ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「作曲」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「作曲」に関する情報が集まったページです。

「ブギウギ」、作曲家vsファンによる“推しの一番争い”に視聴者から笑い 「トップオタの座をかけて争う愛助と羽鳥先生」
スズ子の“一番”を取り合う2人。(2024/1/23)

1台でどこでも曲作り ヤマハから“全部入り”の音楽制作ガジェット「SEQTRAK」登場 5.5万円
ヤマハから、オールインワン音楽制作デバイス「SEQTRAK」が登場する。音楽制作からパフォーマンスまでを1台で実現するデバイスで、ドラムマシン、シンセサイザー&サンプラー、サウンドデザイン&エフェクターという主要な3機能を集約している。(2024/1/16)

Microsoft Copilot、音楽生成AI「Suno AI」のプラグインで作詞作曲が可能に
Microsoftのチャットボット「Copilot」で話題の音楽生成AI「Suno」をプラグインとして使えるようになった。Copilotに作りたい曲をテキストで依頼すると歌詞とメロディが生成される。(2023/12/20)

借金1000万円の作曲家、保護猫と出会い人生が一変 エッセイコミック『借金1000万の作曲家の人生を変えてくれた猫の話』発売
猫が1人の作曲家の人生を大きく変えました。(2023/11/26)

アンジェラ・アキ、約10年ぶりに日本で活動再開! 新曲はミュージカル「この世界の片隅に」のため書き下ろし
2013年に日本での活動を休止し、アメリカで作曲を学んでいたアンジェラ・アキさん。(2023/11/22)

【つんく♂】10月29日は55歳の誕生日 楽曲「すっごいFEVER!」「大宇宙の無限愛」の作詞・作曲など精力的に活動【2023年】
2016年には家族でハワイへ移住。(2023/10/29)

赤ちゃんの“自然な歌声”で作曲した「喃語協奏曲」公開 赤ちゃん向け番組「シナぷしゅ」の新コーナーに
編集していない赤ちゃんたちの声による“協奏曲”です。(2023/10/1)

Stability AI、テキストで作曲できる生成AI「Stable Audio」
Stabioity AIは、音楽生成AIモデル「Stable Audio」を公開した。Webアプリの無料版では、最長45秒のトラックを生成し、ダウンロードできる。(2023/9/14)

俺たちのYOSHIKI、日本人で初めてチャイニーズ・シアターに名を刻む 「日本の歴史上最も影響力のあるミュージシャン、作曲家の一人」
シンプルにすごい!(2023/9/5)

Social Media Today:
Metaの音楽生成AIツールはアーティストの仕事を奪うのか
Metaがプロンプトを入力するだけで音楽を作り出せる生成AIツール「AudioCraft」をオープンソース化した。演奏技術も作曲技術も必要なく音楽が作れる同ツールは今後、アーティストの仕事を奪うのだろうか。(2023/8/30)

Meta、テキストプロンプトで作曲できる生成AIスイート「AudioCraft」をオープンソース化
Metaは、テキストプロンプトで音楽や効果音を生成できるAIスイート「AudioCraft」をオープンソース化した。「MusicGen」「AudioGen」「EnCodec」の3つのAIモデルで構成されている。(2023/8/3)

AIが作曲した著作権フリーのBGMをサブスクで ローランドが配信者向け新サービス
ローランドは18日、ゲーム実況などの動画配信に活用できる著作権フリーのBGM、効果音を提供するサービス「BGM CAST」を始めた。(2023/7/18)

VR音楽制作環境「KORG Gadget VR」発売 「専用スタジオにいるかのよう」
VR用音楽制作ソフト「KORG Gadget VR」が登場。シンセサイザーなどバーチャル楽器に囲まれた空間で、まるで専用スタジオにいるかのように曲作りできるという。(2023/7/10)

つんく♂×AI研究者【前編】:
つんく♂に聞く「生成AIと音楽ビジネス」の未来 ヒット曲を生むための3つのヒント
作曲家、作詞家、音楽プロデューサーでありTNX社長のつんく♂氏と、AI研究者で、音楽生成AIを使ったアプリを制作するDataPOP社長の酒巻隆治氏に、「AIと生成AIと音楽ビジネスの未来」をテーマに対談してもらった。(2023/6/30)

インタビュー:
アニメ「ULTRAMAN」の音楽はなぜ刺さるのか 作曲家・戸田信子×陣内一真が明かす「すごくスリリングで楽しかった」仕事の内幕
戸田「私たちはウルトラマンという歴史の一粒の砂でしかない」。(2023/5/20)

歌詞を入力するだけでAIが作曲、歌ってくれる「SongR」話題 日本でも研究されてきた技術
Webブラウザから英語の歌詞を入力するだけで、AIが作曲して楽曲を自動生成する「SongR」が話題だ。日本語の歌詞なら、別の日本のサービスがおすすめだ。(2023/5/15)

「毎日聞いてます」「くせになる」 元自衛官芸人・やす子が作詞作曲した楽曲が“すごい中毒性”と話題に
忙しい中で作っているのもすごい。(2023/5/9)

アーティストのGrimes、生成AIで自分の声を自由に使っていいとツイート
イーロン・マスク氏の元妻でアーティストのGrimesは、自分の声を生成AI作曲に自由に使っていいとツイートした。ヒットしたらロイヤリティの50%をシェアするとしている。(2023/4/25)

Apple Musicのクラシック専用アプリ、予約開始(日本はまだ)
AppleはApple Music加入者向けのクラシック専用アプリ「Apple Music Classical」を発表した。500万曲以上のクラシック楽曲の他、作曲家の伝記などのコンテンツも提供する。欧米のApple Music加入者向けで、日本は対象外だ。(2023/3/10)

オタ芸イベントの様子が「本当に令和か?」と大反響 大勢が「リズム天国」の曲を熱演し作曲のつんく♂もびっくり
かーもねっ! ハイ!(2023/1/16)

「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」6月30日に日米同時公開が決定 ハリソン・フォード出演の“最後の作品”の特報公開
制作総指揮にはスティーブン・スピルバーグ、作曲にはジョン・ウィリアムズを迎えました。(2022/12/7)

優里、がん闘病中の13歳シンガーへ豪華サプライズ 共作曲へ仕込んだ“贈り物”に視聴者感激「幸せがあふれてる」「泣かないって思ったけど…」
相手の少年はSNSで活躍するシンガー。(2022/11/17)

タッキーじゃねえか! ジャニーズグループの作曲家、交通事故を“逆さま文書”で報告してしまう
流行っちゃうの?(2022/11/9)

作曲家の田中秀和、10代女性への強制わいせつ未遂容疑で逮捕 10月開始アニメ主題歌も担当
アニメ「Wake Up, Girls!」「這いよれ!  ニャル子さん」など多数作品の楽曲を担当。(2022/10/25)

声優・紡木吏佐、作曲家の本多友紀と結婚 ファンからは驚き&祝福「結婚しそうなイメージが無かったからビックリ」「めでてぇ!」
おめでとうございます!(2022/10/19)

「荒城の月」を作曲したのは誰? 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【社会・近代日本(文化史)編】
大人になって解いてみると、意外と難しい。(2022/9/28)

声優・小岩井ことりさん、電子情報通信学会で表彰される 研究向けオリジナル曲を50曲作り貢献
声優の小岩井ことりさんが、明治大学の森勢将雅専任准教授らと共同執筆した論文が電子情報通信学会で船井ベストペーパー賞を受賞した。作曲で音声合成分野の研究に貢献した。(2022/9/15)

がん闘病中の坂本龍一、久しぶりの顔出しショット 最新コラボ報告に「いつまでもお元気でいて」
シャンパーニュをテーマに組曲を作曲。(2022/9/15)

BiSH新曲の「サヨナラサラバ」、「ONE OK ROCK」Taka作曲&「WANIMA」KENTA作詞の布陣が強すぎる
カップリング曲にもTakaさんが作曲で参加。(2022/8/1)

ソニー発VTuberプロジェクト「VERSEn」、アルバ・セラの初EP「Ego」をリリース 先行曲「Scarlet Pulsation」は7.27配信
「a crowd of rebellion」のギタリスト、丸山漠さんが作詞作曲を担当。(2022/7/27)

「春を告げる」3億回再生のyama ACIDMAN大木、ササノマリイが新アルバム「Versus the night」に参加
自身が作詞作曲を初めて手掛けた曲も収録。(2022/7/13)

プログラミングで歌ってくれるキョロちゃん缶……! 「チョコボール」おもちゃのカンヅメがリニューアルで大きく進化
作曲もできる。(2022/7/11)

水木一郎、「マジンガーZ」作曲者の渡辺宙明さんを“Zポーズ”2ショットで追悼 96歳で逝去
「宇宙刑事ギャバン」「鋼鉄ジーグ」などさまざまな作品のテーマ曲を手掛けました。(2022/6/28)

曲名から自動で楽曲生成「ポンコツ自動作曲ちゃん」が話題 音楽は動画や配信でも利用可
曲名を入力するだけで自動作曲できるWebサイト「ポンコツ自動作曲ちゃん」が話題になっている。作詞や作曲、Web制作などを手掛けるクリエイターのdaniwellさんが制作したもので、好きな言葉を入れることで、数秒〜数十秒程度の短めの音楽を自動生成する。(2022/4/11)

お手軽で楽しい! 曲名を入れると自動で曲が生成されるサイト「自動作曲(ポンコツ)ちゃん」公開
作者さん「ポンコツではありますが、暇つぶしなどにどうぞ」(2022/4/10)

ゲーム開発会社が企画者を提訴 クラファンで1000万円以上集めるも開発費支払われず
オンラインゲームやスマートフォン向けアプリの開発を手掛けるピクセルは、作曲家・古川元亮氏に対して損害賠償を求める訴訟を仙台地方裁判所に提起した。同氏からゲーム制作を依頼されたが、その開発費が全く支払われていないという。(2022/3/7)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「ボヘミアン・ラプソディ」みたいな曲できる? Appleが買収したAI作曲ベンチャーが何者か気になる
Appleが買収したAI作曲を手掛けるベンチャー「AI Music」が何者か調べたら、意外と面白かった。(2022/2/8)

Apple、AI使った作曲を手掛ける「AI Music」を買収
英国の人工知能スタートアップの買収によって、iMovieやFinal Cut Proの自動BGMなど、さまざまな用途が考えられる。(2022/2/8)

創作するAIたち2021 画家、プログラマー、小説家、作曲家、歌手、友達……が機械に
2021年は研究者や企業だけでなく、一般クリエイターでも使えるクリエイティブなAIが幾つも登場した。写真、小説、メロディー、歌声、プログラムなどを創作するAIを紹介する。(2021/12/28)

作品投稿サイト「ピアプロ」、JASRAC管理楽曲もアップ可能に “ボカロP本人も投稿できない問題”を回避
クリプトン・フューチャー・メディアが、同社の「ピアプロ」にJASRAC管理楽曲を投稿できるようにした。JASRAC管理楽曲を持つ作曲家などが作品を投稿できない問題を回避する。(2021/10/19)

テレビ朝日「題名のない音楽会」、次回放送は「すぎやまこういちの音楽会 〜そして伝説へ」に急遽変更
9月に亡くなった作曲家すぎやまこういちさんを追悼して。(2021/10/17)

すぎやまこういち氏死去 90歳 「ドラクエ」作曲家
「ドラゴンクエスト」シリーズの楽曲などで知られる作曲家のすぎやまこういちさんが9月30日に死去した。90歳だった。(2021/10/7)

敗血症性ショックのため:
すぎやまこういちさんが死去 「ドラクエ」シリーズの作曲手掛ける スクエニ「音楽はゲームの世界で生き続ける」
人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズの作曲で知られる、作曲家のすぎやまこういちさん(本名:椙山浩一)が敗血症性ショックのため、亡くなっていたことが分かった。ゲームの開発元であるスクウェア・エニックスが明らかにした。90歳だった。(2021/10/7)

AIでメロディーを提案する作曲支援アプリ ソニーCSLが無料配信 音楽制作ソフトとも連携
ソニーコンピュータサイエンス研究所が、作曲をAIで支援するiOSアプリ「Flow Machines Mobile」をリリースした。作りたい曲のスタイルを選ぶと、メロディーなどを自動生成・提案する。(2021/9/9)

やりやがったな! 伝説のクソゲー「デスクリムゾン」の焼きビーフン登場、作曲者の新アルバム購入特典に
せっかくだから、俺はこの焼きビーフンを選ぶぜ!(2021/8/13)

スピン経済の歩き方:
小山田圭吾炎上騒動に学ぶ、企業担当者が「ブラック著名人」とのコラボを避ける方法
東京オリンピック開会式の作曲担当をしていた小山田圭吾氏が、辞任する意向を関係者に伝えたという。それにしても、大会組織委員会はなぜ小山田氏を起用したのか。過去をちょっと調べれば、同級生や障害者をいじめていたことが分かるはずなのに……。(2021/7/20)

食事内容を基にAIが作曲、栄養バランスが良ければ「いい曲」に? サントリーが新サービス
サントリー食品インターナショナルは、AIが食事内容を音楽に変えるサービス「TOKUCHA MUSIC」の提供を始めた。食べたものを入力すると、料理の種類や栄養バランスからAIが1曲の楽曲に自動変換する(2021/7/16)

元AKB48・矢作萌夏、活動再開を示唆 19歳バースデーにデジタルライブを開催「自分が伝えたいと思うものを見つけました」
TikTokでは作詞・作曲の楽曲を披露しています。(2021/6/10)

「ドラゴンボール」「仮面ライダー」作曲家・菊池俊輔さんが89歳で死去 巨匠の旅立ちに悲しみの声あがる
あれもこれも菊池先生の楽曲……。(2021/4/28)

スクエニ、堂本光一さんとコラボ 新アルバムに映像制作と作曲で参加
スクウェア・エニックスは、歌手の堂本光一さんの新アルバム「PLAYFUL」に協力したと発表した。「ファイナルファンタジー」シリーズなどを手掛けたクリエイターが作曲やムービー制作を行った。(2021/4/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。