ニュース
» 2012年05月10日 20時10分 UPDATE

ぴったりホールド:スマホのスタンドになるBluetooth振動スピーカー、CAVジャパンから

CAVジャパンがスマートフォンユーザー向けの新ブランド「BuruTta」(ブリュッタ)を立ち上げた。第1弾は、ワイヤレス接続も可能な竹型振動スピーカーだ。

[ITmedia]

 CAVジャパンは5月10日、スマートフォンユーザー向けの新ブランド「BuruTta」(ブリュッタ)を立ち上げると発表した。第1弾は、Bluetooth接続に対応した振動スピーカー「BRT-G1」。5つのカラーバリエーションで6月に発売する。同社直販価格は各6980円。

ts_bru01.jpg Bluetooth接続に対応した振動スピーカー「BRT-G1」

 竹を切ったようなフォルムの底面にアクチュエーターを搭載。机やテーブルに振動を伝え、スピーカーにしてしまう。音質はスピーカーになるものによって大きく異なるが、同社によると20〜2万Hzの音域再生が可能な新開発の振動機構を備えたという。

ts_bru02.jpg 「スマピタ」プレートにスマートフォンをのせたところ

 斜めになった上面には、特殊なシリコン素材で作った「スマピタ」プレートを装備。スマートフォンをのせて駆動してもしっかりとホールドし続けるという。「粘着性の強い素材を使用したため、あらゆるスマートフォンやプラスチック系ケースに対応できる。粘着度が落ちてきても水拭きで元の状態に戻る」(同社)。

 Bluetoothは、Ver.2.1+EDRで、プロファイルはA2DPおよびAVRCPをサポート。スマートフォンなどからワイヤレスで音楽を再生できるほか、アナログミニジャックの音声入力を備え、Bluetooth非対応のプレーヤーも接続可能だ。ケーブルも付属している。

 本体内にリチウムイオンバッテリーを内蔵しているため、手軽に持ち歩くことができる。約10時間の連続再生が可能だ。充電はUSB経由で行う。なおスマートフォンの充電にも対応しているが、その際は本体もUSBケーブルでPCなどに接続(給電)されている必要がある。

 外形寸法は、55(幅)×55(奥行き)×126(高さ)ミリ。重量は約450グラム。カラーバリエーションは、光沢のあるホワイトおよびブラック、アルミ素材のを生かしたシルバー、ブルー(SORA)、ピンク(SAKURA)の5種類となっている。

 なおCAVジャパンでは、5月12日に東京・秋葉原で開催される「春のヘッドフォン祭2012」(フジヤエービック主催)で「BRT-G1」を展示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう