ニュース
» 2012年09月25日 20時01分 UPDATE

6000円前後:ソニー、PC対応になったICレコーダーエントリー機「ICD-BX332」

ソニーはICレコーダーのエントリーモデル「BXシリーズ」の新製品「ICD-BX332」を10月20日に発売する。

[ITmedia]

 ソニーは9月25日、ICレコーダーのエントリーモデル「BXシリーズ」の新製品として「ICD-BX332」を発表した。PC接続に対応し、上位モデルと同様、PC用ソフトが付属するようになった。10月20日に発売予定で、市場推定価格は6000円前後となっている。

ts_sonybx01.jpg 「ICD-BX332」

 モノラルマイクを搭載するエントリー機ながら、新たにUSB端子を装備。付属のUSBケーブルでPCと接続すれば、録音ファイルを転送できる。また、PC用編集ソフト「Sound Organizer」が付属するようになり、PC上で録音ファイルの管理や編集なども行える。さらにスタミナ駆動も進化しており、単四形アルカリ乾電池2本で約96時間の連続録音が可能になった(従来は72時間)。

ts_sonybx03.jpgts_sonybx02.jpg モノラルマイク搭載。側面にはUSB端子とmicroSDカードスロットを装備

 内蔵メモリは2Gバイトで、microSDカードスロットも装備。このほか、プロジェクターやエアコンの近くで録音しても、人間の音声帯域付近のノイズを大幅に低減する「強力ノイズカット」機能、再生速度を調節する「DPC」、本体スピーカーなどの機能を搭載している。

 外形寸法は、約37.5(幅)×114(長さ)×20.9(厚さ)ミリ。重量は約74グラム。

news126.jpg


→ソニーストアで「ICD-BX332」をチェックする

最長約96時間の連続録音が可能。パソコン対応のエントリーモデル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.