ニュース
» 2011年01月14日 12時14分 UPDATE

スカパー!HD録画も:シングルチューナー機も3DとBDXLに対応、“AQUOSブルーレイ”「BD-HDS63」

シャープは“AQUOSブルーレイ”の新製品として、シングルチューナーモデルの「BD-HDS63」を2月15日に発売する。「スカパー!HD録画」にも対応しており、内蔵チューナーによる録画と併用して2番組を同時に録画できる。

[ITmedia]

 シャープは1月14日、Blu-ray Discレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品として、シングルチューナーモデルの「BD-HDS63」を発表した。2月15日に発売予定で、価格はオープン。店頭では7万5000円前後になる見込みだ。

ts_hds01.jpg “AQUOSブルーレイ”「BD-HDS63」

 320GバイトのHDDを内蔵したエントリーモデル。地上/BS/CS110度デジタルチューナー各1を搭載したシングルチューナーモデル(アナログ地上波も搭載)ながら、「スカパー!HD録画」にも対応しており、内蔵チューナーによる録画と併用して2番組を同時に録画できる。また、2番組同時録画中でもBDビデオの再生や高速ダビングが行えるなど、先に登場した上位モデルのマルチタスク性を継承した。

 MPEG-4 AVC長時間録画は、「新トランスコーダー」の搭載で最大10倍までサポート。BDドライブは最新のBDXL規格に対応しており、3層100GバイトのBDXLディスクを利用すれば、1枚のディスクにDRモードで約12時間、10倍録画モードなら最大約87時間を記録可能となる。

 ネットワーク関連では、「アクトビラ ビデオ・フル」や「TSUTAYA TV」といった動画配信サービスにくわえ、DLNAのサーバ機能をサポート。対応するAQUOSと組み合わせれば、ほかの部屋から本機に録画した番組をネットワーク経由で再生できる。

 このほか、長時間モード録画でもデジタル放送の番組連動データやサラウンド音声、字幕をまるごと記録できる「高画質純録り」、録画済み番組の検索も行える「かんたん番組検索」といったAQUOSブルーレイの特長的な機能を網羅した。もちろんHDMIリンクの「AQUOSファミリンクII」も利用できる。

 HDMI出力は1系統で、ほかにコンポジット、S端子、D4、光デジタルオーディオ出力、i.Link(TS)、USB端子などを装備。USBを介してAVCHD方式のビデオカメラからの動画や静止画の取り込みも可能だ。

 外形寸法は、430(幅)×299(奥行き)×67(高さ)ミリ。重量は約4.1キログラム。リモコンやB-CASカード、2メートルのHDMIケーブル(金メッキ処理)などが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう