ニュース
» 2012年09月20日 15時00分 UPDATE

5色のカラバリ:ソニー、 FLAC再生に対応したAndroid搭載ウォークマン「F800シリーズ」

ソニーはAndroidを搭載した新型ウォークマン「F800シリーズ」を発表した。3.5インチのWVGA(800×480ピクセル)液晶を採用した薄型コンパクトなAndroidウォークマン。

[ITmedia]

 ソニーは9月20日、Androidを搭載した新型ウォークマン「F800シリーズ」を発表した。3.5インチのWVGA(800×480ピクセル)液晶を採用した薄型コンパクトなAndroidウォークマン。10月20日に発売予定で、実売想定価格は64Gバイト版が3万5000円前後、32Gバイト版が2万5000円前後、16Gバイト版が2万円前後となっている。

ts_wmf01.jpg Androidウォークマン「F800シリーズ」

 CPUは、昨年登場した「Z1000シリーズ」と同じTegra2で、512Mバイトのメモリを搭載する。OSは、最新のAndroid 4.0となり、もちろんGoogle Playにも対応。音楽再生アプリ「W.ミュージック」」など、ソニーオリジナルアプリをプリンインストールしている。本体側面の「W.」ボタンを押せば、ほかの操作をしているときでも音楽再生アプリの操作画面が立ち上がるなど、音楽プレーヤーならではの機能を備えたほか、Z1000シリーズ同様にFMラジオチューナーも搭載した。

ts_wmf011.jpgts_wmf012.jpgts_wmf013.jpg 本体サイズは約56.8(幅)×114.6(高さ)×8.9(厚さ)ミリ。重量は約100グラム

ts_wmf014.jpgts_wmf015.jpgts_wmf030.jpg 右はガンメタリックシルバーのカラーリングと特徴的なテクスチャーを持つソニーストア限定モデルの「NW-F807/S」。64Gバイト版のみで販売予定価格は3万8000円前後

 また、大きなアップデートとして、FLAC再生に対応したことが挙げられる。FLACはオープンソースの可逆圧縮(ロスレス)フォーマットで、最近は音楽配信サービスなどの採用も進んでいる。そのほか再生可能なオーディオ形式は、MP3、WMA、ATRAC、ATRAC Advanced Lossless、リニアPCM、AAC、HE-AAC。動画はAVC(H.264/AVC)、MPEG-4、WMV。静止画はJPEG。

ts_wmf020.jpgts_wmf021.jpgts_wmf022.jpg 音楽再生中のイメージ(左)。「歌詞ピタ」は2013年10月末まで使い放題となるキャンペーンを実施中(中)。おまかせチャンネル(右)

 高音質化技術は、基本的にZ1000シリーズを踏襲しつつ、新しい機能も加えた。独自のフルデジタルアンプをモバイル機器向けに最適化した「S-Master MX」をはじめ、周囲の騒音を約98%カットする「デジタルノイズキャンセリング」、圧縮で失われる高音域をクリアに再生する「DSEE」(Digital Sound Enhancement Engine)、ヘッドフォンに音を出力する過程で生じていた左右の音の混在を抑制する「CLEAR STEREO」、音のひずみを抑えたバスブースト機能「CLEAR BASS」を搭載。そして13.5ミリ径のドライバーユニットを採用した密閉型ヘッドフォン「EXヘッドフォン」が付属する。また、同日リリースした「S770シリーズ」と同様、新たに「クリアフェーズ」技術を導入。スピーカーやヘッドフォンなど音の出口となる機器に合わせ、本体側のデジタル信号処理で音響特性を最適化する。

懐かしのウォークマンに会える「ウォークマンクラシックス」

 新しいアプリ「ウォークマンクラシックス」は、懐かしいカセットテープのウォークマンを3D CGのスキンにした遊び心満載の音楽プレーヤーだ。好きなウォークマンを選んで再生を開始すると、画面内のウォークマンでテープが回り出し、ボタン操作も可能。さらによく見ると、カセットテープのタイトル欄に再生中の曲名が書かれているらしい。「レトロな雰囲気に浸れます」(ソニー)。

ts_wmf017.jpgts_wmf018.jpgts_wmf019.jpg 「ウォークマンクラシックス」

 バッテリー再生時間は、音楽再生で約25時間、動画再生で約5時間。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ブルー、ビビッドピンク、ライトピンクの5色となっている。また、専用スピーカーが付属する「F800Kシリーズ」、Bluetoothイヤフォンが付属する「F800BTシリーズ」もラインアップ。F800Kシリーズの実売想定価格は、16Gバイト版が2万3000円前後、32Gバイト版が2万8000円前後、F800BTシリーズは16Gバイト版のみのラインアップで、実売想定価格は2万6000円前後だ。

ts_wmf010.jpgts_wmf016.jpg 専用スピーカー付きの「F800K」とBluetoothイヤフォンが付属する「F800BT」。それぞれ5色をラインアップ

年内にアップデート、Z1000との機能差がなくなる

 F800シリーズとZ1000シリーズとの機能差は、HDMI出力がないことと、DLNA Throwへの非対応などとなっているが、ソニーではアップデートを行い、ハードウェアに依存しない部分の機能差をなくす方針だ。追加されるのは、クリアフェーズの「MDR-NWNC200」(別売)対応、W.ミュージックアプリのブックマーク機能追加、BDレコーダーやnasneで録画した番組をネットワーク経由で視聴できるDLNA/DTCP対応(DLNA Throw含む)、ダイレクト録音機能となっている。

 一方、Z1000シリーズもAndroid 4.0へのアップデートを予定。同時にFLAC再生対応やクリアフェーズヘッドフォン、W.ミュージックのブックマーク機能、ダイレクト録音といった機能が追加されるという。「HDMI出力などハードウェアに依存する部分を除き、アップデート後は両機の機能差がなくなる」(ソニー)。なお、アップデートのスケジュールは、いずれも「年内対応予定」としている。

iconicon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.