ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブロックノイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブロックノイズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

仮想キーボードの入力具合はどう?
徹底レビュー:異彩を放つAndroid搭載「YOGA BOOK」、パネルキーボード2-in-1とは
特徴的なキーボード/描画パッドを持つAndroid搭載の「YOGA BOOK」。2-in-1デバイスの中で人目を引くデザインのこの機種の使い心地はどうなのだろうか。(2017/1/8)

ハードウェアは上々だけど……
徹底レビュー: 新2-in-1「YOGA BOOK」、“未来感”漂うパネルキーボードの使い勝手は?
本格的な画家やデジタルアーティストをターゲットとするLenovoの「YOGA BOOK」。ハードウェアの仕上がりは上々だが、少なくともAndroid版のYOGA BOOKでは、ソフトウェアによって、それが台無しになっている。(2016/11/6)

動作は快適だが課題も――Windows 10 Mobileスマホ「Liquid Jade Primo」の有線Continuumを試す
日本エイサーの「Liquid Jade Primo(JPS58)」は、日本市場で販売されるWindows 10 Mobileスマートフォンとしては初めて有線接続のContinuum for Phoneに対応する。発売前だが、さっそくこの機能を試してみよう。(2016/8/18)

立ちどまるよふりむくよ:
妻の実家でOmoidoriした空白の18年と失われた色
OmoidoriとPhotoshopで過去への旅に出てみた。(2016/7/15)

コストパフォーマンスが良いのはどちら?
徹底比較:「Surface Pro 4」vs.「MacBook」、最高の持ち運び用PCを決める
処理能力と持ち運びやすさを兼ね備えた「Surface Pro 4」と、スペックとデザイン性に優れた2016年モデルの「MacBook」。ビジネスユーザーにとって、どちらが優れたデバイスなのかを徹底比較する。(2016/7/3)

圧力も感知するタッチパッドの実力
徹底レビュー:2016年モデル「MacBook」、最高に魅力的だがやはり目立つ“惜しい欠点”
2016年モデルの「MacBook」は、スペックも向上しハードウェアとして素晴らしい一品だ。だが、超薄型デバイスに付き物の妥協点もある。果たして新しいMacBookの評価はどうなのだろうか。(2016/5/28)

どれが描きやすい? プロによる液晶ペンタブ端末レビュー4選
実際に描いてみないと実力が分からない液晶ペンタブレット端末。プロのレビューを参考にして、使い勝手のいいモノを選びたい!(2016/5/18)

発売記念レビュー:
ビジネスだけではなくプライベートも“加速”する?――「VAIO Phone Biz」の注目機能をチェック
VAIO自ら手がけたスマートフォン「VAIO Phone Biz」が、まもなく出荷開始となる。「ビジネスを加速させるスマートフォン」は、ビジネス以外のパーソナルな面も“加速”できるのだろうか。(2016/4/22)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
新しいiPad Proと“使い放題”の格安SIM、動画配信でどこまで使える?
モバイル環境でオーディオ・ビジュアルコンテンツをバリバリ視聴してみたい。というわけで、新しいiPad Pro 9.7インチとデータ通信“使い放題”の「ワイヤレスゲートSIM FON Premium Wi-Fi」で「Netflix」や「dTV」「AWA」を使ってみよう。今回は体当たり。(2016/4/15)

正しく理解すれば何万円も節約できる
欲しいスマートフォンをどう探す? スペックシートの“難解単語”にだまされない方法
スマートフォン新モデルは今後も数を増す一方だ。その中から自分に最適なモデルを見つけ出すために重要な手掛かりになるのが「スペックシート」だ。その活用次第では無駄な投資を大幅に節約できる。(2016/4/10)

絵師の未来、こっちかも!?:
iPad Proを週刊少年誌の連載漫画家が“液タブ”として使う
ペン入力に対応したiPad Pro。アプリを活用すれば、Macの液晶ペンタブレットにも早変わり。果たして、漫画家の実用に耐えるのか……!?(2016/3/3)

戦いはまだ始まったばかり:
WindowsスマホはPC代わりになる? 「Continuum」をNuAns NEO/VAIO Phone Bizで試す
Windows 10 MobileスマートフォンをPCっぽく使える「Continuum」機能。最新のワイヤレスアダプターと、2台の注目スマホ「NuAns NEO」「VAIO Phone Biz」で試してみた。(2016/3/3)

火星に「地下基地への入り口」を発見!? Google Earthで見られる火星の写真に衝撃の指摘
な、なんだってー!?(2015/12/25)

Netflix対応:
HDR入力や新クラウドサービスに対応 東芝、レグザのスタンダードモデル「G20X」シリーズを発表
東芝は液晶テレビ「レグザ」の新ラインアップとしてスタンダードモデル「G20X」シリーズを発表した。サイズは55V型、49V型、43V型の3機種。(2015/6/10)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
唯一の“4Kテレビ”――東芝「65Z10X」で高画質BDを堪能する方法
東芝「65Z10X」をじっくり試聴する機会を得た。最近お気に入りの映画BD「鑑定士と顔のない依頼人」を多彩な画質調整項目を駆使してその高画質ぶりを味わい尽くし、そのの類稀な表現力の豊かさに再び感銘を受けることになった。(2014/12/24)

4Kテレビの“全部入り”――東芝がスカパー!チューナー内蔵の「Z10X」を発表
東芝が、スカパー!プレミアムサービスチューナーを内蔵した4Kテレビ「Z10X」シリーズおよび4K動画配信対応の4Kテレビ「J10X」シリーズを発表した。単体で4Kネイティブ映像を受信・表示できる。(2014/10/1)

TGS2014:
スマホで「FF13」が動くって本当!? → 本当でした スクエニ注目のクラウドサービス「DIVE IN」を試す
なにこれ魔法?(2014/9/20)

SIM通:
格安SIMを使って、LINEで何分話せる??
格安SIMでFaceTime、LINE、Skype、050 plusといった通話機能やサービスはどれくらい利用できるのでしょうか。データ量を測ってみました。(2014/8/12)

山本浩司の「アレを見るならぜひコレで!」:
4K放送も視野に――東芝レグザ「58Z9X」が見せた熟成の4K画質
各社から相次いで発表された4Kテレビの2014年モデル。今回は、その中から東芝REGZA(レグザ)の58V型「58Z9X」をじっくりチェックしてみたので、そのインプレッションをお伝えしよう。(2014/5/22)

従来の通話やほかのVoIPアプリとの違いは?――「VoLTE」の“ここ”が知りたい
ドコモが国内で初めて「VoLTE」による通話サービス提供を開始する。VoLTEとはどんなサービスなのか? 既存の3G通話との関係は? VoLTEの基本事項や素朴な疑問をまとめた。(2014/5/15)

ペルーの奥地にある誰も知らない謎の湖底都市をGoogle先生は教えてくれた
世紀の大発見!?(2014/4/15)

「データの扱い、極めてずさん」 STAP細胞問題で理研が中間発表 画像切り貼り「いけないとの認識なかった」
理研が「STAP細胞」の論文の疑義についての中間報告を発表。野依理事長は「未熟な研究者が、膨大なデータをずさん、無責任に扱い、本来あるべきでないミスが起きた」と話し、陳謝した。(2014/3/15)

映像や音楽を満喫できる:
PR:「ARROWS NX F-01F」のAV関連機能を試してみよう
筆者がスマートフォンで一番利用する機能が「動画視聴」。となると、AV機能がどれだけ充実しているかが気になるところ。というわけで、今回は「ARROWS NX F-01F」のAV機能をチェックした。(2013/11/15)

Embedded Technology 2013【特別企画】:
PR:遠隔監視に朗報! 狭帯域な無線環境で画像伝送を可能にするニューゾーンのソリューション
高度なLSI技術を武器に、既成概念にとらわれないシーズ先行型開発を推し進めるニューゾーン。アミューズメント機器向けグラフィックスLSIで知られるアクセルの100%子会社として誕生した同社が“無線通信環境での画像伝送”を実現すべく開発した2つのLSI製品とは? その狙いと「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」で披露する展示デモの概要について紹介する。(2013/10/24)

トランスコーダーを搭載、アイ・オー「HVL-ATシリーズ」のリモート視聴を試す
「DTCP+」によるリモート視聴に対応したアイ・オー・データ機器の「RECBOX」。新製品の「HVL-ATシリーズ」は、通信速度に合わせて映像のサイズ/データレートを変換するトランスコーダーを搭載している。その使い勝手を検証していこう。(2013/7/26)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
大画面なら4Kは当たり前? 東芝レグザ「Z8Xシリーズ」が示す“次の一手”
5月末に東芝から“レグザ”「Z8Xシリーズ」が発表され、各社から2013年度の新4Kテレビが出そろった。「大画面なら4Kは必須」というAV評論家・麻倉怜士氏に新製品の傾向と4K化の意義について話を聞いていこう。(2013/6/16)

Hybridcastに初対応:
「決して次世代テレビではない」、東芝が4K対応の大画面レグザ「Z8Xシリーズ」を発表
東芝が、かねてより予告していた新しい4Kテレビ3機種を発表した。レグザの上位モデル“Zシリーズ”の新製品という位置付けだ。(2013/5/28)

使いやすさも向上:
写真で解説する「ARROWS A 202F」
ソフトバンク向け“ARROWS”として3代目の「ARROWS A 202F」。初搭載となるフルセグチューナーをはじめとした“フルスペック”とバッテリー持ちの両立を目指したモデルとなっている。(2013/5/10)

大きな文字とイラストで操作項目を表示、シャープが“AQUOSブルーレイ”2機種を発表
シャープは、ダブルチューナーを搭載したBlu-ray Discレコーダー2機種を5月29日に発売する。(2013/5/10)

長時間モードも高画質再生、シャープの“AQUOSブルーレイ”「BD-W515」
シャープから、長時間モードで録画した際のノイズを低減し、より高画質で再生するというBDレコーダーが登場。(2013/2/15)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――eBookJapan
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。今回は「eBookJapan」を紹介する。(2012/12/28)

ソニー、“新映画画質”のフラグシップBDレコーダー「BDZ-EX3000」
ソニーが発表したBlu-ray Discレコーダー新製品「BDZ-EX3000」は、進化した映像エンジン「CREAS Pro」を搭載し、4Kアップコンバート出力にも対応するフラグシップモデルだ。(2012/9/18)

PQLS対応:
パイオニア、HDMI出力2系統を備えたBDプレーヤー「BDP-450」を発売
パイオニアは、SACDの再生にも対応したBlu-ray Discプレーヤーの新製品「BDP-450」を9月上旬に発売する。(2012/8/8)

BDレコ×タブレットを大検証(3):
異才の全録レコーダー「DBR-M180」&「REGZA Tablet」を試す(後編)
タイムシフトマシンとタブレットの組み合わせは、テレビの楽しみ方を根本的に変える力があるようだ。東芝の全録レコーダー「DBR-M180」と「REGZA Tablet AT700」の組み合わせをチェックした。(2012/7/13)

RDT272WX(BK)の魅力に迫る(2):
PR:スマートフォンユーザー向けの注目ポイント――スマホの画面を大きくキレイに表示
(2012/6/11)

iPhone/iPodにプラス!:
iPhoneと“ディーガ”のいい関係、「ポケットサーバー」で録画番組を携帯してみよう
「ポケットサーバー for iPhone/iPad」は、パナソニックの“DIGA”(ディーガ)シリーズで録画した番組を持ち出せる小型メディアサーバーだ。通勤/通学電車や空いた時間を有効活用し、録画番組を楽しめる。(2012/3/23)

動画やHDRなどを楽しみたいレンズ資産豊富なミラーレス 「PENTAX K-01」
ペンタックスの新しいレンズ交換式デジタルカメラ「PENTAX K-01」が登場した。デオリジナリティあふれる外観と、既存のKマウントを採用したミラーレスカメラで、動画やHDR撮影などを楽しみたい。(2012/3/22)

第7回 DLNAはどうやって利用する? 対応機能は?――「ARROWS X LTE F-05D」
昨今のAndroidスマートフォンでは、家庭のデジタル機器にある動画・写真や音楽を簡単に共有できる“DLNA対応”をうたうものが増えてきた。今回は「ARROWS X LTE F-05D」のDLNA機能を調べてみた。(2012/2/14)

自宅PCをスマホで遠隔操作──「Android版Luiリモートスクリーン」を試す
NECがAndroid版「Luiリモートスクリーン」を公開。スマートフォンで自宅のWindows 7搭載PCを遠隔操作できるようになる。(2011/10/31)

