レビュー
» 2010年03月24日 19時13分 UPDATE

iPod Style:日常も非日常も――大容量ソーラー充電バッテリー「700-SBT003」を試す

サンワサプライの「700-SBT003」は、太陽光充電が可能なバッテリーパック。ACによる充電も可能となっており、日常のサブバッテリーとしても活用できる。

[戸津弘貴,iPod Style]
iPod Style

 サンワサプライの「700-SBT003」は、太陽光充電が可能なソーラーパネルを備え、3,000mAhの容量を持った大容量バッテリーパックである。

photo 「700-SBT003」

 大きさ的にはiPhone 3Gよりも一回り大きいという感じで、重量は約145グラム。本体上部にストラップホールがあるので、ストラップをつける事で、ベルトやバッグのストラップに下げて使用できる。充電用のポートは「5.4V」(5.4V/500mA)と「USB」(5V/600mA)の2つが設けられており、5.4Vポートからは付属充電ケーブルを利用することでiPod/iPhone、携帯電話(docomo FOMA/SoftBank 3Gおよびau)の充電が行える。USBポートは、iPod/iPhoneのほかにもイー・モバイルの「Pocket WiFi」(D25HW)などのデータ通信端末などの充電もできる。

photophoto

 iPhone 3G/3GSの充電に関しては、バッテリー残量がゼロの状態では、5.4VポートおよびUSBポート(純正Dockコネクタ使用)いずれの場合にも充電できなかった。iPhone 3G/3GSの充電に関しては、充電残量がある状態からの充電を行う必要があるようだ。iPhone 3G/3GSでバッテリー残量の警告が出始める残量20%から充電を行った場合、約2回分の充電が行えた。

photophoto

 本体バッテリーパックは、ソーラーパネル使用時で約28時間(環境による)、ACアダプタで4〜5時間程度の充電で満充電状態となる。帰宅後にはACアダプタで充電を行い、外出時はなるべく太陽光にあたるように持ち運ぶ事で、放電分を補ったり、使用して消費した分を少しでも回復する事ができるかもしれない。また、ソーラーパネルで充電する際、太陽光が最も効率よく充電できるが、蛍光灯などの光でも充電は行われる。

 サンワダイレクト限定商品で6980円という価格は、同じくソーラーパネルを備えた小型バッテリーパック「700-SBT002」が800mAhで3780円である事を考量すると、お買い得感が高い。ソーラー充電可能な大容量バッテリーという観点から、防災用に準備するほか、屋外でのUstream中継など、アウトドアでのガジェット充電にも重宝するだろう。

photo

関連キーワード

iPod | iPhone | バッテリー | 太陽光発電


Copyright (C) 2002-2016 - iPod Style - All rights reserved.