ニュース
» 2013年01月28日 22時47分 UPDATE

未知の領域へ:e-onkyo music、DSD 5.6MHz配信をスタート

オンキヨーエンターテイメントテクノロジーは1月28日、5.6MHz/1bitのDSD音源配信を開始した。クラシックやジャズなど計7タイトル。

[ITmedia]

 オンキヨーエンターテイメントテクノロジーは1月28日、5.6MHz/1bitのDSD音源配信を開始すると発表した。クラシックやジャズなど計7タイトルを同日から配信している。

ts_dsd01.jpgts_dsd04.jpgts_dsd02.jpg 左から2Lレーベルの「Quiet Winter Night」(ジャズ)、同じく2Lの「MOZART」(クラシック)、MA Recordingsの「J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV 988」(クラシック)

 DSD(Direct Stream Digital)は、音声信号を1ビットのデジタルパルスの密度で表現するオーディオ方式。広い周波数帯域、低ノイズ性に加え、比較的ファイルサイズが小さいといった特長もあり、近年はハイレゾ音源配信のフォーマットとしても普及し始めている。これまではSACDと同じ2.8MHz/1bitだったが、昨年後半から5.6MHz/1bitにも対応する機器が登場し始め、音源の配信開始が待たれていた(→関連記事)。

 「5.6MHz/1bit音源は、CDの128倍ものサンプリング周波数による音の再現性に加え、100kHzをカバーする再生周波数範囲、そして可聴帯域内120dBを超えるダイナミックレンジを確保している。24bitなどのPCMマルチビットが実現する高音質の世界とはまた違った、アナログ・レコードのような非常になめらかで“つや”と奥行きのある音楽を味わっていただけることでしょう」(同社)。

 レーベルは、高音質音源で知られるノルウェー「2L」をはじめ、名録音技師タッド・ガーフィンクル氏による「MA Recordings」、DSDレコーディングの先駆者、オノ・セイゲン氏が代表をつとめる「Saidera Paradiso」など。なお、DSD 5.6MHz音源はまだ再生環境が限られるため、e-onkyo musicでは再生対応機器を紹介する特設ページを設けている。

ts_pcaudiospeba01.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.