ニュース
» 2013年05月07日 21時59分 UPDATE

DTCP+対応機器の接続を保証、DLPAが新ロゴ発表

一般社団法人デジタルライフ推進協会は「リモートアクセスガイドライン」に準拠した製品に対応ロゴを提供する。

[ITmedia]

 DLPA(一般社団法人デジタルライフ推進協会)は5月7日、外出先から自宅のNASにアクセスし、録画番組などを視聴するための共通仕様「リモートアクセスガイドライン」に準拠した製品に対応ロゴを提供すると発表した。異なるメーカーの製品同士でも接続できることを示し、対応機器の普及につなげる。

ts_dlpa01.jpg

 ロゴは3種類。NASやPCなどのサーバ機器には「DLPA NAS」あるいは「DLPA Server」、DLPAリモートアクセスによる視聴に対応したクライアント機器(スマートフォン、タブレット、PCなど)には「DLPA Player」を表記する。「対応ロゴ製品同士であれば、異なるメーカーの機器でもリモートアクセスによる録画番組視聴を安心して楽しめる」(DLPA)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.