ニュース
» 2013年11月19日 15時44分 UPDATE

いろいろ“おまかせ”:東芝、“レグザブルーレイ”にWチュナーの「DBR-Z420/Z410」を追加

東芝は“レグザブルーレイ”の新製品として、Wチュナーの「DBR-Z420」および「DBR-Z410」の2機種を11月下旬に発売する。

[ITmedia]

 東芝は11月19日、Blu-ray Discレコーダー“レグザブルーレイ”の新製品として、Wチュナーの「DBR-Z420」および「DBR-Z410」の2機種を発表した。11月22日から発売する。価格はオープン。店頭では1TバイトHDD内蔵の「DBR-Z420」が7万5000円前後、500Gバイトの「DBR-Z410」は6万5000円前後となる見込みだ。

ts_regzabd02.jpgts_regzabd01.jpg 「DBR-Z420」(左)と「DBR-Z410」(右)

 地デジ/BS/CSデジタルの3波対応チューナーを2基搭載し、2番組同時録画が行えるBDレコーダー。USB外付けHDDにも対応し、ハブを使って最大4台まで同時に接続できる(登録は8台まで可)。外付けHDDを「おまかせ自動録画」の録画先として設定したり、録画番組を直接BD-Rなどのメディアにダビングできるなど、内蔵HDDと同様の使い勝手を実現した。

 「おまかせプレイ」も搭載。録画リストから見たい番組を選び、リモコンの「おまかせ」(青ボタン)を押すだけで、録画番組の本編部分のみを再生してくれる。また、番組を再生している途中でも、「おまかせ」ボタンを押すと「おまかせプレイ」に切り替わるなど操作の柔軟性を増した。さらにサブメニューから「おまかせプレイリスト」を選択し、作成されたプレイリストをそのままダビングすれば、面倒な編集作業をせずに本編だけを集めたディスクを手軽に作成できるという。

 ネットワーク機能では、録画した番組をスマートフォンやタブレットに配信できる「レグザリンク・シェア」や同社が提供するクラウドサービスやアプリを利用できる「レグザAppsコネクト」、ネットワーク経由で対応するレグザなどに録画番組をダビングする「レグザリンク・ダビング」などをサポート。オプションの無線LANアダプター「D-WL1」(オープン価格)でネットワーク接続をワイヤレス化することも可能だ。

ts_regzabd03.jpgts_regzabd04.jpg 「DBR-Z420」のフロントパネル内と背面端子

 本体サイズは両モデル共通で、430(幅)×46(高さ)×210(奥行き)ミリ。重量はDBR-Z420が約2.4キログラム、DBR-Z410は約2.1キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.