ニュース
» 2010年11月05日 12時43分 UPDATE

フロントプロジェクター世界初:ビクター「DLA‐X7」が「THX 3Dディスプレイ規格」の認証を取得

ビクター・JVCは、ホームシアタープロジェクター「DLA‐X7」が米THX社が定める「THX 3Dディスプレイ規格」の認証を取得したと発表。

[ITmedia]
photo 「DLA‐X7」

 ビクター・JVCは11月5日、12月上旬に発売予定のホームシアタープロジェクター「DLA‐X7」が米THX社の定める「THX 3Dディスプレイ規格」の認証を取得したと発表した。同社によれば、フロントプロジェクターが取得するのは世界初。

 「THX 3Dディスプレイ規格」は、2Dおよび3D再生時に「映画監督の意図する映像を家庭で忠実に再現する」ことを目的に制定された。正確な色再現性やクロストークの少なさ、視野角やビデオ処理など、400以上の画質テストが課される。

 DLA‐X7はD-ILA(Direct-Drive Image Light Amplifier)デバイス3枚を使用したフルハイビジョン対応のフロントプロジェクターで、フレームシーケンシャル方式による3D表示に対応する“3Dレディーモデル”だ。価格は84万円。3Dメガネ(1万7850円)と3Dシンクロエミッター(9450円)は別売。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう