ニュース
» 2011年06月24日 18時25分 UPDATE

B&Wの45周年記念モデルはブックシェルフ、「PM1」登場

ディーアンドエムホールディングスは、B&Wの45周年記念モデル「PM1」を8月に発売する。過去のアニバーサリーモデルの中で最も小型なブックシェルフタイプながら、「その血統に恥じない珠玉のミニ・モニター」(同社)。

[ITmedia]

 ディーアンドエムホールディングスは、B&Wの45周年記念モデル「PM1」を8月に発売する。過去のアニバーサリーモデルの中で最も小型なブックシェルフタイプながら、「その血統に恥じない珠玉のミニ・モニター」(同社)。価格はペアで32万円。オプションの専用スタンドはペアで7万6000円となっている。

ts_bwp2.jpg B&Wの45周年記念モデル「PM1」

 B&Wならではのアルミニウムドームツィーターとケプラーコーン・ミッドバスを用いた2Wayバスレフ型。アルミニウムドームはフィラメントワインディング法による超高弾性ピッチ系炭素繊維のリングで強化され、新たに「カーボンブレース・トゥイーター」という名称を与えられた。これにより、アルミニウムドームの高域共振周波数を40kHzに引き上げ、20kHz未満の可聴音が劇的に改善されたという。「楽器と音声のハーモニーが改善され、演奏者の位置がこれまでよりも正確に判別できる」(同社)。先に登場した「800 Series Diamond」と同様、ノーチラス方式のテーパリング・チューブを使用してキャビネット上部に取り付けられている。

 中/低域ドライバーには、ケプラーコーンのパフォーマンスを向上させる防振プラグを新たに採用。キノコ型のプラグをボイスコイルボビンの内側にはめ込むことでコーンの分割共振を抑制し、サウンドはさらに滑らかになったという。

ts_bwp1.jpg

 キャビネットは、内部を独自のマトリックス構造で補強。フロントバッフルには熱硬化型樹脂バッフルにミネラル充填樹脂を裏面から注ぎ、安定感の出る重量とダンピングを兼ねた2層構造とした。このほか、OFC(無酸素銅)ターミナルやムンドルフ「M-Cap Supreme Oilコンデンサ」ーなど、800 Series Diamondの開発で得たノウハウが生かされている。

 スピーカー本体のサイズは、191(幅)×331(高さ)×250(奥行き)ミリ。オプションの専用スタンドは268(幅)×620.5(高さ)×300(奥行き)ミリ。重量は1本あたり9.3キログラム。インピーダンスは8オーム(最低5.1オーム)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう