ニュース
» 2013年04月17日 12時41分 UPDATE

アイ・オー、“録画向き”薄型HDD「AVHD-UR」シリーズに3Tバイトモデルを追加

アイ・オー・データ機器は、“パナソニック推奨”をうたった横置き型USB外付けHDDD「AVHD-UR」シリーズのラインアップに容量3Tバイトモデルを追加した。

[ITmedia]
photo AVHD-URシリーズ

 アイ・オー・データ機器は4月17日、横置き型デザインのUSB 3.0外付けHDDD「AVHD-UR」シリーズのラインアップに容量3Tバイトモデル「AVHD-UR3.0」を追加、4月下旬に出荷を開始する。価格は2万6400円。

 パナソニック製レコーダー「ディーガ」および「ビエラ」推奨をうたった外付けHDDで、選別された高品位HDDを用いた録画向け設計となっているのが特徴だ。本体仕様は従来モデルに準じ、ATA-7規格のAVコマンドにも対応している。本体サイズは215(幅)×187(奥行き)×34.5(高さ)ミリ、重量は約1.4キロ。


photophoto HDCL-UTシリーズ

 またアイ・オー・データ機器は、シンプルデザインが特徴のUSB 3.0接続対応の外付けHDD「HDCL-UT」シリーズを発表、4月下旬に出荷する。カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2色を用意、それぞれ容量1Tバイト/2Tバイト/3Tバイト/4Tバイトの4モデルを取り揃えた。価格は1Tバイトモデルが1万2500円、2Tバイトモデルが1万5700円、3Tバイトモデルが2万1000円、4Tバイトモデルが3万7000円。

 シンプルなスクエアデザイン筐体を採用したUSB 3.0接続対応の外付けHDDで、横置き/縦置きに両対応。また録画対応テレビとの接続がうたわれているのも特徴だ(対応機種はこちらを参照のこと)。本体サイズは約39(幅)×185(奥行き)×120(高さ)ミリ、重量は約1.1キロ(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう