ニュース
» 2012年12月25日 15時01分 UPDATE

Apple Lossless対応も:パイオニア、AVアンプの機能追加アップデートを開始

対象機種は、今年7〜9月に発売した「SC-LX86/ LX76 /LX56」の3製品。ネットワークやフロントUSB経由で再生可能なハイレゾリューション音源の対応がメインだ。

[ITmedia]

 パイオニアは12月25日、同社製AVアンプに機能を追加するファームウェアアップデートの提供を開始した。

 対象機種は、今年7〜9月に発売した「SC-LX86/ LX76 /LX56」の3製品。ネットワークやフロントUSB経由で再生可能なハイレゾリューション音源の対応がメインだ。

ts_pailx26.jpgts_pailx11.jpg 「SC-LX86」とフロントUSB端子

 まず、96kHz/24bitまでのApple Losslessファイル再生に対応。またAIFFは192kHz/24bitまでサポートする。さらにWAV、FLAC、AIFF、Apple Losslessファイルのギャップレス再生機能を追加した。

 なおアップデートの際は、PCで新しいファームウェアをダウンロードし、USBメモリーを使ってAVアンプのファームウェアを更新する必要がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう