ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「英語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「英語」に関する情報が集まったページです。

【これなんの生き物?】 sloth 【意外と知らない生き物英語クイズ】
ヒント:読み方を考えよう。スロー?(2023/12/25)

Geminiとの会話、一部のAndroid端末の「メッセージ」で可能に
Googleは、Androidで使える複数のAI関連新機能を発表した。例えば、一部のAndroid端末では「メッセージ」で生成AI「Gemini」と会話できるようになる。まずは英語のみではあるが、日本もサポート対象地域だ。(2024/2/27)

「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
「炊かずにはいられない」(2024/2/26)

英語版では画像生成機能を導入:
日本語版「Bard」でも「Gemini Pro」が利用可能に 要約、コーディング能力など向上
Googleは「Bard」日本語版で「Gemini Pro」が使用できるようになったことを発表した。また、Bardの英語版に画像生成機能を導入した。(2024/2/24)

「Google One AIプレミアムプラン」でWorkspaceでのGemini直接利用が可能に
Googleは、予告していた生成AIサービス「Duet AI」の「Gemini」への改名と、企業顧客と「Google One AIプレミアムプラン」ユーザーへの提供開始を発表した。日本でも英語で利用できる。(2024/2/22)

「Slack AI」、Enterpriseプランの有料アドオンとして提供開始
Slackは、スレッドの要約やメッセージの検索などを実行するAIツール「Slack AI」の提供を開始した。まずは、Enterpriseプランの有料アドオンとして英語でのみ利用可能だが、近日中にサポート範囲を拡大する予定。(2024/2/15)

日本のアニメ「ラブ★コン」、英語吹き替え版翻訳者が改変したと発言し物議 アニメ販売会社「この人物とは今後仕事しない」
(2024/2/14)

ANYCOLOR、代表の謝罪動画を公開 「にじさんじEN」巡る問題で【全文書き起こし、日本語訳あり】
VTuberグループ「にじさんじ」などを運営するANYCOLORは、「Addressing Your Concerns」(懸念事項への対処)と題した動画を公開した。同社の田角陸CEOが出演。「NIJISANJI EN」を巡る問題について謝罪や対応などを英語で説明した。(2024/2/13)

海外の通話料金を抑えて全録音+テキスト化できる「トラベルトーク Switch」提供開始 6月末まで「Liteプラン」が2200円に
PANAM TravelSIMは、中/長期海外旅行者向け「トラベルトーク Switch」の提供を開始。英語や中国語などの通話をリアルタイムにテキスト化し、全自動録音で聞き逃しを防ぐほか、普段使っている携帯番号を相手に発信して通話できることが特徴だ。【訂正】(2024/2/13)

6歳娘の英語力に英検3級パパは無言に…… 「表情までアメリカンw」なあおりっぷりが130万再生
パパたじたじ……。(2024/2/8)

英語教科書の「エレン先生」が小説に 東京書籍の「NEW HORIZON プロジェクト」始まる
東京書籍、2024年4月よりさまざまなコンテンツに展開予定。(2024/2/7)

「ハイチュウ」→「HI-CHEW」 ブランドロゴを英語表記に変更
さらなるグローバルブランドを目指して。ロゴ変更後の新商品第1弾はマンゴー味。(2024/2/5)

森永製菓の「ハイチュウ」が「HI-CHEW」に 世界30カ国以上で販売
森永製菓は「ハイチュウ」のブランドロゴをカタカナの「ハイチュウ」から英語表記の「HI-CHEW」にリニューアルする。(2024/2/5)

GoogleのAI「Bard」、日本語で「Gemini Pro」と「G」ボタン対応 英語なら描画も可能に
Googleは生成AIチャット「Bard」の2024年最初のアップデートを発表した。「PaLM 2」ベースから「Gemini Pro」ベースになり、日本語でも回答の再確認が可能になり、英語で画像を生成可能になった。(2024/2/2)

シングル・ダブル・トリプル……その次は? 無限に続く英語の“個数の数え方”が呪文みたいで頭こんがらがりそう
ダブル・トリプルでは終わらない!(2024/1/19)

今からでも遅くない!:
壁打ち、英語で返信……生成AIおすすめプロンプト3選
今回は「英語のメールに返信する」「イベントの企画を考える」「身勝手な後輩への対応方法を相談する」――という3つのビジネスシーンを想定。生成AIにどのような質問を投げかければ課題解決に役立つのか、具体的なプロンプトを紹介したい。(2024/1/9)

「ブギウギ」、小夜のファインプレーに「流石」「何か起こりそう」 米兵役はプロレス選手
チョコレート欲しさに英語を勉強していた小夜。(2024/1/9)

Google、Pixelシリーズの修理マニュアルを公開(日本語版はまだ)
Googleは、「Pixel」シリーズの修理マニュアル(英語と仏語)を公開した。欧米などの一部地域では、故障かどうかチェックできる「診断アプリ」も公開した。(2023/12/15)

国産量子コンピュータ初号機「叡」ロゴ公表 希釈冷凍機や集積回路をイメージ
理化学研究所は12月14日、3月に稼働を始めた国産超伝導量子コンピュータ初号機「叡」(えい、英語表記は“A”)のロゴマークを公表した。(2023/12/14)

【これなんの生き物?】 anteater 【意外と知らない生き物英語クイズ】
ヒント:antを……?(2023/12/12)

Pixel 8 Pro、生成AI「Gemini」が使える初のスマホに アップデートの配信スタート
Googleが、発表したばかりの生成AI「Gemini」を「Pixel 8 Pro」に実装する。7日から日本を含むグローバルでアップデートの配信を開始しており、現時点では英語でのみ利用できる。(2023/12/7)

GoogleのAIチャット「Bard」、「Gemini Pro」搭載でより賢く
Googleは、AIチャット「Bard」に新生成AIモデル「Gemini」のミドルサイズ版「Gemini Pro」を搭載したと発表した。日本でも英語版Bardで試すことができる。Gemini Proは多くのベンチマークでOpenAIの「GPT-3.5」を上回っている。(2023/12/7)

Google、マルチモーダル生成AIモデル「Gemini」リリース
Googleは、5月に予告したマルチモーダルな生成AIモデル「Gemini」の最初のバージョンを発表した。3つのサイズで提供する。最大の「Ultra」は来年の提供になるが、「Pro」は英語版の「Bard」で、「Nano」は「Pixel 8 Pro」で利用可能になっている。(2023/12/7)

キングジム、ラベルプリンタ「テプラ」に英語対応モデルを追加 ベトナム/フィリピン/シンガポールで提供
キングジムは、同社製ラベルプリンタ「テプラ」の多言語モデルとして英語対応モデル「『テプラ』 PRO SR5900GS」を追加した。(2023/12/5)

米MetaのThreads(スレッズ)、日本語でキーワード検索が可能に アダム・モッセリ氏が対応言語拡大を明言
米Metaの「Threads(スレッズ)」が日本語でのキーワード検索に対応した。Threadsの責任者であるアダム・モッセリ氏が明らかにした。キーワード検索は英語でも行えたが、対応言語が増えた格好だ。(2023/12/5)

生成AIの活用法、日本と世界でどう違う? グーグルが発表
グーグルが生成AI「Bard」の日本語版での活用法トップ10を発表した。英語版との比較から、日本と海外の生成AIへの向き合い方の違いが浮き彫りになった。(2023/12/5)

社会人5700人に聞いた:
リスキリング実施4割 「英語」「PCスキル」超えた1位は?
現在、リスキリングに取り組んでいる社会人が4割に上ることが、転職サイトを運営するエン・ジャパンの調査で分かった。社会人はリスキリングで何を学んでいるのだろうか。(2023/11/29)

Innovative Tech:
GPT-4でコードを生成するなら“日本語”と“英語”どっちがいい? 日立製作所が検証
日立製作所に所属する研究者らは、大規模言語モデルが生成するコードの安全性に及ぼす、日本語と英語の入力の違いについて検証した研究報告を発表した。(2023/11/28)

英語力「東高西低」 関東最高、最低は?
日本人の英語能力について、地方別では関東が最高で、中国地方が最低など「東高西低」であることが、スイスの語学学校運営企業「EFエデュケーション・ファースト」による英語を母国語としない国・地域についての2023年「英語能力指数」ランキングから分かった。世界113カ国・地域では87位で、過去最低だった。(2023/11/27)

グリーの新たなVtuber事務所、7人中4人は英語で配信
グリーは24日、100%子会社のREALITY Studiosが運営するVTuber事務所「すぺしゃりて」から、7人の1期生が12月にデビューすると発表した。(2023/11/24)

英語を学び直す理由 2位「職場で仕事の幅を広げるため」、1位は?
昨今、「リスキリング」に注目が集まる中、社会人は「英語学習」について、どのような意識を持っているのか。ナイル(東京都品川区)が運営する情報メディア「Appliv(アプリヴ)」が英語学習に関する調査を実施した。(2023/11/16)

じいじパニック! 半年ぶりに再会した孫たちの流暢な英語に「えす」「お?」と困惑するおじいちゃんに和む声
孫の成長は早い……。(2023/11/13)

Google、検索結果の画像の出自を確認する「この画像について」提供開始
Googleは、画像検索結果の画像の出自を確認するための「この画像について」機能をまずは英語版で提供開始した。昨年から提供している「この結果について」同様、その画像がインデクシングされた時期などが表示される。(2023/10/26)

「【注意】渋谷はハロウィーンイベントの会場ではありません。」 渋谷区が呼びかけ、巨大看板も掲出
英語のナレーション入り動画も公開しています。(2023/10/17)

ピース綾部、6年ぶり凱旋ライブ アメリカ節を効かせまくってしまう「オーサムボーイ」「英語はハグだ」「アメリカってこうなのよ」
相方との再会ハグがエモかったのに、綾部「実は又吉一回ニューヨーク来ちゃってるんだよ」。(2023/10/16)

量子コンピューター初号機、名前は「叡(えい)」 理研が発表
理化学研究所は5日、今年3月に稼働した量子コンピューターの国産初号機の名前が「叡(えい)」に決定したと発表した。英語での表記は「A」。(2023/10/6)

国産量子コンピュータ初号機、愛称は「叡」に 英語表記は“A” 理研が発表
理化学研究所は、3月に稼働を始めた国産超伝導量子コンピュータ初号機の愛称が「叡」(えい、英語表記は“A”)に決まったと発表した。(2023/10/5)

Innovative Tech:
「急速に増える“非英語論文”の検索に」──米Googleら、多言語間でも論文同士の関連性を計算できるモデル開発
米Google ResearchとSizzle AIに所属する研究者らは、多言語に対応した科学論文の類似度を測定するモデルと、多言語で書かれた論文が大量に収録されるデータセットを提案した研究報告を発表した。(2023/9/29)

帰国直前のピース綾部、英語ペラペラなインタビュー動画で度肝を抜いてしまう
アヤベリングリッシュ……すごく……ペラペラです……。(2023/9/28)

英語の「アイス」は日本語の「アイス」と意味が違う? 英会話教師の解説がわかりやすい
ぶっちゃけアイスでも通じてほしい。(2023/9/27)

SpotifyのPodcast、OpenAIの技術で本人の声での多言語吹き替えが可能に
Spotifyは、OpenAIの生成AI音声技術を採用し、Podcastのホストの声のまま他の言語に吹き替える「Voice Translation」を発表した。まずは英語からスペイン語に吹き替えた番組を公開した。(2023/9/26)

GoogleのAI「Bard」に“回答のダブルチェック”用ボタン追加
Googleは生成AIチャット「Bard」に、回答の真偽を確認する助けになる“ダブルチェック機能”を追加した(まずは英語のみ)。回答の下に表示されるGoogleのロゴボタンをクリックすると、怪しい部分がオンレジ色になる。(2023/9/20)

GoogleのチャットAI「Bard」、GmailやGoogleドライブの拡張機能に 画像質問も日本語対応
Google Japanは9月19日、Googleの生成AIチャット「Bard」の新機能としてGmailやGoogle ドライブなどのGoogleアプリの拡張機能を発表した。Bardがユーザーの指示に従い、ユーザーのGmailやドライブ内のファイルなどを参照し、回答を生成するという。まずは英語で提供を始める。(2023/9/19)

Go AbekawaのGo Global!〜Jon Kiefer Yap(後):
七転び八起き エンジニアだから何度でも立ち上がれる
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き今回もソフトウェアエンジニアのJon Kiefer Yap(ジョン・ヤップ・キーファー)さんにお話を伺う。念願の来日を果たし、日本の企業に就職するが、仕事中心で自分の時間が取れないという状況に陥る。そこでヤップさんは心機一転し、「英語教師」になることにした。(2023/10/31)

Threadsにキーワード検索機能(まずは英語)と「投稿アクティビティ」機能
Metaは新SNS「Threads」(スレッズ)のキーワード検索機能のテストをまずは英語版で開始した。なるべく早く対応言語を増やしていくとしている。また、投稿に誰がいいね!/再投稿/引用したのかを表示する「投稿アクティビティ」機能を追加した。(2023/9/1)

松尾 豊氏率いる松尾研、100億パラメータのLLM「Weblab-10B」を開発 日本語と英語に対応
東京大学松尾研究室は100億パラメータサイズの大規模言語モデル「Weblab-10B」を開発した。日本語と英語の2カ国語に対応する。(2023/8/19)

Google、「プロダクトポリシーセンター」開設 全サービスのポリシーを確認できるハブに
Googleは、ユーザーが製品のポリシーを確認し、報告や異議申し立てをするための情報をまとめた「プロダクトポリシーセンター」(英語ではTransparency Center)を開設した。(2023/8/18)

Innovative Tech:
やっぱり、AIチャットへの入力は“英訳した方が良い結果”に スペインの研究者らが検証
スペインのバスク大学に所属する研究者らは、英語以外の言語で大規模言語モデル(LLM)駆動のAIチャットに入力するよりも、英語に翻訳してから入力する方が高い精度で回答されることを示した研究報告を発表した。(2023/8/18)

日本人ママがアメリカのマクドナルドで英語注文にチャレンジ! 娘のために頑張る姿に「すごすぎるよぉぉ」と尊敬の声
緊張しつつも臆せず話すママ、すてきです。(2023/8/8)

CFO Dive:
生成AIは電子メール詐欺のクオリティーを引き上げた 最近の手口に起きた変化
金銭の不正入手を目的として送られる電子メール詐欺において、英語以外の言語が増え、正しい文法や言い回しの自然な電子メールが急増している。これは生成AIの活用によるものだと考えられている。(2023/8/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。