ニュース
» 2011年08月05日 18時20分 UPDATE

ユキム、Oracle Audio製のフォノアンプ「The Paris PH 200」を発売

ユキムは、アナログターンテーブル「Paris T」と共通デザインを採用したOracle Audio製のフォノアンプ「The Paris PH 200」を9月に発売する。

[ITmedia]

 ユキムは8月5日、Oracle Audio製のフォノアンプ「The Paris PH 200」を9月より発売すると発表した。価格は21万円。

 先日リリースされたOracle Audio製のアナログターンテーブル「Paris T」と共通のデザインを採用。メカニカルフィルタとしての機能も持つ高密度ウッドファイバー素材のシャーシで、シンプルかつ美しい外観に仕上がっているという。

Photo 「The Paris PH 200」

 電源部分にPliton製のトロイダルトランス、4個で計2万7200マイクロファラッドのコンデンサー、高速プラスチック整流器などを採用。ゲインステージとRIAAイコライゼーション用にAnalog Devices製の「AD797NAZ」を4基搭載している。

 本体背面には、インタフェースとしてアナログRCA入出力端子1系統を装備。パネルの中央部分に設置されたセレクトボタンで「MM(47キロオーム負荷/48db)」「HO(25キロオーム負荷/48db)」「LO(470オーム負荷・1000pfキャパシタンス/60db)」という3種類の負荷が変えられるほか、2種類のゲインオプションを選ぶこともできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう