ニュース
» 2013年07月04日 21時08分 UPDATE

4K映像とハイレゾ音源で沖縄の海を楽しむ「46th Sony Aquarium」開催

銀座 ソニービルにおいて、沖縄「美ら海水族館」が監修した「46th Sony Aquarium」が開催される。沖縄の自然豊かな海を4K映像とハイレゾ音声で臨場感たっぷりに再現。

[ITmedia]

 銀座 ソニービルは、沖縄美ら海水族館が監修した「46th Sony Aquarium」を7月19日より開催する。期間は9月1日まで。

Photo 「OPUS」内のイメージ図

 ソニーのCineAlta 4Kカメラ「F65」およびレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α99」で撮影した自然豊かな沖縄の「美ら島」「美ら海」の4K映像を200インチのスクリーンで上映する。音声は96kHz/24bitのハイレゾリューション。AVアンプのフラグシップモデル「TA-DA5800ES」および“R”シリーズ「SS-AR1」4台を使用して臨場感あふれるサウンドを再現するという。会場は8階コミュニケーションゾーン「OPUS」だ。

Photo 「45th Sony Aquarium」での大型水槽の様子

Photo 「美ら海 カラフル・ワンダーランド」イメージ

 屋外のイベントスペース「ソニースクエア」には、14トンの大型水槽を設置。沖縄に生息する15種類約870匹の魚が入れ替わり泳ぐほか、ソニービル館内には16種類約400匹の熱帯魚が登場する水槽も用意している。

 このほかソニーショールームでは、ソニーのテクノロジーを通して自然や生き物を体感する「美ら海 カラフル・ワンダーランド」を実施。さらにソニービル内の各店舗では沖縄気分を楽しめるメニューを提供する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう