ニュース
» 2010年06月09日 13時22分 UPDATE

三洋電機、2Kリアル対応の高輝度プロジェクター「LP-HF10000L」を発売

三洋電機は、解像度2K(2048×1080ドット)リアル対応、輝度1万ルーメンを実現したプロジェクター「LP-HF10000L」を発売する。

[ITmedia]
photo 「LP-HF10000L」

 三洋電機は6月9日、1万ルーメンの高輝度を実現し、解像度2K(2048×1080ドット)リアル対応のプロジェクター「LP-HF10000L」を10月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実売価格は480万円前後になる見込みだ。

 380ワットの高出力ランプを2灯採用し、光効率を従来機比で2倍以上に向上させ、輝度1万ルーメンを実現した。AC100Vでの使用が可能で、AC200Vの電気配線工事を不要とした。

 新開発された「QuaDrive光学エンジン」は、耐光性に優れた液晶材料を採用した無機配向膜液晶パネルに、無機偏光板と無機光学補償板を組み合わせることで、高信頼性と高画質化を両立させたという。

 複数のプロジェクターを並べたマルチ画面構成で自然な映像を可能にするため、映像が重なり合う部分の輝度をコントロールして境界を目立たなくする「エッジブレンディング機能」、プロジェクター間で色再現域のバラツキを補正する「カラーマッチング機能」を搭載する。

 色再現性は10億7000万色、コントラスト比は3000対1、外形サイズは530(幅)×268(高さ)×757(奥行)ミリ。入力インタフェイスには、DVI-D、D-Sub15ピンなどにくわえHDMI(Ver. 1.3 Deep Color対応)も装備する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.