ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CAVジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CAVジャパン」に関する情報が集まったページです。

人気モデルの後継:
CAVジャパン、真空管アンプとブックシェルフ型スピーカーを発売
CAVジャパンは、真空管ステレオプリメインアンプ「T-88a」およびブックシェルフ型スピーカー「V-70NW(N)」を9月10日に発売する。(2014/9/9)

SOULのカナル型イヤフォン「MINI」に2つの新色ブルーとレッドを追加
CAVジャパンは、「SOUL」ブランドのカナル型イヤフォン「MINI」の新色のブルー、レッドを追加し、5月29日に発売する。(2014/5/13)

小さいのに“野太い”、SOULのカナル型イヤフォン「MINI」登場
CAVジャパンは、「SOUL」ブランドのカナル型イヤフォン「MINI」を9月下旬に発売する。新しい「PERFORMANCE」シリーズの第2弾だ。(2013/7/25)

SOULから新シリーズ登場、第1弾「LOOP」はカラフルなオンイヤー型
CAVジャパンは、SOULの「PERFORMANCE」シリーズ第1弾「LOOP」を発表した。コンパクトでシンプルなデザインが特長のオンイヤー型ヘッドフォンだ。(2013/7/25)

磁石で合体するイヤフォン、CAVジャパンが「スカンクジュース」を発売
イヤフォン部分とピンジャック部分のコードをマグネットで接続できる“マグネットスプリッタ・イヤフォン”「SKUNK JUICE(スカンクジュース) FG100」が登場。(2013/5/20)

「春のヘッドフォン祭 2013」で見つけた“初物”たち
恒例「春のヘッドフォン祭 2013」が東京・外苑前駅近くの「スタジアムプレイス青山」で開催された。今回もユニークなヘッドフォン、イヤフォンの展示が多く見られた。(2013/5/11)

スポーツウェアにマッチ:
“SOUL”のエントリーイヤフォン「SL49」に春の新色
CAVジャパンは、“SOUL by Ludacris”(ソウル バイ リュダクリス)ブランドのカナル型イヤフォン「SL49」に新色を追加する。(2013/4/23)

お風呂で音楽や通話も、CAVジャパンから防水仕様の振動スピーカーが登場
CAVジャパンは、スマートフォン向け製品“BuruTta”(ブリュッタ)シリーズの新ラインアップとして、防水仕様のバイブレーションスピーカー「BRT-G2HF」を発表した。(2013/2/25)

秋のヘッドフォン祭2012:
新製品続々、ヘッドフォン祭の注目展示
フジヤエービック主催の恒例「秋のヘッドフォン祭 2012」が10月27日に開幕した。今回も気になった新製品や参考展示を紹介していこう。(2012/10/27)

防滴、ハンズフリー通話も:
ハローキティの振動スピーカー、CAVジャパンから
CAVジャパンは、“BuruTta”(ブリュッタ)のバイブレーションスピーカー新製品として、ハローキティバージョン「BRT-KT1-JP」を追加した。(2012/10/9)

CAVジャパン、“軽やかな太さ”のSOUL by Ludacris新製品「FLY」
CAVジャパンは「SOUL by Ludacris」(ソウル・バイ・リュダクリス)ブランドの新製品「FLY」を10月上旬に発売する。(2012/9/25)

ウサイン・ボルトのインスパイアモデル第2弾はノイズキャンセリングヘッドフォン「SL300JAM」
CAVジャパンが日本総代理店を務めるヘッドフォンブランド「SOUL」に、ウサイン・ボルトのインスパイアモデル第2弾が登場。今度はノイズキャンセリングヘッドフォン「SL300」の新色モデル「SL300JAM」だ。(2012/7/26)

Bluetooth対応のスポーツイヤフォン「RUN FREE」、CAVジャパンから
CAVジャパンが展開するヘッドフォンブランド「SOUL」に、Bluetooth対応のスポーツ向けカナル型イヤフォン「RUN FREE」が登場。また「SL99」にも新色を追加。(2012/7/6)

“野太い”ヘッドフォンアンプ、CAVジャパンから“BuruTta”「BRT-PA1」
CAVジャパンは、スマートフォン向けオーディオ機器ブランド“BuruTta”(ブリュッタ)の第2弾として、バッテリー内蔵のポータブルヘッドフォンアンプ「BRT-PA1」を7月中旬に発売する。(2012/7/6)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
机の音質特性が分かる? 意外と聴き応えのある振動スピーカー“BuruTta”「BRT-G1」
今回は、いつもの音質メイン記事とは異なる、ちょっとユニークな製品を紹介しよう。CAVジャパンの振動スピーカー「BuruTta」(ブリュッタ)で、いろいろな素材を鳴らしてみた。(2012/6/27)

注目の新製品が目白押し、「春のヘッドフォン祭 2012」開催
フジヤエービック主催の恒例「春のヘッドフォン祭 2012」が5月12日に開催され、休日にもかかわらず朝から多くの人がつめかけた。主な新製品と参考展示をピックアップしていこう。(2012/5/12)

ぴったりホールド:
スマホのスタンドになるBluetooth振動スピーカー、CAVジャパンから
CAVジャパンがスマートフォンユーザー向けの新ブランド「BuruTta」(ブリュッタ)を立ち上げた。第1弾は、ワイヤレス接続も可能な竹型振動スピーカーだ。(2012/5/10)

CAVジャパン、“SOUL by Ludacris”のスペシャルデザインモデル「SL150 CS」を発売
CAVジャパンは、“SOUL by Ludacris”(ソウル バイ リュダクリス)のヘッドフォン「SL150 CS」を発売する。海外の発売イベントでセレブリティーにプレゼントしたスペシャルデザインモデル。(2012/4/25)

CAVジャパン、サウンドバースタイルの2.1chホームシアターシステム「ブリッジシアター」
CAVジャパンは、スリムなサウンドバースタイルの2.1chホームシアターシステム「ブリッジシアター」を発売する。スペース効率のいいブリッジスタイルで、セッティングや操作が簡単にできる。(2012/2/29)

「SOUL by Ludacris」のインイヤータイプ「SL49」に2つの新カラー
CAVジャパンは、ヘッドフォンブランド「SOUL by Ludacris」(ソウル・バイ・リュダクリス)のインイヤータイプ「SL49」に、カラーバリエーションを追加する。(2012/1/17)

耳を触って音量調節:
CAVジャパン、「ハローキティ」のウォークマン用ドックスピーカー
CAVジャパンは、「ハローキティ」をモチーフとしたウォークマン対応のドックスピーカー「WM-PORT搭載“Walkman”ドックスピーカー」を発売する。WM-PORT対応。(2011/11/15)

CAVジャパン、上級機の思想を継承したブックシェルフ「V-90」
CAVジャパンは、フラッグシップモデル「DX-8」の流れを汲むコンパクトなブックシェルフスピーカーシステム「V-90」を発売する。(2011/11/11)

オーディオ&ホームシアター展 TOKYO:
未発表の製品もチラホラ、秋葉原で「オトテン」開幕
東京・秋葉原で10月21日に開幕した「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO」。一般のAVファンを対象としたオーディオとホームシアターの専門展示会だ。ここでは各社の視聴室と参考展示品を紹介していこう。(2011/10/21)

極太&きしめん?:
CAVジャパン、新ヘッドフォンブランド「SOUL by Ludacris」を国内展開
CAVジャパンは、米Signeo Internationalのヘッドフォンブランド「SOUL by Ludacris」(ソウル バイ リュダクリス)を国内展開する。グラミー賞受賞アーティストのChris Ludacris氏監修による新ブランドだ。(2011/10/20)

上位機種の設計思想を引き継いだコンパクトな真空管プリメインアンプ「T-5」
14万1750円の真空管ステレオプリメインアンプ「T-5」がCAVジャパンから登場。上位機種の思想や技術を引き継いだコンパクトモデルだ。(2011/10/19)

CAV、ハイエンドコンポのスピーカー2機種と真空管アンプを発売
CAVから、フロア型スピーカー2機種、真空管アンプ1機種、合計3機種の高級オーディオコンポ製品が発売される。(2011/10/6)

耳をなでると音量が変わる:
黒いハローキティiPhoneドックスピーカー、CAVジャパンが限定販売
CAVジャパンは、ハローキティをモチーフにしたiPhone/iPodオーディオ「KT1-BP-II」をオンラインストア限定で販売する。(2010/11/26)

3Dだけじゃない:
「音展」で見つけた個性派オーディオ
秋葉原で恒例の「音展」が開幕した。発売間近の3D対応プロジェクターから、新作高級オーディオまで、あこがれの新製品を一気に試聴できるチャンス。しかしそれだけではない。展示会場にはさらにユニークなものも……。(2010/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。