レビュー
» 2013年07月16日 21時04分 UPDATE

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:英語の“r”と“l”を聞き分けよう! iPhone用トレーニングアプリ「英語耳ゲー」

今回はちょっと趣向を変えて学習アプリをご紹介。日本人が英語を修得する上で、ハードルになりやすい「r」と「l」の違いを聞き分けるためのアプリだ。

[片岡義明,ITmedia]

 日本人が英語を修得する上で、多くの人にとって難関となるのがリスニングだ。とくに「r」と「l」の違いについては聞き分けが本当に難しい。このような発音の違いを聞き分けるためのトレーニングを行えるアプリが、今回紹介する「英語耳ゲー」だ。

ts_mimige01.jpgts_mimige02.jpgts_mimige03.jpg 英語耳ゲー」のメニュー画面(左)。ゲームモード(中)とランキング(右)

 このアプリの主な機能は「game(ゲーム)」と「training(トレーニング)」の2種類。ゲームモードでは「wrong」と「long」、「pray」と「play」、「right」と「light」など「r」と「l」の聞き分け問題が出題される。再生された音声がどちらの単語を発音したものなのかを2択の中から選び、正しいと思うほうをタップすれば解答がすぐに分かる。

 レベル1では10問終わると正答率が表示される。毎回の結果は記録されて、日ごとや週ごとにランキングにまとめられる。「Game Center」にも対応しており、ほかのユーザーと順位を競い合うことも可能だ。また、終了後に「REVIEW」をタップすると問題の一覧リストも表示されて、まちがった単語の発音をもう一度聴き直せる。収録されている音声はネイティブによる発音で実践的だ。

 ちなみに正答率が80%を超えるとレベルクリアとなり、次のレベルに進めるのだが、これがなかなか難しい。レベルクリアするには地道な努力が必要だ。

 なお、このアプリには1つの単語について10人の発音が収録されており、トレーニングモードの「each」を選ぶと、単語ごとに収録されている発音を一覧できる。一方、収録されている音声がランダムに再生される「random」も用意されている。このモードでは再生ボタンをタップするごとに違う人の音声が聴けるので、人それぞれの発音の違いがよく分かる。

ts_mimige04.jpgts_mimige05.jpgts_mimige06.jpg トレーニングモード「each」(左)。トレーニングモード「random」(中)。発音の解説(右)

 筆者も「r」と「l」の聞き分けは大の苦手だが、このアプリをしつこく繰り返すうちに、正答率が少しずつ上がっていくのが実感できた。根気よく続けていけばかなりの成果が得られると思う。

 なお、このアプリには「2」も用意されており、こちらは「v」と「b」の聞き分けを学べるが、iTunesの評価は「1」に比べて低いようだ。いずれも無料で利用できるので、英単語の聞き分けを訓練したい人はぜひ一度試してみてほしい。

ts_mimige07.jpgts_mimige08.jpg 「英語耳ゲー2」のメニュー(左)とゲームモード(右)

os_iphoneapp01.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.