ニュース
» 2011年03月02日 18時47分 UPDATE

“拡張現実REGZA”でお部屋のシミュレーション、東芝「AR家電」

東芝は、スマートフォンや携帯電話向けに「【AR家電】未来のカタログ」サービスを3月14日に開始する。

[ITmedia]

 東芝は、スマートフォンや携帯電話向けに「【AR家電】未来のカタログ」サービスを3月14日に開始する。AR(Augmented Reality:拡張現実)を利用し、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の設置場所をシミュレーション。当初は3月2日に発表された「Z2シリーズ」が対象となる。

ts_arregza01.jpg 画面にレグザが現れる

ts_arregza02.jpg ARマーカーのイメージ

 スマートフォンの場合、まず専用アプリケーションをインストール。ARマーカーを東芝のWebサイトからプリントアウトするか、カタログ冊子から入手して、テレビを設置したい場所に置く。カメラで撮影すれば、ARマーカー上にZ2シリーズが「実物に近いサイズ」(同社)で登場するという。また携帯電話の場合は、ARマーカーを撮影した画像を専用のメールアドレスに送信すると、Z2シリーズが表示された画像が返信されてくる。

 「例えば、テレビを買い替える時に部屋全体とのバランスや壁との距離の確認ができる。また新居でテレビの設置場所を検討するといった使い方も可能」(同社)。

 スマートフォンの対象機種は、android2.1以上を搭載したモデル(REGZAフォンで動作確認済み)。専用アプリケーションの入手法法など、詳細はサービス開始時に公式サイトで公開される予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう