ニュース
» 2011年05月19日 19時41分 UPDATE

ひかりTV、「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」の受賞、優秀作を無償配信

NTTぷららは、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」の過去受賞作品をはじめとする優秀6作品を、同社が運営する映像配信サービス「ひかりTV」のビデオサービスで無料配信すると発表した。

[ITmedia]

 NTTぷららは5月19日、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」の過去受賞作品をはじめとする優秀6作品を、同社が運営する映像配信サービス「ひかりTV」利用者向けに5月20日から8月31日まで無料で配信すると発表した。

ts_prr01.jpg 「ひかりTV」ビデオサービスで無料配信される6作品。左上から「ピローファイト」「お勘定」「井の中の蛙」「やぎの散歩」「リバー」「消費の法則」

 ショートショート フィルムフェスティバル&アジアは、米アカデミー賞公認の国際短編映画祭。同映画祭は、アジアからの新しい映像文化の配信や若手映像作家の育成などを目的として1999年より毎年開催されており、13回目となる今年は6月16日より東京各所で開催される予定だ。

 配信作品は、「ピローファイト」「消費の法則」をはじめ、“ストップ!温暖化部門”の優秀賞「お勘定」およびJ-WAVEアワード「リバー」、“旅シヨーット!プロジェクト”の優秀賞「井の中の蛙」および入賞「やぎの散歩」の6作品をラインアップ。加えて、同映画祭に参加する著名人からの応援メッセージや映画祭の情報リポートなどの映像も楽しめる。

 ひかりTVは、同映画祭の出品作品を無料で提供することで、多くの人に“ショートフィルム”という手法の映像作品を楽しんでもらい、映像文化をになう若手クリエーターの育成支援となることを目指しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう