ニュース
» 2012年09月24日 19時48分 UPDATE

テレビやレコーダーにも:東芝、外付けHDD「CANVIO」シリーズを拡充、2Tバイトのモデルも

東芝がUSB外付けHDD「CANVIO」(キャンビオ)シリーズを拡充。3.5インチHDDを使用した大容量モデル「CANVIO DESK」を含む3シリーズ7モデルを発表した。

[ITmedia]

 東芝は9月24日、USB外付けHDD「CANVIO」(キャンビオ)シリーズの拡充を発表した。厚さ約9ミリのポータブルタイプ「CANVIO SLIM」や、3.5インチHDDを使用した大容量モデル「CANVIO DESK」など3シリーズ7モデルを10月下旬から順次発売する。

ts_canvio02.jpg 新製品の「CANVIO DESK」

 「CANVIO DESK」は、縦置き/横置き両対応のデスクトップタイプ。縦置き時で、42(幅)×167(高さ)×129(奥行き)ミリと、AVラックのすき間に収まるサイズだ。黒一色の「ブラック&ブラック」と、ツートンカラーの「ホワイト&ブラック」という2カラーを用意した。容量は1Tバイトと2Tバイトの2種で、実売想定価格は2Tバイトモデルが1万6000円前後、1Tバイトモデルが1万3000円前後。11月下旬に発売予定となっている。

 転送速度が最大5GbpsのUSB3.0に対応(2.0互換)し、大容量ファイルでも素早くコピーできる。対応OSは、Windows XP/Vista/7/8およびMac OS X 10.5以降。もちろんテレビやBlu-ray Discレコーダーへの接続も可能で、同社の“レグザ”および“レグザブルーレイ”シリーズのほか、パナソニック“ビエラ”、ソニー“ブラビア”、シャープ“アクオス”にも対応予定だ。

ノートPCと一緒に持ち歩きたいスリムモデル

 ポータブルタイプの「CANVIO SLIM」は、500Gバイトの容量を持つ東芝製2.5インチHDDを採用したモデルだ。外形寸法が75(幅)×107(奥行き)×9(厚さ)ミリ、重量が約115グラムと薄型&軽量。同社によると、2.5インチHDDを採用した製品としては「世界最薄・最軽量」という。

ts_canvioslim01.jpg ポータブルタイプの「CANVIO SLIM」

 インタフェースはUSB3.0で、USBバスパワー駆動に対応する。なたノートPCやタブレット端末のトレンドを採り入れ、外装にヘアライン加工を施した点も特長だ。カラーはブラックとシルバーの2種類で、いずれも10月下旬に発売予定。店頭ではいずれも1万2000円前後になる見込みだ。対応OSは、Windows XP/Vista/7とMac OS X 10.5以降となっている。

 既存製品の「CANVIO」もリニューアルした。容量は500Gバイト、750Gバイト、1Tバイト、1.5Tバイトの4種類となり、カラーバリエーションもブラック、シルバー(1.5Gバイトモデルには設定なし)、ホワイト(750Gバイトモデルは設定なし)の3つをそろえた。

ts_canvio03.jpg USB3.0に対応し、USBバスパワー駆動をサポート

 また、従来はPC向けの「CANVIO for PC」と、テレビ/レコーダー向けの「CANVIO for TV」を分けていたが、今回からパッケージを統合した。対応OSは、Windows XP/Vista/7とMac OS X 10.5以降で、Windows 8もサポートする予定だ。

 10月下旬出荷予定で、実売想定価格は1.5Tバイトモデルが1万5000円前後、1Tバイトモデルが1万3000円前後、750Gバイトモデルが1万2000円前後、500Gバイトモデルが1万1000円前後となっている。

 なお、東芝では10月2日に千葉・幕張メッセで開幕するエレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2012」に出展し、新製品などを展示する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.