ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「作曲」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「作曲」に関する情報が集まったページです。

安斉かれん、初作曲の新曲「GAL-TRAP」 本人によるテーマの説明がめちゃムズい
これが令和……!(2020/9/1)

「Do As Infinity」伴都美子、元メンバー起訴発覚後に「バカ野郎」 大渡亮は無言のツイート
元メンバーで作曲家の長尾大被告が起訴されたことが判明していました。(2020/7/30)

「自家発電でテンションを上げるのは正直大変!(笑)」  古坂大魔王・作曲家「バグベア」がオンライン対談で「2020年注目の音楽」「リモートワークの本音」を語る
「PPAP」に隠された秘密も明らかに。(2020/6/6)

ピコ太郎の「PPAP」を欅坂46の「サイレントマジョリティー」手掛けた作曲家ユニット「バグベア」がミックス! 文化放送の「音楽で日本をアゲる!」生放送で「PPAP バグベアMix」オンエア
本家よりもアッパーな雰囲気でアゲアゲな「PPAP」に仕上がっています……!(2020/5/15)

志尊淳、作曲家の叔父の協力でファンの声を楽曲に 「気持ちが1秒でも10秒でも楽になったら嬉しい」
元気もらえる。(2020/5/14)

ジュビロトレーナー監修、ヤマハ所属作曲家の音楽 ヤマハ発動機公式「Revストレッチ/エクササイズ」がヤマハらしさ満載
自宅でのリフレッシュにぜひー。(2020/4/28)

Apple Watchで測った心拍数を分析して自動作曲 AI作曲アプリ「AImelo」登場
クリムゾンテクノロジーは、Apple Watchで計測した心拍数などの情報を基に、メロディを自動生成して再生するiOSアプリ「AImelo」を公開した。(2020/4/20)

新型コロナで苦しむ飲食店を救えるか 食事代の先払いサービスを生んだ音楽プロデューサーの思い
食事代をネット上で先払いすることで、新型コロナウイルスの影響で売上減が続く飲食店を応援できる「さきめし」。福岡県に本社を置くベンチャーGigiが3月にそんなサービスを始めた。同社の代表取締役を務めるのは、安室奈美恵さんの「HERO」の作詞・作曲・編曲を手掛けた音楽プロデューサーの今井了介さん。今井さんに開発の経緯を聞いた。(2020/4/7)

ソニー CSL、作曲支援AI「Flow Machines」プロジェクト開始 楽曲をYouTubeライブ配信
ソニーコンピュータサイエンス研究所は、同社開発のAI作曲支援システムを使った楽曲制作プロジェクト「Flow Machines」を始めたと発表した。(2020/3/25)

AIだけで曲を作ったら”人っぽい部分”が見えてきた 作詞作曲、歌、仕上げも全部AI
AI歌声合成ソフト「NEUTRINO」が2月に登場し、話題になったのを見て、私は「作詞や作曲、仕上げをするAIはすでにある。AIだけで曲を作れるのではないか」と考えた。全行程をAIが担当した楽曲を作ってみると、AIの人間らしさや、AIとの関わり方が見えてきた。(2020/3/6)

第70回NHK紅白歌合戦曲目が決定! 欅坂46は「不協和音」披露で、作曲家バグベア「半端ないうれしさ」とコメント
欅坂46「不協和音」を手掛けた作曲家ユニット・バグベアに今の心境を聞きました。(2019/12/20)

才能あふれるにゃんこ作曲家の誕生!? キーボードに座り荘厳な曲を奏でる猫ちゃん
こんなにかわいい作曲家がいただろうか。(2019/12/19)

AWS、ディープラーニング向け自動作曲キーボード「DeepComposer」を99ドルで予約開始
AWSが毎年re:Inventで披露するディープラーニングを学ぶための「Deep」シリーズのガジェット。今年は生成AIアルゴリズムで自動作曲するキーボード「DeepComposer」が登場した。本体は99ドルで、12カ月はAWS上のコードやトレーニングデータに無料でアクセスできる。(2019/12/3)

プレミアムコンテンツ:
「AI作曲家」が作ったBGMとは? ゲーム業界IT裏事情
最新のテクノロジーがゲーム業界を支えている。AIが自動でBGMを生成する「AI作曲家」の登場、IoTが下支えした「Fortnite」の世界的ヒットなど、業界の新たな潮流を紹介する。(2019/10/8)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI記者、AI小説家、そしてAI作曲家も――創作する人工知能を支える技術
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「コンテンツ生成」について。(2019/10/7)

神前暁スペシャルインタビュー:化物じみた作曲家は本当にすごい説
映画「いなくなれ、群青」の音楽を手掛けた楽聖・神前暁の世界にインタビューで迫ります。(2019/9/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
「AI作曲家」が作ったBGMとは? ゲーム業界IT裏事情
最新のテクノロジーがゲーム業界を支えている。AIが自動でBGMを生成する「AI作曲家」の登場、IoTが下支えした「Fortnite」の世界的ヒットなど、業界の新たな潮流を紹介する。(2019/7/17)

作曲、演奏はネコちゃんです ついにピアノをひくネコちゃんが登場!?
だんだん良いメロディに聞こえてくるかも?(2019/7/12)

「お前を飼い主にする前に言っておきたいことがある」 ACジャパンのCM「にゃんぱく宣言」に大事なことが詰まってる
さだまさしさんが作詞・作曲を手掛けています。(2019/7/4)

心震える名曲はこうして産まれた――希代の天才作曲家アラン・メンケンが明かす実写「アラジン」の聴きどころ
「ホール・ニュー・ワールド」や「フレンド・ライク・ミー」もこうして産まれた。(2019/6/8)

「編曲ってなに?」が20秒ですぐわかる 曲作りにおける「編曲」の重要さがわかる動画が話題に
編曲のイメージイラストが魔法使いなのが面白い。(2019/5/7)

「チコちゃんに叱られる!」のキョエちゃん、まさかのCDデビュー! 「みんなのうた」でも話題の槇原敬之作詞作曲「大好きって意味だよ」で
うれしすぎるでしょ、バカー!(2019/4/8)

キーボードをキーボードに改造 タイピングで奏でられる「TYPEPLAYER」がビジネスマンを作曲家に?
ひょっとしたら、日々の書類作成の要領で名曲が生まれるかもしれない。(2019/3/25)

3月21日のGoogle Doodle、メロディを入力するとAIがバッハ的和声をつけてくれる
3月21日は大作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの(ユリウス暦の)誕生日。Google Doodleの五線譜に音符を並べると、AIがバッハ的なハーモニーを追加してくれる。(2019/3/21)

AI・機械学習の用語辞典:
音声生成、音楽生成とは?
用語「音声生成」「音楽生成」について説明。AIにより、音声を機械的に作成すること、または作曲することを指す。(2019/1/13)

AppleのGarageBand、ジョブズの作曲デモから15年
Appleの初心者向けの音楽制作ソフトウェア「GarageBand」が生誕から15周年を迎えた。(2019/1/6)

欅坂46「不協和音」「サイマジョ」はどうやって誕生したのか 作曲家「バグベア」に聞く“ヒットの裏側”
「サイレントマジョリティー」「不協和音」などの作品で知られる「バグベア」に「作曲家になる方法」などを聞きました。(2018/12/27)

「お互い興奮してずーっと喋ってた」 あいみょん、ライブにかけつけた吉岡里帆と“頭ポンポン”2ショット
吉岡さんが出演した映画のために作詞作曲したあいみょんさん。(2018/12/20)

AI自動作曲で富国生命サウンドロゴ制作
機械学習、遺伝子アルゴリズムを使い、サウンドロゴを制作した。(2018/12/19)

帰宅を促す音楽、USENと東京芸大が制作へ 残業を削減
USENが、ビジネスマンの帰宅を促す音楽の制作を始めた。東京芸術大学との共同研究結果を基に、USENが作曲、編曲、収録を行う。(2018/12/11)

無償の自動作曲ツールも
AIによる作曲はゲームに新たな命を吹き込むのか?
インディーズのゲーム開発者は、プロシージャル生成を活用してゲームにさまざまな要素を組み込んでいる。その世界にAIが生み出す音楽が加われば、活気に満ちた現実のような世界を作り出せるかもしれない。(2018/12/3)

米ディズニーランドの「スター・ウォーズ」テーマランドのためにジョン・ウィリアムズが新たに作曲(動画あり)
Walt Disneyが2019年に米国のディズニーランドに開設する「スター・ウォーズ」アトラクション「Star Wars: Galaxy’s Edge」のためにシリーズの音楽を手掛けるジョン・ウィリアムズがテーマを作曲し、アビーロードスタジオで収録した。(2018/11/18)

これからのAIの話をしよう(音楽編):
機械が作った音楽は人の心を動かすか 「AIで自動作曲」研究するワケ
人工知能は作曲家になれるのか? 自動作曲システム「Orpheus」の開発者に、自動作曲が浸透した時代の音楽文化はどうなっていくのかを聞いた。(2018/11/9)

これからのAIの話をしよう(音楽編):
人工知能で「ヒット曲」難しい理由 ”良い音楽”は科学できるのか
人工知能による自動作曲サービスがいくつも登場し、誰もが気軽にAIを使った楽曲の自動生成ができるようになった。今の自動作曲システムの実力や、AIはヒット曲を生み出せるのかなどを、自動作曲システム「Orpheus」の開発者に聞いた。(2018/11/8)

iPhoneの読み上げ機能で作曲する天才音楽家登場 アレンジバージョンを作る野生の職人も集うネット音楽祭へ
頭の中で一生流れ続けるやつ。(2018/11/6)

「東方」の同人音楽をiTunesなどで配信 ZUNさん公認「東方同人音楽流通」登場
「東方project」の同人音楽をiTunesとGoogle Play Musicで配信し、売上は作曲者にも還元。(2018/10/13)

「心身ともに弱っている」 「FF」作曲家・植松伸夫、体調不良で活動休止を発表
10月7日に出演予定だったコンサートの中止も発表していました。(2018/9/20)

鳴っているか分からないぐらいでいい―― 名曲を生み出してきた下村陽子がアニメ「ハイスコアガール」で目指した意外な曲作り
「キングダム ハーツ オーケストラ ワールドツアー」中の下村陽子さんを直撃しました。(2018/9/14)

ソースネクスト、プロ用音楽ソフト「ACID Pro 8」「SOUND FORGE Pro 12」など4タイトルのダウンロード販売を開始
ソースネクストは、プロ用作曲ソフト「ACID Pro 8」など計4タイトルの取り扱い開始を発表した。(2018/5/15)

弾くだけで似た曲がHIT! ヤマハの「弾いちゃお検索」が自作メロディの“かぶり検索”に使えると話題 
作曲をしている人には心強い味方となりそう。(2018/5/12)

子どもから大人まで遊べる ブラウザで絵を描くように曲作りができる「Song Maker」が楽しい
時間を忘れるやつ……!(2018/3/2)

ゲーム感覚で曲作り、Joy-Conで演奏も 「KORG Gadget」Switch版、春に配信へ
「KORG Gadget for Nintendo Switch」の詳細が発表。Joy-Conを傾けたり回したりして操作や演奏しんだり、最大4人で協力して曲作りもできる。(2018/1/19)

大御所にゃんこプロデューサーあらわる! シッポで作曲指導してくれる猫ちゃん
名曲の予感しかない。(2018/1/19)

「アーマード・コア」シリーズの音楽番組がニコ生で放送決定 新作・続編などに関する発表はなし
作曲家の星野康太さん、齋藤司さんらが歴代楽曲トーク。(2017/11/25)

Spotify、音楽共有サービスのSoundtrap買収 コラボ機能強化へ
音楽ストリーミングサービス大手のSpotifyが、作曲・音楽共有サービスの新興企業Soundtrapを買収した。Soundtrapは自社サービスを継続しつつ、Spotifyのアーティスト支援チームに参加する。(2017/11/19)

エヴァ声優の宮村優子、元SKE48若林倫香と期間限定ユニット結成で「私は合いの手だけいれる係になりたい」
なお作曲は三善雅己さんです(重要)。(2017/9/23)

プロの犯行 アンパンマンのキーボードでゲームのボス戦っぽいBGMを作曲する猛者あらわる
おもちゃのキーボードも、こんなことできるのか。(2017/7/14)

6月22日のGoogleロゴは作曲できる──「ビジュアルミュージック」のフィッシンガー誕生日
6月22日のGoogleの記念日ロゴ変更「Doodle」は、「ビジュアルミュージック」で知られるオスカー・フィッシンガーの誕生日。クリックすると作曲できる画面になり、作った曲はシェアできる。(2017/6/22)

ジョン・レノンさんの「イマジン」、オノ・ヨーコさんとの共作曲に 米音楽出版協会が公式に認定
ジョン・レノンは生前「『レノン-オノ』とクレジットすべき」と語っていました。(2017/6/16)

NMB48山本彩、GLAY・TAKUROからメッセージ付きギターのプレゼント 「お礼が凄過ぎて戸惑う」
TAKUROさんは、山本さんの1stアルバム「Rainbow」内の楽曲で作詞・作曲を担当しており、ギターはその際に使用したもの。(2017/5/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。