ニュース
» 2013年01月24日 22時18分 UPDATE

いつでもどこでも:感覚的に曲作り、ヤマハからiPad用「Mobile Music Sequencer」

ヤマハは、iPad向け楽曲制作アプリ「Mobile Music Sequencer」をリリースした。

[ITmedia]

 ヤマハは、iPad向け楽曲制作アプリ「Mobile Music Sequencer」を1月24日にリリースした。価格は1700円だが、2月28日までは850円で提供する。

PhotoPhotoPhoto iPad向け楽曲制作アプリ「Mobile Music Sequencer」

 Mobile Music Sequencerは、場所を選ばず活用できるポータブル音楽制作ツールだ。フレーズパターンを組み合わせてセクションを作り、コードを指定して並べて簡単にアウトラインが組み立て可能。録音したデータの並べ替えやバリエーションの作成も手軽に行えるため、スピーディーで感覚的な楽曲制作ができるという。

 高音質な音色のソフトウェアシンセサイザーを92種類、さまざまなジャンルをカバーした382種類のプリセットフレーズを用意。フィルターやエンベロープなどの音色のエディット、リバーブ/コーラス/バリエーションといったエフェクトをかけて各パートをミキシングすることもできる。また、ピアノロール入力によるユーザーフレーズの作成やリアルタイム録音をはじめ、フレーズの並べ替えやロールやブレークの自動挿入などを行える「LOOP REMIX」機能も搭載した。

 制作した楽曲は、iPad以外の機器でも再生・編集が可能。ヤマハ シンセサイザー向けに代理音色を指定して出力可能となっており「MOTIF XF」などで読み込んだ場合は音色指定を行う必要がない。さらにオーディオファイルへミックスダウンでき、他のアプリケーションでの再生や「SoundCloud」への直接アップロードにも対応している。

 このほか、4種類の音色およびフレーズのデータパックも用意。価格は1セット350円で、アプリから直接追加購入できる。対応機種は、iOS 6.0以降の第3〜第4世代 iPad/iPad 2/iPad miniだ。

os_ipadapp01.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.