ニュース
» 2010年07月21日 19時35分 UPDATE

サイズで選べる3Dグラス、パナソニックが発表

パナソニックは、“3D VIERA”専用オプションとして、液晶シャッター式3Dグラス3製品を8月末に発売する。頭のサイズに合わせて選べる3サイズをラインアップ。

[ITmedia]

 パナソニックは7月21日、“3D VIERA”専用オプションとして、液晶シャッター式3Dグラスの新製品を発表した。頭のサイズに合わせて選べる3サイズをラインアップ。価格はオープンプライスで、実売想定価格はいずれも1万3000円。8月27日に発売する予定だ。

photophoto
型番 TY-EW3D2SW(Sサイズ) TY-EW3D2MW(Mサイズ) TY-EW3D2LW(Lサイズ)
頭周囲目安 48〜53センチ 53〜60センチ 60センチ以上
価格 オープン(1万3000円前後)
発売日 8月27日

 “かけやすさ”にこだわった3Dグラス。頭周囲の大きさによってS/M/Lの3サイズを用意したうえ、それぞれ両目の幅やテンプル(つる)部分の大きさも調整した。

photo TY-EW3D2SW(Sサイズ)

 レンズ部分の薄型化や構造の見直しにより、従来品より約40%の軽量化に成功。とくにSサイズは、約38グラムと「世界最軽量」(同社)という。

 電源として充電池を内蔵したことも新製品の特長。パッケージに含まれているUSB充電ケーブルを使い、VIERAやDIGAのUSB端子につないで充電できる。約2時間の充電で連続30時間以上の使用が可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう