ニュース
» 2012年09月11日 22時57分 UPDATE

加賀ハイテック、Bluetooth対応の振動スピーカーなど2機種を発売

加賀ハイテックは、Bluetoothに対応したスマートフォン/タブレットPC向けの振動式スピーカー「MeoSound MS001」と、スティック型のコンパクトなステレオスピーカー「MeoSound MS002」を発売する。

[ITmedia]

 加賀ハイテックは、Bluetoothに対応したポータブルスピーカー「TAXAN MeoSound シリーズ」として、振動式スピーカーの「MeoSound MS001」と、スティック型ステレオスピーカー「MeoSound MS002」を9月28日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格はMS001が5980円前後、MS002が3980円前後。

PhotoPhoto 振動式スピーカー「MeoSound MS001」

 MeoSound MS001は、底面に接触した物を振動させるタイプのスピーカー。10ワットのハイパワー出力による迫力の重低音に加え、上部にはツイーターを備えている。付属の吸盤式ガラスマウントアダプターを利用すれば、ガラス面にも自由に取り付けができるという。マイク&HFPプロファイル対応によるハンズフリー機能も備えており、同梱ケーブルによるアナログでの音声入力も可能。

 サイズは55.8(幅)×71.5〜90(高さ)×55.8(奥行き)ミリで、重量は254グラム。mini-USBケーブルで給電し、約3時間の充電で連続使用は約3時間となっている。

Photo スティック型ステレオスピーカー「MeoSound MS002」

 MeoSound MS002は、持ち運びに便利なスティックタイプのスピーカーだ。底面のマグネットにより、冷蔵庫やロッカーなどさまざまな場所に設置できるという。内蔵マイクとHFPプロファイル対応で、ハンズフリー機能をはじめ、3.5ミリオーディオケーブルによるアナログでの音声入力も可能だ。

 本体サイズは140(幅)×33(高さ)×17(奥行き)ミリで、重量は103グラム。mini-USBケーブルによる給電で、約3時間充電して約4時間連続再生できる。

Photo 底面のマグネットによりさまざまな場所へ設置可能

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.