3100円で30日間1Gバイト分、2年縛りなし:
「そうそう、これだよ」なデータ通信手段──より安価にビシビシ使える「b-mobile 1GB定額」実力検証
日本通信から最大30日間に1Gバイト分のデータ通信が可能なSIMキットが登場。同じくテータ量課金制のb-mobile Fairと比べ、どこにメリットがあるか、スマートフォンやPCデータ通信ユーザーがどう活用できるか検証する。(2011/9/30)

ふぉーんなハナシ:
アナログテレビの放送終了を“ケータイ”で見届けてみた
ケータイでテレビといえば今やワンセグだが、ワンセグ前夜ともいえる2003年から2005年にかけてはアナログテレビを搭載したケータイも発売された。編集部に残っていた“地アナ”対応ケータイで、7月24日の停波を見届けみた。(2011/7/25)

街のイオンで買う“データ通信SIMカード”:
980円で大丈夫か──「イオン専用b-mobileSIM」徹底検証
月額980円で定額データ通信が行えるという、これまでなかった新たな製品「イオン専用b-mobileSIM」が登場。導入における注意点と実際の使い勝手をじっくり検証する。(2011/7/23)

テレビ・レコーダー増設時のブロックノイズ対策に、DXアンテナから卓上ブースター2モデル
DXアンテナは、テレビ・レコーダー増設時のブロックノイズを解消する家庭用卓上ブースター「TCU15L1B」「TU15L1B」を発売する。(2011/6/6)

IPSで3.8msの高速応答、3万9800円前後から:
三菱、IPSパネル採用の23型ワイド液晶「RDT233WX」
三菱電機は、IPSパネルを採用しつつ、応答速度を高めた23型フルHD液晶ディスプレイ「RDT233WX(BK)」「RDT233WX-S(BK)」を発表した。(2011/5/19)

長期試用リポート:
「DSC-HX9V」第2回――1080/60p記録について考える
DSC-HX9Vの特徴のひとつといえば、1080/60pまで到達したAVCHDでの動画撮影機能だが、いろいろ悩ましい点も多い。(2011/5/11)

合わせてクアッドコア?:
手が届く全録テレビ、“REGZA”「ZG2シリーズ」詳報
CELL REGZA譲りの「タイムシフトマシン」を搭載した“REGZA”「ZG2シリーズ」が登場する。映像エンジンは「CEVOエンジン」の基板を2枚使った「レグザエンジンCEVO Duo」。2TバイトのHDDに地デジ9チューナーという“ぜいたく仕様”だ。(2011/4/20)

PCも地デジ化:
「GV-MVP/XSW」“2枚挿し”で4番組同時録画に挑戦してみた(後編)
アイ・オー・データ機器の「GV-MVP/XSW」2枚を使い、4番組の同時録画に挑戦した。後編では自動録画や編集、ネットワーク関連機能などをチェックしていく。(2011/2/15)

エッジ型LEDバックライト:
「BRAVIA」のパーソナルモデル「EX420」は4色カラバリ
ソニーは液晶テレビ“BRAVIA”の2011年春モデルとして、32/26/22V型のパーソナル向け「EX420シリーズ」を発表した。(2011/1/20)

レビュー:
“RD”の血統再び、REGZAブルーレイ「RD-BZ800」を試す(後編)
東芝のBlu-ray Discレコーダー「RD-BZ800」は、フラグシップモデル「RD-X10」に次ぐハイスペックモデル。前回は、外付けUSB HDDや高速トランスコードなど特徴的な機能を紹介したが、後編ではAVC録画の画質チェックを中心に検証していこう。(2010/12/1)

山本浩司の“本命”登場:
PR:“Blu-ray Disc搭載”を活かしきる、3Dテレビの進化形「AQUOS LB3シリーズ」
AQUOSクアトロン3D「LBシリーズ」は、シャープが持てる技術力と企画力を総動員した、じつに興味深い大型テレビだ。発色の良さと3D表示の明るさに定評のある4原色パネルにBlu-ray Discドライブを一体化。さらに録画/再生を同じ筐体で行うことのメリットを深く追求している。(2010/11/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。