ニュース
» 2010年10月14日 01時04分 UPDATE

東京スカイツリー、一夜限りのライトアップ試験

東京都墨田区に建設中の「東京スカイツリー」で13日夜、ライトアップ用LED照明器具の試験点灯が行われた。東京スカイツリーが初めて淡い光を発し、美しい塔身を照らし出した。

[ITmedia]

 東京都墨田区に建設中の「東京スカイツリー」で10月13日、ライトアップ用LED照明器具の試験点灯が行われた。試験は2時間半というわずかな時間だったが、東京スカイツリーが初めて淡い光を発して、美しい塔身を照らし出した。

ts_sky011.jpgts_sky012.jpgts_sky013.jpg 試験点灯の様子。地上350メートルにある第一展望台とそのすぐ下、地上160メートル付近、そしてタワーの根元で照明を点灯。淡い紫や青、をイメージしたきらめく光を見ることができた

 試験点灯は、照明器具の色合いや性能などを調べるために行われたもので、スカイツリーの西側(浅草方面)の一部を51台のLED照明器具で照らし出した。開業後は、約2000台のLED照明を用いて「粋」(いき)と「雅」(みやび)と名付けられた2つのパターンが1日ごとに現れる予定。今回の点灯試験では両方の発光パターンを見ることができた。

 「粋」は、隅田川の水をモチーフとした淡いブルーを基調としたデザインで、一方の「雅」は、江戸紫をテーマカラーとして、金箔(きんぱく)のようなきらめく光をバランス良くちりばめるという。

photo 2009年10月に公開された東京スカイツリーのライティングデザイン。照明デザイナー・照明コンサルタントの戸恒浩人(とつね ひろひと)氏が担当した

 東京スカイツリーは、2011年春の開業を目指して建設中。現在の高さは488メートルで、年内には500メートルを超える予定だ。完成すると、電波塔としては世界一の634メートルになる。

ts_sky020.jpgts_sky021.jpg 昼間の東京スカイツリー。休日には多くの人が訪れる

関連キーワード

東京スカイツリー | LED照明


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう