ニュース
» 2013年05月10日 16時05分 UPDATE

大きな文字とイラストで操作項目を表示、シャープが“AQUOSブルーレイ”2機種を発表

シャープは、ダブルチューナーを搭載したBlu-ray Discレコーダー2機種を5月29日に発売する。

[ITmedia]

 シャープは、ダブルチューナーを搭載したBlu-ray Discレコーダー2機種を5月29日に発売する。価格はオープン。店頭では、2TバイトのHDDを内蔵した「BD-W2300」が10万円前後、1Tバイトの「BD-W1300」は8万円前後になる見込みだ。

ts_aqbd04.jpgts_aqbd05.jpg 2TバイトのHDDを内蔵した「BD-W2300」(左)と1Tバイトの「BD-W1300」(右)

 大きな文字とイラストで操作項目を表示する「ビジュアルホームメニュー」を採用したモデル。「予約する」「見る・編集」「ダビング」など目的別の大きな文字とイラストで表示し、操作ガイダンスも表示されるため、使い慣れない人でも操作できる。

ts_aqbd06.jpg 「ビジュアルホームメニュー」

 長時間モードの録画番組で発生しやすいノイズを抑えながら再生する「高画質マスターエンジンBD」を搭載。ブロックノイズや文字などのエッジに発生しやすいノイズを低減するほか、DRモードの録画やBD/DVD再生時でもノイズの少ない映像を実現したという。

 録画リスト表示や録画番組の再生中にリモコンの「(ポップアップ)メニュー」ボタンを押すと、一定間隔で録画番組のシーンを一覧表示。内容の確認や頭出しを行える。

ts_aqbd07.jpgts_aqbd08.jpg 録画番組のシーンを一覧表示。5分間隔、2.5分間隔から選択できる

 また、専用アプリ「AQUOSリモート予約」をインストールしたスマートフォンから番組検索や録画予約が行える「スマートフォン リモート予約」機能や、Wi-Fi経由の番組持ち出し機能など、スマートフォン連携機能も強化した。

ts_aqbd01.jpgts_aqbd02.jpgts_aqbd03.jpg 「AQUOSリモート予約」の画面

 背面にはHDMI出力のほか、D3映像出力、光デジタル音声出力、LAN端子などを装備。本体サイズは、430(幅)×235(奥行き)×58(高さ)ミリ。重量はBD-W2300が約3.5キログラム、BD-W1300は約3.3キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.