ニュース
» 2011年09月13日 20時47分 UPDATE

ソニー、Bluetooth対応ドックスピーカーなど、ウォークマン対応製品6機種

ソニーは、Bluetoothによりウォークマンのワイヤレス再生可能なスピーカーや、CDをウォークマンに直接録音できるコンポなど、ウォークマン対応の新製品6機種を発表した。

[ITmedia]

 ソニーは9月13日、ウォークマン対応のドックスピーカー4機種とドックコンポ2機種、合計6機種の新製品を発表した。いずれも発売は10月8日で、価格はオープンプライス。

 「RDP-NWX500B」(実売予想価格3万5000円前後)、「RDP-NWV25B」(同1万8000円前後)、「RDP-NWV600B」(同2万5000円前後)の3機種は、Bluetooth対応のドックスピーカー。手元のウォークマンからワイヤレス再生が行えるほか、音量などを操作することも可能だ。

ts_rdpnwv20.jpgts_nwx500b.jpg 「RDP-NWV20」(左)と「RDP-NWX500B」(右)

 RDP-NWX500Bは、ラウンド構造により剛性を高めた2.1chスピーカーで、スピーカーの音響特性を補正する同社独自の「クリアフェーズDSPテクノロジー」を搭載する。RDP-NWV600Bは、クルマのドリンクホルダーにも収まるペットボトルサイズのマグスタイルデザインが特長で、音場が360度に広がる「サークル サウンドステージ」を採用。RDP-NWX500BとRDP-NWV600Bには専用ドックのWM-PORTを装備し、ウォークマンを直接接続して再生が行える。

ts_nwv600.jpgts_wmv25.jpg 「RDP-NWV600B」(左)と「RDP-NWV25B」(右)

 RDP-NWV25Bはサークル サウンドステージを採用した小型球体デザインのスピーカー。WM-PORTはないがUSB端子を装備しており、ウォークマンの充電が可能だ。また「RDP-NWV20」(予想実売価格1万5000円前後)は、サークル サウンドステージを採用した球状デザインのコンパクトスピーカーで、WM-PORTを装備する。バッテリーを内蔵し、フル充電時には約5時間の使用が可能。

ts_wmcmtv.jpgts_wmcmt.jpg ドックコンポの「CMT-V30」(左)と「CMT-S10」(右)

「CMT-V30」(予想実売価格2万5000円前後)と「CMT-S10」(同2万円前後)は、CDドライブとWM-PORTを搭載し、CDから直接ウォークマンに録音できるドックコンポ。FM/AMチューナーも内蔵する。CMT-V30は出力20ワット+20ワットで、フルデジタルアンプのS-Masterを搭載する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう