ニュース
» 2013年10月09日 18時34分 UPDATE

mマーク入り:“音”を突き詰めたハイブリッド型イヤフォン、マクセル「MXH-DBA900」

日立マクセルはカナル型イヤフォンの新しいフラグシップモデルとなる「MXH-DBA900」を発表した。昨年末の「MXH-DBA700」に続き、BA型とダイナミック型ドライバーのハイブリッドタイプだ。

[ITmedia]

 日立マクセルは10月9日、同社製カナル型イヤフォンの新しいフラグシップモデルとなる「MXH-DBA900」を発表した。昨年12月に発売した「MXH-DBA700/DD600」に続くハイブリッド型で、さらに「今回はWハイブリッドがポイント」(同社商品企画部長の小林是人氏)という。10月25日に発売予定で、価格はオープン。店頭では2万円前後になる見込みだ。

ts_maxelldba01.jpgts_maxelldba02.jpg マクセルの「MXH-DBA900」。カラーはブラックのみ(左)。同社商品企画部長の小林是人氏(右)

 Wハイブリッドとは、ドライバーとハウジングの両方に複数の要素を持たせたということ。ドライバーでは高音を担当するバランスド・アーマチュア型と中低音用のダイナミック型を組み合わせ、ハウジングでは高剛性アルミニウムとABSを使用した。

 ハウジングは「MXH-DBA700/DD600」より一回り小さく、形状も複雑になった。同社が「マクセルの音を追求した製品」にだけ与えるシンボルマーク「mマーク」も小さくなっているが、これもすべて「音を突き詰めた結果」だという。

ts_maxelldba03.jpgts_maxelldba04.jpg 「MXH-DBA700/DD600」より一回り小さい。装着時の安定性は確実に向上している(左)。上から見たところ。形状が複雑になった(右)

 ハウジング内では、高周波の再生能力の高いBA型をポートに近い部分にストレートに配置することで音圧を高め、より解像度の高い繊細な高音をダイレクトに伝える。一方の8ミリ径ダイナミック型ドライバーは、後方に斜めに配置して直進性の高い高音を減衰させ、中低音のみを生かす。基本的な配置は「MXH-DBA700」に近いが、デザインより“音”優先で配置やハウジング形状を最適化している。

ts_maxelldba05.jpgts_maxelldba06.jpg ドライバーの配置(左)。周波数特性を見ると、両ドライバーの再生周波数がフラットにつながっていることが分かる(右)。再生周波数帯域は10〜2万5000Hz、感度は100dBで、インピーダンスは16オーム

 また、ハウジングの素材にアルミとABS樹脂を採用したのも、アルミだけでは抑えられない振動をABS樹脂が吸収するため。製品企画を担当した同社コンシューマ事業部の河原健介部長代理は、「2つのドライバーのつなぎ目を感じさせない心地よい音。納得できる音が実現できた」と胸を張った。

ts_maxelldba11.jpgts_maxelldba08.jpgts_maxelldba09.jpg 製品コンセプトを紹介する河原氏(左、中)。パッケージ(右)

 ケーブルは約1.2メートルのY型で、からみにくいフラットコードを採用している。フラットコードも取り回しを検討した結果、従来機より幅を1ミリ細くした約3ミリ幅となった。このほか、コードキーパーと銀イオンを配合した抗菌イヤーピース(SS/M/L)が付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.