE

新生活の相棒に:ヤマハ、スタイリッシュなiPodクロックラジオ「TSX-80」を発売

ヤマハは、クロックラジオ付きのiPodオーディオ「TSX-80」を3月から順次発売する。ライトブルー、アイボリー、ダークパープルのカラーバリエーションを用意した。

[ITmedia]

 ヤマハは、クロックラジオ付きのiPodオーディオ「TSX-80」を3月から順次発売する。3色のカラーバリエーションを用意しており、市場想定価格は各2万5000円前後。このうちライトブルーを新生活シーズンに合わせた3月中旬に発売。アイボリーとダークパープルも4月中旬には店頭に並ぶ予定だ。

photophotophoto 「TSX-80」には3つのカラーバリエーションがある。左からライトブルー、アイボリー、ダークパープル。アイボリーとダークパープルは4月中旬発売予定

 上面にiPodドックを備えたクロックラジオ機能付きのコンパクトオーディオ。昨年末に「TSX-W80」という型番でいったん発表したものの、開発の遅れにより出荷が延期された製品。仕様変更(ワイヤレス機能を省略)を加えてコストを下げ、改めてリリースすることになった。

 3機種とも柔らかい色遣いが特徴。フロントパネルには透明感のあるクリア素材を用い、ノブダイヤルはシックなモノトーンとした。また上面の操作ボタンは自照式。「部屋の片隅に飾りたくなる、洗練されたインテリアのような雰囲気を目指した」(同社)という。クリアなフロント部には、現在時刻を大きめに表示。表示の明るさは3段階の調節が可能で、部屋の明るさに応じて自動調整する照度センサーも搭載している。

photo リモコン

 アラーム機能はスヌーズにも対応する。アラーム音には、FM/AMラジオやiPodに収録した楽曲を選択できるほか、これら音楽ソースとビープ音を組み合わせたモードも用意している。この場合、設定した時刻の3分前から音源ソースの再生を開始し、徐々に音が大きくなって、設定時刻になるとビープ音が鳴る仕組みだ。なお、最初は人がストレスを感じやすい高い周波数帯域をカットして徐々に再生するなど、「快適な目覚めをサポートする」機能を備えた。

photo 低音再生のイメージ。底面に5.5センチ径のサブウーファーを搭載している

 スピーカーは、4センチフルレンジを用いたフロントL/Rに加え、底面に5.5センチ径のサブウーファーを備えた2.1チャンネル構成。低音を補強するSR-Bassや、好みの音に調節できるトーンコントロールも備えている。内蔵アンプの出力はフロントが4ワット+4ワット。サブウーファーが8ワット。

 入力端子はiPodドックにくわえ、ステレオミニジャックを備えている。ドック対応機種は、iPod(第5世代)、iPod classic、iPod nano、iPod touch、iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GS。

 外形寸法は、260(幅)×90(高さ)×141(奥行き)ミリ。重量は1.2キログラム。赤外線リモコン、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、ACアダプターなどが付属する。

 なおTSX-80は、ヤマハの直販サイト「Yダイレクト」が実施する「春のiPodオーディオキャンペーン」対象機種。2月15日から4月14日までの期間中に同製品をYダイレクトで購入すると、先着100名に「iTunes Card」をプレゼント。詳細はYダイレクトの告知ページを参照してほしい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう