ニュース
» 2013年04月18日 21時42分 UPDATE

無線と有線の使い分けができるBluetoothヘッドフォン、フィリップスから

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、シーンに合わせて有線と無線を選べる2Way仕様のBluetoothヘッドフォン「SHB7000」「SHB9100」を発売する。

[ITmedia]

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、Bluetooth対応ヘッドフォン「SHB7000」および「SHB9100」を4月下旬に発売する。価格はオープン。店頭ではアラウンドイヤー型の「SHB7000」が1万2800円前後、オンイヤー型の「SHB9100」は9800円前後になる見込みだ。

PhotoPhoto 「SHB7000」のブラック(写真=左)、ホワイト(写真=右)

 Bluetooth接続によるワイヤレス再生と、ケーブルを用いた有線によるワイヤード再生を可能した“2Way仕様”のヘッドフォン。ハウジング部分にはマイクとコントローラーを備え、耳元でボリュームコントロールや電話受信などを操作できる。内蔵のリチウムポリマー充電池で、Bluetooth使用時は約2.5時間の充電で約9時間の連続稼働が可能だ。どちらも40ミリ径ドライバーを搭載し、ダイナミックで深みのある低音と透明感ある高音を実現するという。

 SHB7000は、ソフトクッションのイヤーパッドを採用したアラウンドイヤータイプで、カラーはブラックとホワイトの2色。再生周波数帯域は20から2万Hz。感度は103dB、インピーダンスは32オーム。重量は184グラムとなっている。

PhotoPhoto 「SHB9100」のレッド(写真=左)、ブラック(写真=右)

 オンイヤー型のSHB9100は、耳にフィットする形状記憶ソフトクッションを採用。カラーバリエーションはレッドとブラックの2色だ。再生周波数帯域は18Hzから2万1000Hz。「分厚い低音」が楽しめるデジタルエンハンスメント機能も用意している。インピーダンスは32オーム、感度は103dB。本体重量は143グラムとなっている。

関連キーワード

Philips | Bluetooth | ヘッドフォン | 充電池


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう