ニュース
» 2012年11月13日 22時06分 UPDATE

生録に:オリンパス、録音レベルを自動調整してくれる96kHz/24bit対応のリニアPCMレコーダー「LS-14」

オリンパスイメージングは、リニアPCMレコーダーの新モデル「LS-14」を発売。録音レベルを自動調整してくれる「スマートモード」を搭載。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは、リニアPCMレコーダーの新モデル「LS-14」を11月22日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は2万5000円。

PhotoPhoto リニアPCMレコーダー「LS-14」

 「マニュアル録音レベル調整」を自動化する「スマートモード」機能を搭載し、楽器演奏などの“生録”に適したICレコーダー。これまで、高音質録音にはマイク感度や録音レベルの設定が不可欠だったが、LS-14では「REC」ボタンを押すとカウントダウンがスタートし、その間に演奏の中でもっとも大きな音を鳴らすと録音レベルを自動で最適化。カウントダウン終了後は、自動的に録音を開始する仕組みだ。

 録音フォーマットは、96kHz/24bitのリニアPCM(WAV)と、汎用性が高いMP3の双方に対応する。最大耐音圧は、ドラムパーカッションなどの大音量でも音割れしない130dB SPL。低域をカバーするセンターマイクと2つの高性能ステレオマイクを内蔵し、録音周波数を20Hz〜2万Hzまで可能とした。また、周波数特性や指向特性といった基本性能を最大限に引き出すため、左右のマイクユニットを外側90度に配置。これにより自然で広がりのあるステレオ感が得られるという。

 ストレージとして4Gバイトのフラッシュメモリを内蔵しているほか、2〜32GバイトのSDカードを使用できる。このほか、重ね録り用の「オーバーダビング」や入力された音と基準音の差を視覚化して調律する「チューナー」、リズムガイドとして活用できる「メトロノーム」、余計な録音部分をカットできる「トリミング」など多彩な機能を備えた。

 本体サイズは、138.7(高さ)×52.5(幅)×23.5(奥行き)ミリで、重量は170グラム。電源はUSB接続アダプターもしくは単三形乾電池×2本、またはニッケル水素充電池×2本。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.